ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

高円宮杯スーパープリンスリーグ各地で開幕!全日本U-12選手権12月開催決定!1時間目の部活動が放課後にゆとりをもたらす ほか 9/5~9/11 スポーツトレンドニュース一気読み!


1週間(9/5~11)のスポーツ・サッカー界の動きを全部まとめて一気読みできます(•̀ᴗ•́)و

~CONTENTS~
◇ サッカーの動き
◇ スポーツの動き
◇ コロナ関連

↓本文は写真の下から始まります↓

サッカーの動き

高校年代のサッカーリーグが開幕、選手はコロナ禍をどう過ごしたのか

今季は新型コロナウイルスのまん延防止策として、長距離移動を避けるため、プレミアリーグは参加チームの多い関東に限定し、試合数も総当たり1回戦となった。他地域では、本来であれば一つ下のカテゴリーである、9地域のプリンスリーグの名称を一部変更し、昨年度のEAST王者である青森山田高校が、スーパープリンス東北に、WEST王者である名古屋グランパスU-18は、スーパープリンス東海に参加するなど、今季に限った地域毎のリーグ編成を行った。そのため、今季は、チャンピオンシップ、昇格、降格のいずれもない形での開催となっている。

ピッチこそ、僕らのホームだ。JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会 ~10月から全国各地で都道府県大会スタート/全国大会は12/26に鹿児島で開幕~

12月26日(土)から29日(火)にかけて、鹿児島県鹿児島市で開催する「JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会」の大会概要が決定しましたのでお知らせします。

[関東Rookie League]甘さの出た西武台は逆転負け。MF五木田「もっと強いチームにしていきたい」

西武台高(埼玉)は、前日(5日)の流通経済大柏高(千葉)戦で気持ちの込もった戦いを続けて引き分け。この日の日大藤沢高(神奈川)戦も戦う姿勢を続け、前半33分に速攻から10番MF和田力也が先制ゴールを決めた。

永里優季、男子リーグ参戦の理由「本能に従った」

国内では男子の第1種(一般・大学)チームに登録された初の女子プロ選手に。フィジカル面などでの男子との差は大きいが「ポジショニングや細かい駆け引き、激しいコンタクトを受けないプレーは海外でも磨いてきた」と自信も口にした。

10月からプレミアで観客動員か、イギリス首相が示唆

10月からプレミアリーグで観客を動員した試合が観られるかもしれない。9月12日に新シーズンが開幕するプレミアリーグだが、イギリスの首相を務めるボリス・ジョンソン首相は記者会見にて10月1日以降、スポーツイベントに観客を動員する計画を明かした。

MLSがリーグMX合併で巨大リーグに 北米サッカー界で起きている激震

北アメリカ大陸で、新たな動きがおこっていることをみなさんはご存じだろうか。2026年に開催されるアメリカ・カナダ・メキシコ広域ワールドカップを前に、リーガMX(メキシコリーグ1部)とメジャーリーグサッカー(MLS)を統合しようとする試みである。

バイエルンなどブンデスクラブが考える、暑さ対策と子供たちの燃え尽き防止策って?

しかし、そんな短い夏休みでさえ十分に休めなかった子どもたちも少なくないようだ。親しい指導者によると、部活動やクラブの練習、試合がみっちり入っていたところが結構あったようだ。もちろん、コロナの影響で自粛期間が長く、部活動ができていなかったという理由もあるだろう。例年と比較して仕上がり具合が不十分というのは理解できる。でも、それをこの夏、今年だけで取り返そうというのはムリではないだろうか。

スポーツの動き

涼しい1時間目に部活動、竹原の義務教育学校 熱中症対策や教員の長時間勤務解消、放課後にゆとりも

昨年から、7月1日~9月前半と12月1日~翌1月末の間、平日の週4日間(水曜は部活動休養日)について、午前8時10分から本来の1時間目の時間帯(午前8時35分~9時25分)を部活動に充てている。

IOCコーツ氏、東京五輪中止ない 根拠示さず

東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は7日、新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪はウイルスが「あろうがなかろうが」開催されるとして再延期や中止はないとの見方を示した。

来春センバツは3・19、来夏の甲子園は東京五輪閉幕翌日の8・9開幕 9月19日に履正社の優勝旗返還式を開催

日本高野連は9日、来春の第93回センバツ高校野球大会の運営委員会を開き、2021年3月19日から13日間(準々決勝と準決勝翌日の休養日を含む)で開催することを決めた。

【Tリーグ】石川佳純「卓球界の新しい一歩に」…14日無観客で「オールスタードリームマッチ」

2部制で第1部は日本代表選抜8人とTリーグ代表選抜8人が対戦し、第2部では日本代表の男子と女子が団体戦で対決する。公式戦では見られない対戦

試合の準備、アスリートキャリア、親のあり方…視聴者の質問に対し、果たしてレジェンド5人の答えは?【ぼくらのスポーツ開催レポート】

太田:僕は、キャリアの準備をしておくべきだと思いますね。引退する時期にもよりますけど。学生で選手生活を終える人は、新卒として会社などで社会人教育してもらえますよね。でも、実業団やプロとして競技を続けた人は、そうした機会がない場合も多いんです。アスリートでも、社会人としての最低限のスキルは身に付けておくべきだと思います。

スポーツ生観戦の特権を提供、バドライトがMLB再開を祝って実施したSNS懸賞企画

バドライトはファンにとって最も喜ばしい瞬間が失われてはいけないと、本来であればスタジアムで観戦するからこそ手にできる特権を家にいながら得るチャンスを提供した点が非常にユニークな事例だ。日本においても無観客試合や、あるいは観客数を限定してのスポーツ興行が当たり前になる中で、従来定番だった「観戦チケットが当たる」「選手に会える」といったリスクの高い懸賞は難しく、スポンサー各社はSNS等を活用したオンラインで完結するアクティベーションに頼らざるを得ない面がある。この飽和状態の中で、他社のキャンペーンよりも注目を集めるだけでなく、ファンのエンゲージメントを高め、ブランドに対する好感を醸成する仕掛けづくりや景品選びの視点は、ぜひ参考にしたい。

来年1月の全国駅伝 男女とも初の中止 コロナ影響

来年1月に予定されていた都道府県対抗で争う全国女子駅伝と全国男子駅伝について、日本陸上競技連盟は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大会史上初めて中止とする方針を明らかにしました。

「田沢ルール」撤廃決定、自らもドラフト指名対象に

◆田沢ルール ドラフト対象のアマチュア選手が国内球団を経由せずに海外でプレーした場合、その選手が帰国しても高校出身選手は3年、大学・社会人出身選手は2年、ドラフト指名が凍結されるという12球団の申し合わせ事項。

バスケットボール選手も二足のわらじを!スポーツ界の「ニューノーマル」とは

彼らはプロですが、選手専業ではありません。アパレルブランドを立ち上げた経験のあるモーガンには、選手の他にアシスタントデザイナーとしてTシャツのデザインなどを担当してもらいます。さらに彼は、175センチ程度の身長にもかかわらずダンクシュートができ、インスタグラムで4万人のフォロワーがいます。試合前にはダンクシュートを観客に見せて、チームのSNSの担当もしてもらいます。つまり、選手兼ダンク担当兼SNS担当兼デザイナーの四足のわらじを履いてもらうことになります。

プロ野球に“AI解説者”が登場、体操界では3D技術の導入で判定に革命【スポーツのデジタル化】

近年、マルチスポーツにおいてAI(人工知能)が導入されるようになった。新たな技術は緻密なデータ分析、公平な判定、メディアの動画制作など多方面で活用されている。AI技術の進歩に伴って、スポーツそのものやスポーツ観戦のクオリティが高まっている。

錦織わくわく復帰戦「状態100%。すごく楽しみ」

拠点とするフロリダから出発直前の8月16日、PCR検査で陽性となり、新型コロナに感染したことが判明。全米前哨戦への出場を取りやめた。21日の再検査でも陽性。26日に受けた3度目の検査で陰性となったが、全米は準備が間に合わず欠場していた。

日本人スポーツ選手で1番年収が高いのは? 「日本人アスリート年収ランキング 2020年版」公開

日本人スポーツ選手でトップになったのは、テニスの大坂なおみ選手で、年収は約40億円でした。大坂選手は、女子アスリートの中では世界1位の年収を誇っています。大会賞金のほか、NIKEとのアパレル契約や、15社ものスポンサーからの収入が大きいようですね。なお、大坂選手は世界で最も収入が高い女性アスリートでもあります。

コロナ関連

日本スポーツ協会がスポーツ活動の再開・継続を補助金でサポート中

日本スポーツ協会が、新型コロナウイルス感染対策をとりつつスポーツ活動の再開・継続に取り組むスポーツ関係団体や個人事業主をサポートする「スポーツ活動継続サポート事業」を行っている。例えばリモート指導の環境整備など対象者が事業について申請して、認められれば最大150万円までの経費の補助が受けられる。申請期限は2020年10月31日(土)までだ。

「アントラーズがファンに忘れられないように…」鹿島・小泉社長が語るコロナ禍のエンゲージメント

コロナの大打撃を受けたからこそ、様々な取り組みを始めたとも語った。

まず1つ目がクラウドファンディングだ。個人からの寄付はふるさと納税になるという仕組みも用いながら支援を募り、一カ月半で1.3億円が寄附金として集まった。クラブの経営状態を包み隠さずファンに伝え、そのお返しには監督とのサッカー談義などコト消費に近いリターンを設定したという。小泉氏は、「多くのファンがアントラーズへの愛を伝えてくれた」と語った。(中略)

例えば、YouTubeの公式チャンネルでOB選手をゲストに過去の名試合を放送し、投げ銭システムを導入したところ、試合結果がすでに分かっているにも関わらず多くの視聴者がゴールシーンで投げ銭を行い、大盛況となったという。

お笑いやスポーツ“ドライブイン”スタイルで コロナ禍「3密」回避で脚光再び

コロナ禍で3密回避が求められる中、車に乗ったまま映画や舞台を楽しむスタイルが注目されている。かつて流行した「ドライブインシアター」の手法が、音楽ライブや漫才、スポーツに拡大。子ども連れの家族からは「車なら騒いでも安心」との声も。

関連記事

全国注目大会 8月1日~8月2日 主要大会一覧

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterRie
埼玉県出身、静岡市在住。
2018年2月よりジュニアサッカーNEWSのお仕事を始めました。
ライター暦2年超えましたが、まだまだひよっこです。

むか~し、昔はサッカー少女だった時代もありましたが、現在は高校生の息子と中学生の娘の応援専門です。
(ごくたま~に、4級審判として、子供たちと一緒にグラウンドを走ることもありますが非常にレア💦娘の小学生卒業を期に引退しようかと思いましたが継続!)

読んでくださった方にお役に立てるような記事・コラムを書けるよう、勉強中です。
どうぞよろしくお願いします♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top