ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【開催レポ】進路に迷っている人のためのセミナー 【京都橘高校 米澤一成監督が思う「合う学校の見つけ方」】

参加者の「本当に聞きたいこと」をみんなで作るオンラインセミナー 【京都橘高校 米澤一成監督が思う「合う学校の見つけ方」】が開催されました!

今回は半・対談形式。
みなさんから事前にいただいた質問を元に、全国大会常連校でありJリーガーを9名輩出している京都橘高校の米澤監督に「本当に皆さんの知りたいこと」をお話いただくセミナーというコンセプトで開催されました。

セミナーでは、事前に参加者から寄せられた質問を元に、米澤監督の見解を中心にお話しいただきました。

お話の中心となったのは各地の強豪校のサッカースタイルについて解説でした。

サッカーのプレースタイルについては、「ポゼッションとダイレクトプレー(前に速い)」「判断(判断の自由さが大きい)とデザイン(決まり事が多い)」「スキル(技術的なことに時間を割いているか)とフィジカル」という3つの分類に分けて、対戦した経験からどのチームがどのタイプのサッカーに当てはまるのかというお話をしていただきました。

(※試合相手との力関係によって変わることが普通なので、全ての試合に当てはまるわけではないが、このように米澤監督は感じる、という分類。)

強豪校の監督が実際に対戦したからこそ分かる各地の強豪校の特徴の説明は、なかなか聞けない貴重な情報とあって、参加者さんのセミナー終了後のアンケートでも「一番心に残った内容はなんですか?」という問いに

  • 米澤監督の他校の見解
  • 具体的な高校名をあげての特徴の解説(同様の回答6名)
  • 高校によってプレイスタイルが違うのが分かった
  • 米澤監督が思う各高校の印象は面白く、自分が思っていたのと違ったりで興味ありました
  • 各高校にそれぞれのプレースタイルがあるということ。自分に合う高校がどのような高校か、考えさせられた。

など、多くの感想が寄せられました。

その他、「成長期の遅い早いを進路の面からどう捉えるか」「中学時代にトップチームで活躍しているわけではない子が強豪校を選ぶことについて」「学校を選ぶ際の環境や設備面の情報収集」「通いか寮か」「スポーツクラスでやっていくには」「スカウトの視点」「j下部クラブと高体連の違い」「米澤監督の夢」などについて、丁寧にわかりやすくお話をしていただきました。

アンケートでも「普段絶対に聞けないことが聞けて大変よかった。 進路の参考にさせていただきます。」「監督の人柄を感じながら、生の声を聞くことができ貴重な体験ができました」という感想が寄せられ、89.4%の参加者が「とても良かった」そして残りの10.6%の方が「良かった」と回答する大変満足度の高いセミナーとなりました。(アンケート回答数:47名  5/10現在)

今後もジュニアサッカーニュースでは、皆様の役に立つセミナーを開催していきます!

お知らせはジュニアサッカーNEWSで告知するとともに、こちらのページ(ジュニアサッカーNEWSプラス 小中高校生のサッカー進路を考えるための情報共有グループ)でもお伝えして参ります。興味ある方はフォローよろしくお願いいたします。

(フォローしていただくと新規セミナーのお知らせが届きます)

第3回セミナー

自分に合った学校に進学するために「京都橘高校 米澤監督が思う”合う学校の見つけ方”」

いつもジュニアサッカーNEWSをご覧いただきありがとうございます。

ジュニアサッカーNEWSでは、「ネットに転がっていない、生の貴重な情報を強豪校の監督から聞く」という主旨の進路セミナーを行っております。

今回のセミナーは、みなさんの聞きたいことに米澤監督が直接答えてくださるセミナーです。

全国区の強豪校として、さまざまな強豪校と戦ってきた監督だからこそいえる、「高校サッカーは自分に合ったところに行った方がいい」という言葉の重さを、みなさんにも実感していただきたく開催いたします。

こんな方が申し込んでくれています

・進路の参考にしたい
・米澤監督のお話が聞きたい
・ネットの情報ではなかなかイメージが着かないので、直接の声を聞きたい。
・高校選びに迷っているので、指針を得たい

インターネット上に出回っていない生の情報を得るチャンス!
高校年代のサッカーで活躍したい中学生、強豪高校サッカー部への進学を考える中学生、小学生とその保護者の皆さま奮ってご参加ください。
選手と保護者様以外の一般の方もご視聴いただけます。(詳細は金額欄をご確認ください)

(有料イベントのため、事前参加予約が必要です。下のセミナー概要欄をご確認の上お申し込みページからご予約ください。)

セミナー概要

日時

2021年5月9日(日)
20:00-21:00

場所

ZOOMを使用しますので、パソコンやスマートフォンなどをご利用の上、電波の良い場所でご視聴ください。
参加申し込みの方にURLをご案内いたします。

テーマ

高校でもサッカーをしたいと考えている中学生・小学生とその保護者様が知りたい「サッカー進路」に役立つ情報を直接高校サッカー部監督からお話いただきます。
今回のテーマは【自分に合った学校に進学するために「京都橘高校 米澤監督が思う『合う学校の見つけ方』」】です。

質疑応答の時間も設けていますが、質問が殺到することが予想されます。
あらかじめ申し込みフォームからの事前質問をどうぞよろしくお願いいたします。

こんな事前質問が集まりました。

参加申し込みの方からは事前にこんな質問が寄せられました(一部です。カッコ内はスタッフコメント)

★高校の名前ではなく、自分に合ったところを選びたいです。そういう情報を得ようとしたとき、練習会以外におすすめの調べ方はありますか?(知りたいですよね、今年は練習会も開かれないかもしれないし…)

★高校サッカーのスカウトマンが重視するポイントが知りたいです。(ほんとのところを聞きたいですよね!)

★成長期が遅く、おそらく進路のうえで不利になりそうです。打開策はありますか?(実際に強豪校の監督って、身長とはどのようなものだと捉えているんでしょう?)

金額

2,000円:保護者がお子様と聞く場合、または保護者が聞いてお子様にフィードバックしていただける場合(選手割)
3,000円:保護者・お子様でない方が視聴する場合

通常3,000円のセミナーですが、お子さまが一緒に聞かれる場合・リアルタイムで聞くのは保護者だけでもあとで必ずお子さまにフィードバックしていただける方は選手割で2,000円になります。

定員が限定90名となっていますので、真剣に進路を考えている子供たちの参加大歓迎です!

お申し込みについて

こちらより必要事項を入力の上、お申し込みください。
(Peatixのサイトに移動します)

申し込み期限

5/3に締め切りとなります。
※コンビニ支払いご希望の方は4/30が締め切りになりますのでご注意ください。
詳しくは上記の申し込みページをご確認ください。

お問い合わせ

株式会社グリーンカード
mail: [email protected]

ゲスト
米澤一成監督

経歴
京都府立東稜高校
日本体育大学

指導歴
世田谷学園高校(1年)
⇒近畿大学工業高等専門学校(2年)
⇒京都橘高校(男子サッカー部監督19年目)

資格
A級ジェネラルライセンス所持

京都橘高校戦績
2020年度
第99回高校サッカー選手権京都府大会 優勝
第1回那須ユース(U-17)サッカー大会 優勝

2019年度
京都府高校サッカー新人戦 優勝
全国高校サッカー選手権 2回戦
高校選手権京都府予選 優勝
プリンスリーグ関西 準優勝
インターハイ全国大会 第3位
インターハイ近畿大会 優勝
インターハイ京都府予選 優勝

2018年度
京都府高校サッカー新人戦 優勝
高校選手権京都府予選 ベスト4
プリンスリーグ関西 第3位
インターハイ近畿大会 出場
インターハイ京都府予選 準優勝

2017年度
京都府高校サッカー新人戦 準優勝
全国高校サッカー選手権 2回戦
高校選手権京都府予選 優勝
プリンスリーグ関西 準優勝
インターハイ全国大会 ベスト8
インターハイ近畿大会 準優勝
インターハイ京都府予選 優勝

関連記事

スポンサー募り部費無料化を目指す「選手を取り巻く環境を向上させたい」京都橘高校サッカー部の新たなる挑戦【米澤一成監督インタビュー】

なぜ静岡の企業が京都橘をスポンサードするのか。介護施設が考える「組織と個、そして家族」株式会社ル・グラン 小池正三氏インタビュー

京都橘高校サッカー部米澤監督とプロ入りを果たした西野選手の高校3年間に迫る!(株式会社ノイカ)PR

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴15年。フロンターレサポ(2000年~)

第99回高校サッカー選手権予選を最後に息子が選手を引退。
現在大学に通いながら母校のGKコーチをしています。
高校生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「引退後の2か月で偏差値爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…(一浪しました)

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top