ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

メンバー変更有・FW菅澤優衣香選手怪我の為離脱【なでしこジャパン(日本女子代表)候補】トレーニングキャンプメンバー・スケジュール発表!(10/19~26@Jヴィレッジ)

日本サッカー協会は、2020年10月19日~26日にかけて、Jヴィレッジで行われるトレーニングキャンプに参加するメンバー23名とスケジュールを発表しました。

代表招集は、今年3月、米国で行われた国際親善大会シービリーブス杯以来。コロナ禍で日本代表の活動が中断を余儀なくされて以降、初の活動となります。

スタッフ

監督:高倉 麻子 タカクラ アサコ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:大部 由美 オオベ ユミ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:大橋 昭好 オオハシ アキヨシ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
フィジカルコーチ:広瀬 統一 ヒロセ ノリカズ(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/早稲田大)

選手

GK
山根 恵里奈 ヤマネ エリナ(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)
池田 咲紀子 イケダ サキコ(浦和レッズレディース)
山下 杏也加 ヤマシタ アヤカ(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)

DF
鮫島 彩 サメシマ アヤ(INAC神戸レオネッサ)
松原 有沙 マツバラ アリサ(ノジマステラ神奈川相模原)
清水 梨紗 シミズ リサ(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
清家 貴子 セイケ キコ(浦和レッズレディース)
市瀬 菜々 イチセ ナナ(マイナビベガルタ仙台レディース)
南 萌華 ミナミ モエカ(浦和レッズレディース)

MF
猶本 光 ナオモト ヒカル(浦和レッズレディース)
伊藤 美紀 イトウ ミキ(INAC神戸レオネッサ)*
長谷川 唯 ハセガワ ユイ(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
杉田 妃和 スギタ ヒナ(INAC神戸レオネッサ)
三浦 成美 ミウラ ナルミ(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)
塩越 柚歩 シオコシ ユズホ(浦和レッズレディース)*
林 穂之香 ハヤシ ホノカ(セレッソ大阪堺レディース)
脇阪 麗奈 ワキサカ レイナ(セレッソ大阪堺レディース)*
宝田 沙織 タカラダ サオリ(セレッソ大阪堺レディース)
MF北村菜々美選手(セレッソ大阪堺レディース)追加招集10/18JFA.jp)

FW
菅澤 優衣香 スガサワ ユイカ(浦和レッズレディース)怪我の為離脱10/18JFA.jp)
岩渕 真奈 イワブチ マナ(INAC神戸レオネッサ)
田中 美南 タナカ ミナ(INAC神戸レオネッサ)
上野 真実 ウエノ マミ(愛媛FCレディース)
小林 里歌子 コバヤシ リカコ(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)

*なでしこジャパン初招集選手

スケジュール

10月19日(月) PM トレーニング
10月20日(火) PM トレーニング
10月21日(水) AM/PM トレーニング
10月22日(木) PM トレーニングマッチ vs. ふたば未来学園高
10月23日(金) AM トレーニング
10月24日(土) AM トレーニング
10月25日(日) PM トレーニングマッチ vs. いわきFC U-18
10月26日(月) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更する場合があります。
※全チームスタッフ、選手は集合時にSmartAmp法での検査を実施します。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方におかれましてはトレーニングの見学は一切できません。
※選手やスタッフによるサイン、握手、写真撮影、プレゼント受け渡し等の対応も自粛させていただきます。
皆さまのご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。

参照:JFA

関連記事

最後に

コロナ禍での活動中断を余儀なくされ、今年3月以来の招集となるなでしこジャパン候補トレーニングキャンプ。
今回は国内クラブに所属する選手のみの選出。岩淵真奈選手、長谷川唯選手らの代表常連組が順当に選出される中、伊藤美紀選手、塩越柚歩選手、脇阪麗奈選手の3名の選手が初招集となりました。
10月15日には2021年秋に開幕する女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」に参入する11クラブが発表され、ますます盛り上がりそうな女子サッカー。
今後の活躍への期待が高まります!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2020年8月にライター歴3年目に突入、サッカー娘の母歴は丸10年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるようなの笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top