ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【小野 秀二郎監督、福島 健琉キャプテンコメント掲載】ルーテル学院高校(熊本県優勝校) JFA 第99回高校サッカー選手権2020

チーム・選手に応援メッセージを送りませんか?
メッセージの投稿はこちら

本文は画像の下から始まります↓

インタビューに答えてくれた人

小野 秀二郎監督
福島 健琉キャプテン(DF)

県大会を振り返って

小野 秀二郎監督

公式戦の少ない1年で、チームとして未熟なまま大会が始まりましたが、厳しい試合を1戦1戦乗り越えていく中で、大きく成長することが出来た大会だったと思います。

福島 健琉キャプテン(DF)

準々決勝、準決勝、決勝と3戦連続PKで勝利したのですが、80分で決着をつけることが出来ず、攻撃における課題が多く出た大会でした。

全国への抱負

小野 秀二郎監督

このような状況でも大会が開催してもらえることに感謝し、まずは初戦突破、そして県勢初のベスト4を目標に戦います。

福島 健琉キャプテン(DF)

県勢初のベスト4をチーム一丸となって目指し、大会が開催されることに感謝し、そして、熊本県代表としての誇りを持ち試合に挑みます。

ルーテル学院高校への応援メッセージ

メッセージは頂き次第こちらに掲載いたします。たくさんのメッセージお待ちしています!

チーム・選手に応援メッセージを送りませんか?
メッセージの投稿はこちら

勝ち上がりの軌跡

優勝:ルーテル学院高校
準優勝:国府高校
第3位:大津高校鎮西高校

<決勝>
ルーテル 0-0(延長0-0、PK5-3) 国府

<準決勝>
大津 0(0-0、延長0-0、PK3-5)0 ルーテル

<準々決勝>
熊本商 0-0(PK9-10) ルーテル

<4回戦>
ルーテル 1-0 開新

<3回戦>
ルーテル 10 – 1 有明

2020年度 全国高校サッカー選手権大会熊本県大会 優勝はルーテル!4年ぶり全国へ

関連記事

【熊本ルーテル学院高校サッカー部編】強豪校探訪ジュニアサッカーNEWSライターが行く 

【青森山田セレクション情報追加!】今年はどうなる?セレクションや練習会の予定を聞いてみた!【明秀日立・筑陽・専大北上・尚志・青森山田】

【インタビュー・取材記事 一覧!】ひとつでも多く、熱いメッセージを届けたい!インタビュー記事・取材記事は全てこちらにまとめました!

 

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴15年。フロンターレサポ(2000年~)

第99回高校サッカー選手権予選を最後に息子が選手を引退。
現在大学に通いながら母校のGKコーチをしています。
高校生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「引退後の2か月で偏差値爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…(一浪しました)

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top