ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

大学スポーツ協会が加盟大学・加盟競技団体主催の大会等に医療従事者の配置を拡充!『大学スポーツに安全な環境を!』

画像引用:PR TIMES

一般社団法人大学スポーツ協会(東京都千代田区、会長:鎌田薫、以下UNIVAS)は、大学スポーツにおける安全・安心な環境の整備を促進するため、加盟大学および加盟競技団体が主催する大会や試合に、医療従事者等を配置する事業を2020年9月1日(火)より開始することを発表しました。

↓本文は写真の下から始まります↓

[一般社団法人大学スポーツ協会]
医療従事者のサポートを充実させ、試合の安全性の向上を目指す

UNIVASは今回の事業推進の背景として、これまでの大学や競技団体主催の大会・試合において、事故や怪我に対するリソース不足等が原因で十分な対応、準備ができていないものがあったことをあげています。

目的は、同団体の会員である大学・競技団体主催の大会等に、医療従事者を配置することによって、大学スポーツ活動の安全・安心な体制および取り組みを強化すること。対象期間を2020年9月1日(火)~2021年3月31日(水)としています。

また、派遣される医療従事者の質の向上と高いサービスを提供するため、謝金の増額や移動費、宿泊費などの処遇を改善する方針も示しています。これにより、学生アスリートが、安全に、安心してスポーツに取り組める環境が整備されていくことが期待ですます。

参照:PR TIMES

事業概要について

◇本事業の実施概要
本事業は、UNIVASが会員である大学が主催または主管する試合及び競技団体が主催する試合に、医療従事者等を配置する事業

◇本事業の申請資格者
(1)UNIVASの大学会員
(2)UNIVASの競技団体会員

◇本事業の対象となる試合
(1)大学会員
1.大学が主催または主管となる試合等
2.大学の運動部が主催または主管となる試合等
(2)競技団体会員
1.競技団体会員が主催する試合
2.関連する地区競技団体が主催する試合

◇本事業の対象期間
(1)配置事業対象期間
2020年9月1日(火)~2021年3月31日(水)

◇対象の医療従事者等
本事業における医療従事者等とは、下記のいずれかの資格を有する者とします。
(1)医師
(2)医師以外の資格保有者
1.看護師
2.理学療法士
3.柔道整復師
4.あん摩マッサージ指圧師
5.はり師・きゅう師
6.救急救命士
(3)アスレティックトレーナー
1.日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
2.JATAC認定アスレチック・トレーナー(JATAC-ATC)
3.一般社団法人全国体育スポーツ系大学協議会認定JPSUスポーツトレーナー
4.米国NATA公認アスレティックトレーナー(NATA/ATC)
(4)その他、UNIVASが認めた資格の保有者
※日本スポーツ協会公認スポーツドクター、アスレティックトレーナーが望ましい

◇本年度の事業につきましては、次の項目を新たに改善・追加しております。
・会員ごとの上限金額を下記の通り増額いたしました。
大学会員 20万円 → 50万円
競技団体会員 30万円 → 100万円

・医師以外の方の謝金の単価を下記の通り増額いたしました。
1,250円/時 →  2,000円/時
10,000円/日 → 16,000円/日

・支給する配置費用に、旅費(出発地から用務地まで(片道20km以上)の交通費及び宿泊費(上限10,000円/日)を追加いたしました。

◇本事業の条件について
本事業全体の流れ
(1)申請者が医療従事者等を配置する試合を選定
(2)申請者が試合に対する医療従事者等の必要人数•種類、及び候補として適切な者がいる場合は候補者を選定
(3)申請者は、医療従事者等の配置を申請する試合や選定した医療従事者等の情報を申請書(別紙1)に記入し、派遣依頼書兼承諾書(別紙2)とともにUNIVASへ提出および電子ファイルの送付
(4)UNIVASが審査を行い、審査結果を申請者へ通達
(5)UNIVASが医療従事者等に対し試合への従事を要請

◇申請期間
2020年8月3日(月)~2020年9月3日(木)17時必着
(対象期間:2020年9月1日(火)~2021年3月31日(水)

◇問合せ先
一般社団法人大学スポーツ協会 医療従事者等の配置事業係
電子メールアドレス:anzen.anshin@univas.jp

引用:PR TIMES

最後に

スポーツ中の怪我は、どんなに気を付けていたとしても避けられないことも少なくありません。
大会中、試合会場に医療従事者の方々が常駐してくれていれば、早期に的確な応急処置がしてもらえるということも期待でき、いざという時にとても安心だと思います。
大学で、スポーツに打ち込む皆さんの安全な環境が整備されることをお祈りしています。

関連記事

『マスク着用に警鐘!』サッカー・屋外スポーツ時の熱中症や呼吸不全の危険性に提言【日本臨床スポーツ医学会・日本臨床運動療法会が共同声明発表】

大学サッカー【西日本】のリアル!川崎フロンターレ齋藤 学選手も登場!大学サッカー情報マガジン『ユニマガ』第2弾のご紹介 目黒編集長コメント掲載!

【2020年度関東大学サッカーリーグ所属チーム主将・副将出身チーム! 】逸材の宝庫・関東大学リーグを牽引するキャプテンシーが育ったのはここだった!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2020年8月にライター歴3年目に突入、サッカー娘の母歴は丸10年になりました。
サッカーを通して良いご縁がたくさん。出会った方々に感謝の日々です。

とにかく厳しい暑さが続いていますね。
エアコン、経口補水液、マスクの使用法にも注意しながら熱中症対策をしています。

涼しくなるまでの間、あらゆる工夫をして夏を乗り切りましょう!

コメント欄

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. I do agree with all the ideas you have offered for your post.
    They’re really convincing and will definitely work. Still,
    the posts are too quick for beginners. Could you please lengthen them
    a little from next time? Thanks for the post.

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top