ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2020年度 第18回JFA中国ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会(広島開催)優勝は広島メイプル!

3月6日に行われる第18回JFA中国ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会の情報をお知らせします。

2020年度 大会結果詳細

優勝:広島メイプル
準優勝:島根レオG
第3位:なでしこU-12山口

順位決定戦(3/6)

ツネイシフィールド グラウンドA
15:00 広島メイプル 7-1 島根レオG結果参照:SportsOnline

ツネイシフィールド グラウンドA
14:00 岡山ピーチ 3-5 なでしこU-12山口結果参照:SportsOnline

ツネイシフィールド グラウンドB
14:00 ドリームスU-12山口 6-0 広島アチェロ結果参照:SportsOnline

予選リーグ(3/6)

<グループA>
ツネイシフィールド グラウンドA
結果参照:SportsOnline

<グループB>
ツネイシフィールド グラウンドB
結果参照:SportsOnline

〇情報提供ありがとうございました。
大会やセレクション・トレセン情報等の提供をお願いいたします。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

*出場メンバー
岡山県広島県山口県島根県

*大会関連
第18回JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会
北海道 東北 関東 北信越
東海 関西 四国 九州

*おすすめ記事
【女子サッカー進路まとめ】全国・高校女子サッカー選手権に出場した選手の出身校&クラブチームエリア別情報一覧
女子選手が今のチームに出会うまでに辿った道とは? 中学からのチームの選び方 準備編Vol.3
コメント追加!【みんなのトレセン】女子トレセンと男子トレセン、何が違うの?トレセンコーチ・指導者インタビュー
【2020年度 高校女子サッカー選手権一覧】進め、なでしこ!女子高校サッカーの頂点へ【47都道府県別】
【全カテゴリー掲載!】JFA主催/後援2020年度主要大会一覧!【これを見れば1年の流れがすぐわかる!】
【全カテゴリー日本代表 2020スケジュール掲載!】JFA 2020事業計画案(年間スケジュール)
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2020年度 サッカーカレンダー【中国】年間スケジュール一覧

【中国版】都道府県トレセンメンバー2020 情報お待ちしています!

第18回JFA中国ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会

<日程>

2021年3月6日(土)、7日(日)

<会場>

ツネイシフィールド

<大会概要>

<趣旨>
日本の将来を担う子どもたちのサッカーへの興味・関心を深め、サッカーの技術・理解を向上させると同時に、サッカーを通じて心身を鍛え、リスペクトの精神を養い、クリエイティブでたくましい人間の育成を目指し、その研修の場として本大会を開催する。小学生年代の活動の集大成、また中学生年代へのステップとして、小学6年生(U-12年代)の女子選手全員の目標となる大会として位置づける。

<参加資格>
(1) 「参加チーム」は、開催地域内の都道府県単位とし、都道府県サッカー協会選出の(トレセン)選抜チームとする。
(2) 「参加選手」は、大会実施年度JFA第4種登録を完了した小学6年生の女子選手とし、出場する複数チームに重複して参加することはできない。また、健康であり、かつ保護者の同意を得ていること。

<参加チームとその数>
中国 8チーム 鳥取1・島根1・岡山2・広島2・山口2

引用・参照サイト:JFA

地域ごとの最新情報はこちら
全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2019年度>
中止

<2018年度>
優勝:広島メイプル
準優勝:山口エンジェルス
第3位:岡山ピーチ
結果詳細はこちら(JFA)

<2017年度>
優勝:広島メイプル
準優勝:山口なでしこ
第3位:山口エンジェルス
結果詳細はこちら(JFA)

最後に

出場選手の皆さん、お疲れさまでした。
この経験を生かして、次のシーズンでも更なる成長へ繋げてください。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスター九州中四国エリア責任者冬馬 瑠莉
Ruri Toma
熊本県出身。2017年1月からジュニアサッカーNEWSでお仕事をはじめ、もうすぐ5年目。

現在、熊本をメインに九州・中国・四国エリアを担当しています。

本年もどうぞよろしくお願いします(*^^*)
昨年はいろいろなことがあった1年でしたが、新しい発見もあった1年でした。
絶対一人暮らしなんかさせたら、まともな生活が送れないんじゃないの!?
と思っていた家庭科3以上もらったことのない長男が、ちゃんと自炊しているそうです(;゚Д゚)

行きたい高校なんて自分で選べないんじゃないの?と主人に言われていた次男も「○○高校に行きたい!絶対行きたい!」と自分で進路を選びました。(あとは合格できるように頑張るだけですが・・)

だんだん頼もしくなってくる子供たちに負けないよう、母もバージョンアップできるように頑張ろうと思います(*^^*)

みなさんのサッカー生活が少しでも楽しい思い出になるよう、お手伝いさせてくださいね♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top