ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【優勝チームコメント掲載】2020年度 第44回 JFA全日本U-12選手権大会 滋賀県大会 優勝はA.Z.R!

★進路のご参考に★
高円宮杯滋賀県大会
高校サッカー選手権滋賀県大会

こちらの記事では第44回 JFA全日本U-12選手権大会 滋賀県大会の情報をお伝えします。
甲賀ブロックのA.Z.Rが初優勝を成し遂げ、第44回JFA全日本U-12選手権【全国大会】への出場を決めました!
全国大会でのご活躍をお祈り致します。

優勝チーム紹介

A.Z.R(アッズーロ)

監督・選手コメント

東祟史 監督(A.Z.R)
このチームは、5人のメンバーで小さな公園からスタートし、ここまで来られて非常に嬉しいです。私たちは子供たち個々の判断を大切にしてゲームを組み立てています。アミティエさんが4連覇のかかる大会でしたが、私たちはチャレンジャーとしてどこのチームにも負けない経験をしてきたので、自信を持ってやれました。 今年はコロナ禍で、いつも利用しているグラウンドが使えないこともあり、ランニングを多くするなど工夫して練習を行いました。全国大会は、滋賀県代表として、必ず優勝して帰ってきたいと思います。

古荘隆太 選手(A.Z.R)
初優勝の実感があまりないですが、しっかり最後までプレーして勝てて嬉しいです。後半のシュートはしっかり落としてもらったので狙ったところに決められて気持ち良かったです。試合中はゲームを作るために少し下がって全体をコントロールするようにしました。またキャプテンとして声を出して集中し、チームを盛り上げることを心掛けました。今後の目標は、全国大会で滋賀県代表としてしっかり優勝して終わりたいです。

山岡凌陽 選手(A.Z.R)
全日本U-12の県大会で初めてチームが優勝することできてとても嬉しいです。準決勝、決勝前のチームの雰囲気は、チームのみんなが勝とうと必死に盛り上がっていました。準決勝の対戦相手のアミティエには、5年生の時の県大会準決勝で負けていたので、今日は勝ちたかったです。今日はうまく勝てて本当に嬉しかったです。最後に今後の目標は、全国大会の全試合、みんなでいいプレーをして優勝したいです。

参照:JFA.jp

2020年度 大会結果詳細

優勝:A.Z.R
準優勝:水戸JFC
第3位:アミティエSC草津

決勝、3位決定戦

情報頂きました。ありがとうございます!

11/23@ビッグレイクB
決勝

A.Z.R 5ー0 水戸

3位決定戦
アミティエ 
2ー0 オールサウス

結果参照:滋賀県サッカー協会4種

関連記事

JFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会 全国大会

2020年度 サッカーカレンダー【滋賀県】年間スケジュール一覧
2020 JFA U-12サッカーリーグin滋賀 湖西ブロック
全日本U-12選手権滋賀県大会 湖東ブロック予選
全日本U-12選手権大会 滋賀湖南ブロック予選
2020年度 湖北ブロック全日順位決定戦(U-12)
全日本U-12選手権大会 滋賀湖北ブロック予選
全日本U-12サッカー選手権大会滋賀県大会 甲賀ブロック予選
【全カテゴリー掲載!】JFA主催/後援2020年度主要大会一覧!【これを見れば1年の流れがすぐわかる!】
【全カテゴリー日本代表 2020スケジュール掲載!】JFA 2020事業計画案(年間スケジュール)
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

〇情報ありがとうございました。今後も大会などの情報をお待ちしています。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

準決勝

11/23@ビッグレイクB
A.Z.R 2-1 アミティエ
オールサウス 2-2 PK10-11 水戸

結果参照:滋賀県サッカー協会4種

準々決勝

11/21@ビッグレイクB
A.Z.R 9-0 三雲東
大原JFC 1-7 アミティエA
青山 1-3 オールサウス 
豊栄 0-1 水戸

結果参照:滋賀県サッカー協会4種

2回戦 結果

11/21 @ビッグレイクB
A.Z.R 2-0 和邇
B.S.C志賀 0-2 三雲東
大宝 0-1 大原JFC
アミティエA 8-2 大原SSS
亀山 1-2 青山
オールサウス 2-0 アミティエB
豊栄 4-1 長浜北
栗東 0-1 水戸

結果参照:滋賀県サッカー協会4種

1回戦 

11/15 @ビッグレイクB
ヴォンゴーレ 0-4 大原JFC
アミティエB 5-3 浅井

11/14 @ビッグレイクB
DCMセントラル 0-4 A.Z.R
和邇 1-0 旭森
桐原 0-0 PK6-7 B.S.C志賀
矢倉 1-2 三雲東
北野 1-1 PK4-5 大宝
石山 0-3 アミティエA
五個荘 0-3 大原SSS
亀山 1-0 Multa
坂田 0-3 青山
オールサウス 7-1 プライマリー
豊栄 1-0 守山
長浜北 2-1 瀬田北
栗東 1-1 PK3-1 金城
水戸 4ー0 晴嵐

結果参照:滋賀県サッカー協会4種

LINEグループからの情報提供ありがとうございました!

おかげ様で速報でお届けすることが出来ました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

第44回 JFA全日本U-12選手権大会 滋賀県大会

<日程>

開会式:2020年11月3日(火・祝)
1回戦:2020年11月14日(土)
2回戦、3回戦:2020年11月21日(土)
準決勝、3位決定戦、決勝:2020年11月23日(月・祝)

参照:亀山SSS HP

<会場>

野洲川歴史公園サッカー場 ビッグレイク

<大会概要>

主催
公益財団法人日本サッカー協会
公益財団法人日本スポーツ協会 日本スポーツ少年団
読売新聞社
公益社団法人滋賀県サッカー協会

主管
公益社団法人滋賀県サッカー協会4種委員会

試合時間
①試合時間は前、後半とも20分間とし、ハーフタイムのインターバルは5分間とする。(選手の負傷等で試合時間が空費された場合、主審の判断で時間を延長し、アディショナルタイムを表示する。)
②必要に応じて、前・後半中程に飲水タイムを採用する。 その間は試合時間の計測を中断する。
③決勝のみ、前後半5分ずつの延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式により勝者となるチームを決定する。延長戦に入る前のインターバルは5分間、PK方式に入る前のインターバルは1分間とする。

PK方式(以下PK戦)について
①規定の試合時間内に勝敗が決しない場合、PK戦により勝者となるチームを決定する。PK戦は3人で行い、4人目以降はサドンデスとする。
②PK戦の進行中に、GKが負傷してGKとしてのプレーが続けられなくなったとき、エントリーされている交代要員と交代することができる。
③上記②の例外を除いて、延長戦のある場合はそれを含めて、試合終了時にフィールド内にいた競技者にのみペナルティーマークからのキックを行う資格が与えられる。
④上記③の資格のある競技者は、PK戦の進行中に、主審の許可を得てGKと入れ替わることができる。
⑤試合が終了したとき、フィールド内で一方のチームの競技者が相手チームより多い場合、競技者の多いチームはPK戦を行う前に相手チームの競技者数と等しくなるように自チームの競技者数を減らさなければならない。
主将またはベンチのチーム役員は、除外するそれぞれの競技者の氏名と背番号を主審に通知しなければならない。これによって除外された競技者は、PK戦に参加することはできない。

以上、大会要項より抜粋(参照:滋賀県サッカー協会4種

2019年度 地区予選の結果

湖東ブロック(8)

亀山SSS
豊栄クラブジュニア
プライマリーSC
北野SC
リブラ五個荘FC
旭森SSS
桐原JFC
金城JFC
詳しくは湖東ブロック予選

湖西ブロック(8)

優勝:オールサウス
準優勝:BSC志賀
第3位:青山
第4位:和邇
代表決定戦勝利チーム
ヴォンゴーレ瀬田 瀬田北SSS 晴嵐SSS 石山SSS
詳しくは湖西ブロック大会

湖南ブロック(7)

アミティエSC草津A
矢倉FC
栗東FC
・DCMセントラル
アミティエSC草津B
大宝SSS
守山少年キッカーズ
詳しくは湖南ブロック大会

湖北ブロック(4)

優勝:長浜北SSS
準優勝:大原JFC
第3位:坂田FC
第4位:浅井FC
詳しくは湖北ブロック大会

甲賀ブロック(5)

優勝:A.Z.R1st
準優勝:三雲東エスぺラールFC
3位:水戸JFC
4位:Multa Konan
5位:大原SSS
詳しくは甲賀ブロック大会

滋賀県内の地域ごとの最新情報はこちら
滋賀少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2019年度>
優勝:アミティエ・SC草津
準優勝:彦根FC
3位:野洲JFC
詳しくはジュニアサッカーNEWS

<2018年度>
優勝:アミティエ・SC草津
準優勝:大原SSS
3位:オールサウス石山SCJr
詳しくはジュニアサッカーNEWS

<2017年度>
優勝:アミティエ・SC草津
準優勝:大原SSS
3位:びわSSS
詳しくはジュニアサッカーNEWS

最後に

滋賀県大会を制したのは甲賀ブロックのA.Z.Rの皆さんでした。
おめでとうございます!
全国大会でも優勝を目指して頑張って下さい。応援しています!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2020年8月にライター歴3年目に突入、サッカー娘の母歴は丸10年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top