ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

第15回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2020(サテライト)優勝は金沢高校!

2020年8月10日(月)〜8月13日(木)の4日間、飛騨古川ふれあい広場流葉交流広場にて行われた「第15回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2020(サテライト)」の情報をお知らせします。

★優勝した金沢高校★(写真:footballers Twitter

2020年度 大会結果詳細

優勝:金沢(石川)
準優勝:鹿島学園(茨城)
第3位:一条(奈良)
第4位:名経大高蔵(愛知)
第5位:松本国際(長野)
第6位:鹿島学園U16(茨城)
第7位:各務原(岐阜)
第8位:県立西宮(兵庫)

決勝トーナメント最終日(8/13)

<決勝>
10:30 金沢 2-0 鹿島学園

<3位決定戦>
10:30 一条 4-1  名経大高蔵

<5位決定戦>
10:30 鹿島学園U16 1-3 松本国際

<7位決定戦>
10:30 県立西宮 0-1  各務原

参照:公式サイト(FOOTBALLERS.JP),footballers Twitter

情報提供ありがとうございました。今後も大会やセレクション・トレセン情報等の提供をお願いいたします。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

2020年度 高円宮杯 JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ東海 
2020年度 第8回 和倉ユースサッカー大会(石川開催)
2020年度 ULTIMA(アルティマ)FOOTBALL LEAGUE ~究極~
2020年度 第44回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会【全国大会】
高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2020EAST/WEST
おすすめ
【全カテゴリー掲載!】JFA主催/後援2020年度主要大会一覧!【これを見れば1年の流れがすぐわかる!】
【全カテゴリー日本代表 2020スケジュール掲載!】JFA 2020事業計画案(年間スケジュール)
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

決勝トーナメント3日目(8/12)

<準決勝>
15:00 一条 0-1 金沢
16:30 名経大高蔵 0-0(PK3-5) 鹿島学園

<2回戦>
15:00 県立西宮 - 鹿島学園U16
16:30 各務原 0-0(PK1-3)  松本国際

<1回戦>
10:30 一条 1-0 県立西宮
10:30 鹿島学園U16 1-1(PK1-4) 金沢
10:30 名経大高蔵 2-1  各務原
9:00 松本国際 1-5 鹿島学園

 

リーグ表結果 初日(8/10)〜2日目(8/11)

11日

松本国際 0-6 鹿島学園U16
各務原
 2-0 県立西宮
鹿島学園 1-3 金沢
名経大高蔵 2-2 一条
鹿島学園 3-0 各務原
金沢 3-0 県立西宮
松本国際 0-2 一条
名経大高蔵 2-0 鹿島学園U16

10日

松本国際 2-1 名経大高蔵
金沢 0-2 各務原
鹿島学園U16 1-7 一条
鹿島学園  3-0 県立西宮

参照:公式サイト(FOOTBALLERS.JP),footballers Twitter

第15回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2020(サテライト)

<日程>

2020年8月10日(月)~8月13日(木)

<会場>
<大会概要>
目的 サッカーに集中できる環境の中で、様々な地域チームの交流/強化の場を創出する。
主催 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル実行委員会
参加資格 
1) 18歳以下の男子選手にて構成されたチームであること。
2) 原則として日本サッカー協会に登録チームであること。
3) 近年で都道府県ベスト8以上の成績があるチームであること。
4) 本部指定宿舎に宿泊できること。
試合時間 全試合70分とする。
競技方法
カップ戦形式(グループリーグ初日:1試合、2日目:2試合→順位トーナメント+交流戦3日目:2試合、最終日:1試合)
グループリーグにおける順位決定方法は勝利3点・引き分け1点・敗戦0点とし、勝点の多い順に決定する。
但し、勝点の合計が同一の場合は以下の項目に従い順位を決定する。
①得失点差(=総得点-総失点) ②総得点 ③当該チーム同士の対戦成績(勝敗) ④抽選
本年度【U-16】は中止
参加チーム:9チーム
全国の地域ごとの最新情報はこちら

全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2019年度>
優勝:大阪桐蔭高等学校(大阪)
準優勝:海星高等学校(三重)
第3位:開志学園JSC高等部(新潟)
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

最後に

金沢高校の皆さん、優勝おめでとうございます!
練習も大会も思うようにできなかったと思いますが、この4日間は楽しくサッカー出来たと思います。

コロナ対策で大変な中、無事大会を終えることができよかったですね。
運営の方々、応援に行かれた保護者の方々、監督・コーチの皆さん、本当にお疲れさまでした!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterNiki
いつもジュニアサッカーNEWSをご覧いただきありがとうございます。

1979年生まれ。愛知県知多市出身、岐阜県在住。ウェブ制作やデザイン、企業の広報を経て、出産を機にフリーのデザイナーに。2017年4月からジュニアサッカーNEWSでのお仕事を始めました。

ブラジルワールドカップからサッカーを始めた息子ももう5年生。
泣き虫で小柄な息子でしたが、心も身体も随分たくましくなりました。

3月から休校中に息子とリフティングを練習し、23回まで記録を更新しました。サッカーって難しいですね!だからこそ全てのプレイヤーを尊敬します!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top