ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

GRAVIS FC(グラビス)ジュニアユース無料体験練習会11/25,12/9他開催!2021年度 滋賀県

滋賀県草津市を中心に活動する「GRAVIS FC(グラビス)ジュニアユース」では、現小学6年生(2021年4月に新中学1年生)の選手を対象とした無料練習体験会が実施されます。
下記の応募要綱をご確認の上、お申し込みください。

2021年度 GRAVIS FC(グラビス)ジュニアユース無料練習体験会

対象

  • 現小学6年生(2021年4月に新中学1年生)
  • サッカーとフットサルが好きであること
  • 向上心がある者
  • 新しいチームで主体的にサッカーとフットサルをしたい者

募集人数

FP:20名前後 GK:2~3名
※定員に達し次第、募集締め切りとなります。

日時・会場

  • 11/25(水)草津市ふれあいG 18:00~20:00
  • 12/9(水)草津市ふれあいG 18:00~20:00
  • 12/17(木)YMITアリーナ 18:00~20:00
  • 1/7(木)YMITアリーナ 18:00~20:00
  • 1/20(水)草津市ふれあいG 18:00~20:00

※会場がふれあいGの場合はサッカー、YMITアリーナの場合はフットサルの練習を行います。
※2月以降の体験練習会の日程は決まり次第、掲載いたします。

会場住所

草津市ふれあいグラウンド
〒525-0036 草津市草津町1486番地1

YMITアリーナ(新野村体育館)
〒525-0027 草津市野村三丁目3番27号

参加費

無料

持ち物・服装

  • サッカーのできる服装
  • サッカーボール(4号球でも5号球でもどちらでも可、YMITアリーナの時は不要です。)
  • レガース
  • 会場がふれあいGの場合はスパイク、YMITアリーナの場合は室内用フットサルシューズ
  • 飲み物

申込み方法

主催クラブメールアドレスgravisfcinfo@gmail.com、もしくは主催クラブHP掲載のQRコードをお読みいただきLINEよりお申込みください。

※体験練習会への参加は何度でも可能です。
※また、まとめて複数日程の参加申し込みも可能です。

締め切り

主催チームのHPには締め切りの記載はありませんが、希望される方は早めのお申し込みをお勧めいたします。

その他

  • 毎回の体験練習会終了後、主催クラブより入会資料が配布され、質疑応答の機会が設けられます。
  • YMITアリーナでは外履きを収納するための袋などをご持参頂き、外靴をそのまま下駄箱に置かないようにご注意ください。
  • 早期入会の割引に関して主催クラブHPに詳細案内が掲載されています。ご参照ください。

問い合わせ

GRAVIS FC(グラビス)事務局
お問合せフォーム
TEL:080-3857-4345
MAIL:gravisfcinfo@gmail.com

参照・引用:GRAVIS FC HP

2020-2021 【滋賀県】セレクション・体験練習会 募集情報はこちら
2020-2021 【滋賀県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ
滋賀県内の地域ごとの最新情報はこちら
滋賀少年サッカー応援団
関連記事

部活とクラブチームの本音白書・ほんとのところ、どうなの?早い人は小4から考え始める小学生のサッカー進路
中学からは部活?クラブ?そのもやもやを吹き飛ばす説明会に行ってきました
『おれ部活辞めるわ!』中学生がサッカーを辞めたくなる3つの理由

各チームの活躍はこちらでチェック!

【U-15強豪チーム&私立中学に入りたい!】2020年度進路情報・2019年度の強豪チーム&中学一覧
【2020年度リーグを網羅!】2020高円宮ユース(U-15)サッカーリーグ【47都道府県別】
【2020年度 クラブユースサッカー選手権U-15まとめ】全国クラブチームの頂点へ!【47都道府県】
【2020年度 全日本U-15女子サッカー選手権大会 】U-15女子チームの頂点へ【47都道府県まとめ】

【2019年度 クラブユースサッカー選手権U-15】47都道府県
【2019年度 全日本U-15女子サッカー選手権大会 】47都道府県
【2019年度高円宮ユース(U-15)サッカーリーグ】47都道府県
【2019年度高円宮杯U-15】47都道府県
【2019年度中学校/クラブユース新人戦】47都道府県

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2020年8月にライター歴3年目に突入、サッカー娘の母歴は丸10年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top