ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

矢板中央高校サッカー部ってどんなチーム?準決勝で青森山田高校と激戦!2020年度 第99回全国高校サッカー選手権

 

写真提供オフィシャルサポート

2020年度 第99回全国高校サッカー選手権大会(高校選手権) 全国大会で準決勝に進出した矢板中央高校サッカー部ってどんなチームなの?特徴は?指導方針は?キーマンは?さまざまな角度からご紹介します!

どんなチーム?シリーズ2020
山梨学院高校サッカー部ってどんなチーム?
青森山田高校サッカー部ってどんなチーム?
帝京長岡高校サッカー部ってどんなチーム?

↓本文は写真の下から始まります↓

矢板中央高校サッカー部チームの特徴とは?

2019年第98回で全国から注目を集めたのは、矢板中央の「堅守」でした。
優勝チームの静岡学園が準決勝中に放ったシュートは24本。
4分に1本の頻度で打たれたシュートはことごとく矢板のディフェンスに阻まれ、静岡学園がゴールを揺らせたのは、試合終了間際(90分+アディショナルタイム4分)のPK1本のみでした。

サッカー部は「謙虚・ひたむき・挑戦」をモットーに毎年全国制覇を狙っている、東日本を代表する強豪校です。

キーマンは?

2019年度大会優秀選手を受賞したGK藤井陽登選手(十和田中学校出身)
【プレーの特徴】
第98回の大会優秀選手に選ばれたGK3名のうち、唯一の1年生GKでした。
昨年度準決勝では最後のPKこそ許してしまいましたが、今大会は2回戦の徳島市立戦、3回戦の東福岡戦ともにPK戦で勝利しています。
準々決勝の富山第一戦では、前半の3連続のコーナーキックを全て退けました。
藤井選手は青森県出身。
準決勝では地元青森の強豪、青森山田と対峙します。

堅守を支える選手たち DF新倉礼偉選手(シュートJrユースFC出身)、DF島崎勝也選手(FCファイターズ出身)
【プレーの特徴】
副キャプテンも務めるDF新倉礼偉(3年)は、来期鹿屋体育大学に進学が決まっている選手。185㎝の長身を生かした空中戦やボール奪取は高校生離れしている。5日の準々決勝ではロングスローからのこぼれ球を得点につなげた。
DF島崎勝也は2年生のDF。ロングスローを得意とし、攻撃の起点となる選手。

「栃木勢56年ぶりの決勝」へ進めるか?

矢板中央高校は過去3回高校サッカー選手権において3位の成績を残しています。
1950年前後は、全国的にも「栃木の時代」、毎年のように準決勝以上に進出している時代がありました。
青森山田との準決勝に勝利し、決勝に進出すると栃木勢56年ぶりの決勝。
優勝すれば栃木県勢70年ぶりの優勝となります。

1949年準優勝 宇都宮高校
1950年優勝 宇都宮高校
1951年3位 真岡高校
1953年3位 宇都宮工業高校
1955年3位 宇都宮工業高校
1964年準優勝 宇都宮学園高校
1985年3位 宇都宮学園高校
2009年3位 ★矢板中央高校
2016年3位 佐野日大高校
2017年3位 ★矢板中央高校
2019年3位 ★矢板中央高校

試合後インタビューでつづる準々決勝まで

準々決勝 vs富山第一

矢板中央 高橋健二監督コメント
今日のゲームは連戦の中で、徳島市立、東福岡と戦って疲労度がどうかなという心配があった。
前半は足が止まっている時間帯、劣勢の時間帯があった。
いつもは左サイドハーフで使っていた小川をFWに起用し、それがうまく作用して得点でき、勝利することができてよかった。

センターバックの二人が今大会で使っていくうちにどんどん安定感が増して、こんなにゲームをするたびに安定感が増していくんだなと驚いている。

連戦で体を張って守っていたので、心配していたが、2試合連続で失点しないで帰って来られたというところで、良い守備力を発揮してくれた。

小川選手は普段は途中交代でサイドハーフで出る選手。
いいアイディアを持ってるドリブラー。
徳島市立戦では正直良くなかったが、東福岡戦で傷んだ選手の代わりに出場して良いプレーをしてくれた。
今日も流れを変える為にFWにコンバートして使ってみたら、良い飛び出しで点を決めてくれた。
ハーフタイムにはずっと守備だけではなくて、攻撃陣に奮起してほしいと話をした。
コロナ禍の中、この大会を開催してもらえたことにまず感謝の気持ち。
大会中に緊急事態宣言が発令になるかもしれないが。
そうなった時にはそれを受け止めて、その思いを選手と共に見つめていきたい。

矢板中央 坂本龍汰選手
自分たちがじれないでまずは守備からと心がけた。
課題だった得点の部分で2点取れたことは良かった。
相手はセットプレーに力を入れているという分析があった。自分たちもセットプレーに自信を持っていて、高さにも負けていなかったので、そこは自信を持って徹底して行った。

自分たちが目指している日本一へ近づいていて嬉しさはあるが、次は去年静岡学園に負けたピッチ。悔しさのあるピッチなので、気を緩めずにいきたい。
勝って日本一を目指したい。

今日は試合前には体力的にも精神的にもきつくなると思っていたが、その中で勝ちきれたことは良かったと言ってもらえて良かった。
中3日で相手の分析やコンディション調整に時間をかけて、決勝に向けての気持ちを持っていけたらいい。

今年は昨年度とは違った環境の中で、応援がないという中で戦ってきて、保護者やBチームが見守ってくれている部分は力になった部分があった。
今後は無観客で心細い、慣れていないという部分はあるが、自分たちがやってきたことを貫いて勝ちたい。

去年の埼スタで静岡学園に前けた悔しさ、ラストの際でやられたという部分が心に残っている。選手権は1失点でも命取りになる、ということは思いながらやっている。
最後の気の緩み、際の部分が去年の反省点。
気を抜かないでやっていきたい。

矢板中央 小川心選手
今日の試合は前半でディフェンス陣が0で抑えてくれていて、監督に「点をとってこい」と送り出された。
前半の最後の最後で、FWで行くぞと言われてびっくりしたが、出されたからには絶対に点を取る、というのは思っていたので点を取れて良かった。

2年生が多いチームの中で、3年生としては2年生よりもやれるというのは、思っているし、Bチームや他の試合に出れない3年生の分まで勝つ、というのは話をしている。
得点のシーンはボールが流れてくると信じていた。(無我夢中の)感覚でドリブルして気づいたらゴールに入っていた。
嬉しくて思わずガッツポーズが出た。
FWは県大会の予選で出て、途中でサイドハーフに行くというパターンがあったので抵抗はなかった。
久しぶりだったので燃えました。

3回戦 vs東福岡

矢板中央 高橋監督コメント
東福岡高校と対戦させていただいて、攻められる時間帯もありましたが、粘り強い守りで最後まで失点せずに帰ってきたことを評価したい。欲を言えばセットプレーから得点できれば良かったが、昨日の反省を活かして矢板中央らしい試合ができて良かった。
1日でこんなに彼らが成長するのかなと指導者として驚いている。
二年生が多いチーム若いチームだが、その中で三年生がリーダーシップをとって頑張ってくれた。そこは褒めてあげたい。
11回出場させてもらっているが、今年のように観客が制限され、歓声が少ない静かな中での試合では、劣勢になった時に自分たちがピッチの中で声を出して改善できないと厳しい。
このままだと自分たちのやりたいサッカーができずに敗退してしまうぞと昨日は声をかけた。
昨日は経験値が少ない中で、劣勢にたつと弱さが出ていたが、今日は三年生が本当に最後まで頑張って、鼓舞して引っ張ってくれた。

矢板中央 坂本キャプテンコメント
今日は強豪である東福岡との戦い。とても攻撃的で魅力的な選手が多かった。
自分たちはしっかり守備から、とミーティングで話していた。
それでも東福岡の攻撃は脅威だったが、失点をせずに守り抜けて良かった。
昨日の初戦の後、自分たちの甘さを指摘してもらって選手ミーティングで、甘さを無くしていくようなミーティングをした。
反省を今日の試合に活かせて勝ちきれて良かった。
東福岡は両サイドハーフがすごい。自分がマッチアップした選手は日本代表選手。
個で戦ってくるチームに、自分たちは組織で、チームで守るということを話した。
組織で守りきれて良かった。
去年の静岡学園戦でアディショナルタイムにPK取られて失点して敗退した。
去年と似ているなと感じていたが、去年の反省点は1年間意識してやってきたので、ここで活かされて良かった。

GK藤井選手
まずは自分がPKを止めて勝てたことに素直に嬉しい。チームも失点せずに終われたということが良かったと思う。
PK戦は自分が止めてやるぞという気持ちと味方が全員決めてくれるという気持ちで挑んだ。
去年の静岡学園戦はコロナ期間に見返して、あの悔しさを忘れないように、という気持ちがあった。
今日は勝ちきれて良かった。
2試合連続、苦しい試合でPKになったが今日は失点ゼロだったので、今日の戦い方は良かったのかなと思う。
昨日の試合の後、まだ甘いと監督に言われて今日は気を引き締めて、今日は相手の個のレベルが高い中、守備を徹底してゼロに抑えられたことはすごく良かった。
今日のPK戦では先に動かないことを意識してやった。
先に動かず遅らせることがハマったのは自分の自信になると思う。

2回戦 vs徳島市立

矢板中央 髙橋 健二監督
「初戦ということで、非常に難しいゲームだった。
去年もちょうど初戦に大分高校とのPKで勝利して、同じような展開になった。
前半はイーブンで持って行って、後半勝負というイメージだったが、後半に盛り返されてしまい、非常に厳しい展開だった。
課題もたくさん出た試合。明日、しっかり修正して、選手たちが成長してくれるのを期待している。
PKはまず一人一人が外さずに決めてくれた、キッカーたちを褒めてあげたい。
県予選も最後はGK藤井が止めてくれ、今日もそうなった。精神的に強い選手だなと思っている。
今年11回目の出場ですが、応援団が声が出せない、人数制限があるということで、高校生がピッチで戦っていくにあたって、指導者やコーチが声をかけてもなかなかプラスアルファの力が出せていない。
明日は目に見えないが、テレビ観戦などで応援している人の思いを感じて、戦おうと選手に呼びかけたい。
栃木県で応援してくれている県民、矢板市民の皆さんの気持ちも背負って戦う。」

矢板中央 坂本選手
「力も互角で厳しい戦い。先制して追いつかれてPKという難しい試合運びになったが、そこは予想していたので、そのような展開でも勝ち切れたのは自信になった。最後はPK戦にもつれ込んだが勝てて良かった。
徳島市立は何より勢いがあって、チームとして完成していてとても良いチームだった。
自分自身は後半途中から出て、流れを変えるという役目だったが、全然できなかった。
チームに対しての声かけなどは意識してできた。
怪我をしたブランクもあるとは思うが、大会を通してのコンディションアップについても成長していきたい。
今日戦った徳島のみんなの為にも1戦1戦戦い抜いていきたい。
特別な緊張感がある。
コロナ禍もあり、特別な環境の中でプレーしているという初めての挑戦になるが、このような良い雰囲気で、良いピッチでプレーできていることに感謝したい。
次の試合は連戦でとても厳しい戦いになる。東福岡は個が強いチームだが、守備の部分を頑張って、徳島市立の分まで頑張りたい。」

激戦の栃木県大会を振り返る!

栃木県大会の詳細はこちら

矢板中央高校サッカー部 基本情報一覧

■顧問
部長:君嶋 渡紀子
監督:髙橋 健二
顧問:白石 康之
コーチ: 金子 文三、木村将輝、高橋祐樹、川島諒太
コーチ兼寮監:上林 孝至
GKコーチ:木村 大地

■活動曜日・時間
火・水・木・金・土・日  2時間程度

■活動場所
・矢板中央高校人工芝サッカーグラウンド
・矢板中央高校サブグラウンド
・トレーニングルーム(中央記念体育館1F)
・ミーティングルーム(中央記念体育館2F)

■ユニフォーム
正:上・赤  下・赤  ソックス・赤
副:上・白  下・白  ソックス・白       

■所属リーグ
A:プリンスリーグ 関東
B:栃木県1部リーグ
C:栃木県2部リーグ
D:栃木県3部リーグ
1年生:関東ルーキーリーグU-16

■サッカー部卒業生進路状況
明治大学 法政大学 立教大学 順天堂大学 横浜市立大学 静岡大学 宇都宮大学 福島大学 関西学院大学 成蹊大学 東洋大学 駒澤大学 東海大学 日本体育大学 日本大学 東京農業大学 桐蔭横浜大学 仙台大学 亜細亜大学 東京経済大学 拓殖大学 平成国際大学 作新大学 など

■輩出Jリーガー
入江利和(前栃木SC)
富山貴光(大宮アルディージャ)
湯澤洋介(京都サンガFC)
須藤貴郁(ヴァンラーレ八戸)
山越康平(大宮アルディージャ)
星キョーワァン(横浜FC)

(参照元:関東Rookie League U-16公式サイト 矢板中央高校サッカー部紹介ページ

<過去の戦績>
2019年度(令和元年度)
栃木県高等学校サッカー新人大会:第3位
全国高校サッカー選手権全国大会:第3位
全国高等学校総合体育大会サッカー競技栃木県予選会:優勝
第98回全国高校サッカー選手権 栃木大会:優勝

2018年度(平成30年度)
栃木県高等学校サッカー新人大会:優勝
全国高等学校総合体育大会サッカー競技栃木県予選会:優勝
第97回全国高校サッカー選手権 栃木大会:優勝

2017年度(平成29年度)
栃木県高等学校サッカー新人大会:優勝
全国高校サッカー選手権全国大会:第3位
全国高等学校総合体育大会サッカー競技栃木県予選会:第3位
第96回全国高校サッカー選手権 栃木大会:優勝

関連記事

速報!2020年度 第99回全国高校サッカー選手権大会(高校選手権) 全国大会 山梨学院/帝京長岡/矢板中央/青森山田 準決勝へ!監督・選手コメント掲載 1/5準々決勝全結果掲載!準決勝は1/9、決勝は1/11開催!

昨年度記事

青森山田高校ってどんなチーム?
静岡学園高校ってどんなチーム?
矢板中央高校ってどんなチーム?
帝京長岡高校ってどんなチーム?

栃木県大会
2020年度 第99回全国高等学校サッカー選手権大会栃木県大会

【栃木県】第99回高校サッカー選手権出場校の出身中学・チーム一覧【サッカー進路】

【選手権応援コメント!出身チームからも続々!】届けこの声!距離を超えて、想いを力に〜高校選手権出場チーム・選手への応援コメント募集中!

【選手権応援企画!】矢板中央の4連覇なるか!? 2019年度新人戦から見る2020年度栃木県高校選手権注目チーム!【開幕は10/14に延期】

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年。

第98回高校サッカー選手権予選を最後に息子が引退。
高3の11月から受験生になりました。
高校2年生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「たったの2か月でセンター爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top