ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

聖隷JYSC ジュニアユース 新規入団生募集に伴う練習会 11/11.26. 他 開催のお知らせ!2021年度 静岡県

静岡県浜松市を中心に活動する「聖隷JYSC」では、現小学6年生(2021年4月に新中学1年生)の選手を対象とした新規入団生募集に伴う練習会が実施されます。
下記の応募要綱をご確認の上、お申し込みください。

2021年度 聖隷JYSC ジュニアユース 新規入団生募集に伴う練習会

対象

・現小学6年生(2021年4月に新中学1年生)

募集定員

◆練習会定員◆
各日25名

◆新年度募集定員◆
25名(GK定員最大3名まで)
※先着順

日時

① 2020年11月11日(水)19:00~21:00 【残り僅か】
② 2020年11月26日(木)18:30~20:00 【残り僅か】
③ 2020年12月9日(水)19:00~21:00
④ 2020年12月16日(水)19:00~20:30
⑤ 2020年12月20日(日)14:30~16:30
※上記の日程について練習参加が厳しい場合はご相談ください。
※体験練習は何回でも可能です。ご希望日の所にご連絡ください。

会場

聖隷クリストファー 杉本記念グラウンド(静岡県浜松市北区根洗町)
※お車でお越しの方は、杉本記念グラウンドのクラブハウス裏に砂利の駐車場(サッカー場駐車場)がありますのでそちらに駐車ください。(グラウンド側の列は中・高等学校のスクールバスが駐車しますので駐車禁止になります。)

参加費

無料

持ち物・服装

  • サッカー用具一式
  • 水筒
  • 着替え

申込み方法

下記必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
①氏名 ②出身チーム ③小学校 ④ポジション ⑤参加希望日
MAIL:masaki-k@seirei.ac.jp

締め切り

各日定員を満たした時点で締切となりますので、希望される方は早めのお申し込みをお勧めいたします。

その他

  • トレーニング中の怪我について応急処置は行われますが、その後は個人での対応をお願いします。
  • 入団をご希望の方は各日程の練習会に2回参加していただき、入団資料を確認後、入団説明会(練習参加の際に日程はお知らせされます。)にて書類を提出していただき、後日人数が整理された後各家庭へ連絡されます。(練習体験申し込みをした際のメールアドレスの方へ連絡があります。)
  • 募集人数が集まらなかった場合は再募集もあります。
  • 詳しい内容は各参加日のTR後に説明が行われます。

問い合わせ

聖隷JYSC
監督 / 勝田 昌樹(かつた)
TEL:080-6904-4787
MAIL:masaki-k@seirei.ac.jp

参照・引用:SEIREI JUNIOR YOUTH SOCCER CLUB ブログ

2020-2021【静岡県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ
2020-2021【静岡県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ
静岡県内の地域ごとの最新情報はこちら
静岡少年サッカー応援団
関連記事

部活とクラブチームの本音白書・ほんとのところ、どうなの?早い人は小4から考え始める小学生のサッカー進路
中学からは部活?クラブ?そのもやもやを吹き飛ばす説明会に行ってきました
『おれ部活辞めるわ!』中学生がサッカーを辞めたくなる3つの理由

各チームの活躍はこちらでチェック!

【U-15強豪チーム&私立中学に入りたい!】2020年度進路情報・2019年度の強豪チーム&中学一覧
【2020年度リーグを網羅!】2020高円宮ユース(U-15)サッカーリーグ【47都道府県別】
【2020年度 クラブユースサッカー選手権U-15まとめ】全国クラブチームの頂点へ!【47都道府県】
【2020年度 全日本U-15女子サッカー選手権大会 】U-15女子チームの頂点へ【47都道府県まとめ】

【2019年度 クラブユースサッカー選手権U-15】47都道府県
【2019年度 全日本U-15女子サッカー選手権大会 】47都道府県
【2019年度高円宮ユース(U-15)サッカーリーグ】47都道府県
【2019年度高円宮杯U-15】47都道府県
【2019年度中学校/クラブユース新人戦】47都道府県

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSTm 福岡・山梨山口P伊海 智裕
伊海 智裕です。
山口県出身、福岡県在住。家族とサッカーと猫’Sに囲まれて暮らしています。

今春から長男は社会人、次男は大学生。
サッカー保護者生活も終わりかなあと覚悟していましたが、次男が九州大学リーグ1部の学校に進学し、サッカー部に入部が決まりました。

これまでのような親の出番は無いとは思いますしエリートばかり集まる大学サッカー部は本当に大変だと思いますが、大好きなサッカーを続けられる幸せを噛みしめて精一杯楽しんで頑張ってくれれば。

私も息子がサッカーを続けてくれる幸せを感じながらジュニアサッカーNEWSのお仕事をこれまで以上に頑張っていかないと!と、決意を新たにしている春なのです。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top