ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2017年度 ハトマーク フェアプレーカップ第36回 東京都4年生サッカー大会 第15ブロック 優勝は青梅新町FC!

2017年度結果詳細

優勝:青梅新町FC
準優勝:松林少年SC
3位:瑞穂三小SC
4位:青梅2FC

 
参照:松林少年サッカークラブ FB

ベスト4(決勝4月30日)
  • あグループ 1位 青梅新町FC
  • いグループ 1位 瑞穂三小SC
  • うグループ 1位 松林少年SC
  • えグループ 1位 青梅2FC

参照:松林少年サッカークラブ FB

4月23日の結果

自動代替テキストはありません。

4/8開催分 1次リーグ途中経過

参照:瑞穂三小SC Facebook

組み合わせ

参照:松林少年サッカークラブ HP

ハトマーク フェアプレーカップ 第36回 東京都4年生サッカー大会 第15ブロック予

日程

1次リーグ    = 4月8日(土)・9日(日)
2次リーグ    = 4月15日(土)
準決勝リーグ  = 4月16日(日)
決勝リーグ    = 4月22日(土)
予備日      = 4月23日(日)・29日(土)・30日(日)

会場

武蔵村山市総合運動公園、真如苑芝生ひろば、瑞穂町営少年サッカー場、瑞穂第三小学校、瑞穂第四小学校、瑞穂第五小学校

概要

①1次予選リーグ
・参加チーム39チームを12ブロックに分け、3チーム(3ブロックは4チーム)によるリーグ戦を行う
・勝ち点は、勝ち3点、引き分け1点、負け0点とする
・順位は、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果、PK(*1)の順によって決定する
・各ブロック1位チーム(12)と2位チーム(12)が2次リーグに進出する(24チーム)
②2次予選リーグ
・24チームを6ブロックに分け、各4チームによるリーグ戦を行う
・勝ち点は、勝ち3点、引き分け1点、負け0点とする
・順位は、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果、PK(*1)の順によって決定する
・各ブロック1位チーム(6)と2位チーム(6)が準決勝リーグに進出する(12チーム)
③準決勝リーグ
・12チームを4ブロックに分け、各3チームによるリーグ戦を行う
・勝ち点は、勝ち3点、引き分け1点、負け0点とする
・順位は、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果、PK(*1)の順によって決定する
・各ブロック上位1チームが決勝リーグに進出する(4チーム)
③決勝リーグ
・4チームによるリーグ戦を行う
・勝ち点は、勝ち3点、引き分け1点、負け0点とする
・順位は、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果、PK(*1)の順によって決定する
(*1)PKは上位リーグ進出に関わる順位が同じ場合のみとし、会場全日程終了後本部審判によって行う。
新たに8名を選出し、3回戦で行う。

1~4位チームに賞状及びトロフィーを授与し、上位3チームを東京都中央大会へ推薦する。

東京都内の地域ごとの最新情報はこちら

[butto n url=’http://www.junio r-socce r.jp/kanto /tokyo ‘ title =’東京少年サッカー応援団’ color =” icon=” newwi ndow=’newwi ndow=1′ size=’big’ class =’ft30p x’ rel=nofol low]

過去大会の結果

【2016年度の大会結果】
優勝:FCみずほ2001
準優勝:青梅新町FC
3位:FC多摩川
参照:ジュニアサッカーNEWS

【2015年度の大会結果】
情報をお持ちの方は情報提供をお願いします

最後に

優勝した青梅新町FCの選手のみなさん、おめでとうございます!!失点も1で押さえ、いい試合ができたのではないでしょうか^^
この大会の上位3チーム、青梅新町FC 瑞穂三小SC 松林少年SCは中央大会へ推薦してもらう権利を得ました!
ぜひ今後も中央大会に向けて、これからも練習がんばってください!

情報はわかり次第更新します!
情報をお持ちの方はご提供お願いします!!
Facebook速報グループはこちら
LINE速報グループはこちら
みんなの速報はこちら
お問合せフォームはこちら

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterMeg
群馬県と長野県を主に担当していますMegです。

2019年が始まりましたね^^今年はどんな1年になるでしょうか。
今年も皆様、よろしくお願いします!

2019、我が家では生活スタイルが変わる年です。
そして私自身も何か「新しい事」に挑戦する1年にしようと考えています(^^)/
子どもの頃の夢の一つ、「マルチリンガル」には全くなれなかったのでまずは身近な英語に力を入れてみようかと考え中☆

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More
Return Top