ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

滋賀セントラルFCジュニアユース体験練習随時受付中!2021年度滋賀県

滋賀県守山市を中心に活動する滋賀セントラルF.C.(滋賀県)では、現小学6年生(2021年4月に新中学1年生)を対象に2021年度の部員を募集しています。
体験練習は以下の要領で受け付けていますので下記をご確認の上、お申し込みください。

対象

現小学6年生(2021年4月に新中学1年生)

募集人数

主催チームのHPには記載ありません

日程

第1・3月曜日
18:00〜20:00

会場

マリオット琵琶湖ホテルフットサルコート
〒524-0101 滋賀県守山市今浜町 十軒家2876ラフォーレ琵琶湖

参加費

主催チームのHPには記載ありません

内容

主催チームのHPには記載ありません

持ち物・服装

主催チームのHPには記載ありませんが、サッカー練習の出来る服装、用具などご準備の上ご参加ください。

申し込み方法

後述の「問い合わせ」に記載されている連絡先まで事前にお申し込みください。

締め切り

主催チームのHPには締め切りの記載はありませんが、希望される方は早めのお申し込みをお勧めいたします。

滋賀セントラルF.C.コンセプト

サッカーの本質の徹底・追求を図り、個の育成に重きを置くトレーニングを行います。クラブの育成プログラムは以下のことに取り組み、高校につなげます。

1.個人技術の習得・向上
・「心・技・体」の育成
①心(メンタル)・・・試合中にも心を乱さず常に冷静にプレーをできるようトレーニングを行います。例:自己調整学習、禅など)
②技(テクニック)・・・ボールを持っているとき(ON the BALL)やボールを持っていないとき(OFF the BALL)など試合中に起こりうるシチュエーションに備え、基礎技術を磨くと同時に自ら「考える力」を向上させるトレーニングを行います。 (例:止める・蹴る、運ぶ、見るなど)
③体(フィジカル)・・・成長期である中学で高校でも通用する体づくりに適切なトレーニングを行います。(例:フィジカルトレーニング、アジリティトレーニングなど)

2.チーム戦術の習得・向上
・2人以上が関わることで必然的に生まれるコミュニケーションによるコミュニケーション能力の育成
・攻防における2人以上での戦術の理解・実行

3.ピッチ外の生活指導
・挨拶や言葉遣いの徹底
・チーム・個人の物の整理整頓・管理の徹底
・他人への思いやり・気遣いの育成

問い合わせ

滋賀セントラルFC
TEL:080-3919-7698
Mail :centralfc.shiga@gmail.com
担当:前田

参照・引用:滋賀セントラルFC HP

2020-2021 【滋賀県】セレクション・体験練習会 募集情報はこちら
2020-2021 【滋賀県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ
滋賀県内の地域ごとの最新情報はこちら
滋賀少年サッカー応援団
関連記事

部活とクラブチームの本音白書・ほんとのところ、どうなの?早い人は小4から考え始める小学生のサッカー進路
中学からは部活?クラブ?そのもやもやを吹き飛ばす説明会に行ってきました
『おれ部活辞めるわ!』中学生がサッカーを辞めたくなる3つの理由

各チームの活躍はこちらでチェック!

【U-15強豪チーム&私立中学に入りたい!】2020年度進路情報・2019年度の強豪チーム&中学一覧
【2020年度リーグを網羅!】2020高円宮ユース(U-15)サッカーリーグ【47都道府県別】
【2020年度 クラブユースサッカー選手権U-15まとめ】全国クラブチームの頂点へ!【47都道府県】
【2020年度 全日本U-15女子サッカー選手権大会 】U-15女子チームの頂点へ【47都道府県まとめ】

【2019年度 クラブユースサッカー選手権U-15】47都道府県
【2019年度 全日本U-15女子サッカー選手権大会 】47都道府県
【2019年度高円宮ユース(U-15)サッカーリーグ】47都道府県
【2019年度高円宮杯U-15】47都道府県
【2019年度中学校/クラブユース新人戦】47都道府県

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2020年8月にライター歴3年目に突入、サッカー娘の母歴は丸10年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top