ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

4連勝で帰国!U-15日本代表、2015年度タイ遠征 全試合まとめ

4連勝で帰国!U-15日本代表、2015年度タイ遠征 全試合まとめ

photo:Rufino

U-15日本代表・タイ遠征まとめ

nihonndaihyouphoto:日本サッカー協会

2017 FIFA U-17ワールドカップの出場権を目指す「00ジャパン(ゼロゼロジャパン)」ことU-15日本代表が、7月20日からタイ遠征に出発しました。

遠征日程の中で4試合が組まれ、4戦全勝で日本代表が勝利をおさめました。
その模様を、動画を交えてダイジェストでお届けします。

7月22日 vs U-16タイ代表 4ー0

1nitimephoto:日本サッカー協会

初戦となったこの日、日本代表は最初から攻勢をかけます。タイ代表のディフェンスも強く、シュートまでなかなか持ち込むことができない中、前半20分、宮代大聖選手のスルーパスがくりだされ、中村敬斗選手がキーパーとの1対1を制して先制点を上げました。

後半、1つ1つのパスのスピードが上がり、日本代表は完全にリズムをつかみます。52分には宮代大聖選手が相手の右サイドを見事に崩しての2点目、続く53分には喜田陽選手が豪快なロングシュートを決めました。

また、77分には久保健英選手が中央でボールを受けてゴール右隅へのシュートを決めました。

2得点を決めた宮代大聖選手のコメントです。

宮代大聖 選手(川崎フロンターレU-15)

miyasirophoto:川崎フロンターレアカデミー 公式hp

ウォーミングアップからチームの雰囲気が良く、立ち上がり良い形で入れました。FW2人の動きの連動も試合が進むに連れて良くなり、チャンスを作ることできました。PKを外してしまい悔しい思いもしましたが、その後に得点できて良かったです。前線でキープして時間を作ったり、DFの背後を積極的に狙えたことは自信になりましたが、やはりシュートを決めきれない課題が残っているので、この遠征で改善できるよう日々トレーニングからゴールを意識して取り組みたいと思います。

引用:日本サッカー協会

7月25日 vs U-18バンコクグラスFC 4?2

2nitimephoto:日本サッカー協会

U-18バンコクグラスFCは、先日行われた国内全国大会で決勝進出を決めた強豪チームです。U-15日本代表は、22日のタイ代表戦でベンチスタートとなった選手を中心としたチームで試合に臨みました。

立ち上がり2分で相手のクリアミスから桝谷岳良選手が先制し、前半10分には久保健英選手が抜け出して追加点を上げます。守勢を強いられていたバンコクグラスFCは15分過ぎから反撃ののろしを上げ、17分についに日本代表は失点を許します。

28分、本間至恩選手が相手GKからのパスをインターセプトし、そのままゴールへ押し込みます。

後半は押され気味の日本は左サイドへの突破を許して失点。苦しい時間を耐えた日本は70分過ぎにようやくパスがつながりだします。76分、中村敬斗選手のゴールで遠征2連勝を飾りました。

先制点を決めた桝谷岳良選手のコメントです。

桝谷岳良 選手(川崎フロンターレU-18)

masutaniphoto:川崎フロンターレアカデミー公式HP

初戦同様、アップからチームの雰囲気も良く、サブメンバーもチームを盛り上げてくれたので立ち上がりからスムーズに試合に入れました。試合開始後すぐに先制点をあげ、相手の勢いを消すことができました。個人としては、まだまだ90分全力で走り切る体力がないこと、パスの精度が低いことが課題です。チームとしてはもう少しボールに関わる人数を増やして厚みのある攻撃をしたいです。残り2試合あるので、チームの雰囲気を高め相手を圧倒したいと思います。

引用:日本サッカー協会

7月27日 vs U-18チョンブリFC 4?2

3nitimephoto:日本サッカー協会

チョンブリFCは、タイでは全国大会で何度も優勝している強豪チームです。日本は、タイ代表戦のメンバーを中心としたスタメンで試合に臨みました。

フィジカルで1段階上にいる選手たちとのマッチアップに、U-15日本代表は序盤から押されます。立ち上がり1分でいきなり失点。なんとか中村敬斗選手が得点し、試合を振り出しに戻すとまもなく中央を崩されて失点。押されたまま前半を終了しました。

後半、守備を確認したU-15日本代表はリズムをつかみ、63分に久保健英選手のゴールで同点に追いつきます。後半、オフサイドの判定もあった中で宮代大聖選手が逆転ゴールを決めます。

4点目が生まれたのはアディショナルタイムでした。瀬古歩夢選手が間接FKを蹴りこみ、3連勝を飾ります。

苦しい中で同点ゴールを放った久保健英選手のコメントです。

久保建英 選手(FC東京U-15むさし)

kubophoto:FC TOKYO OFFICIAL WEB SITE

試合に勝てたことは良かったですが、内容的に課題も多く、チーム全体でまだまだ改善できることが多く見つかりました。得点を奪えて守備も手応えを感じたけれど、フィジカル面で勝る相手にどのようにドリブルを仕掛けるか、今後の課題であり、もっと上手くなりたいポイントです。明日のトレーニングから率先して声を出してチームを盛り上げ、どんな相手からも得点できるように日々トレーニングしたいと思います。

引用:日本サッカー協会

7月29日 vs U-18ムアントン・ユナイテッド 5?1

4nitimephoto:日本サッカー協会

4試合目のこの日は疲れのせいか、前半から膠着した試合になりました。なかなか相手の裏に出ることができず、両者パスも続かないでいた前半21分、久保健英選手のクロスを船越大夢選手が合わせてようやく先制ゴールを決めます。

ところが35分に左サイドを崩されて失点。パス交換から久保健英選手が相手ディフェンダーを崩して2点目を挙げ、42分には船越大夢選手がこの日の2得点目になる3点目を上げます。

後半86分には途中出場の宮代大聖選手が4点目を決め、試合を決定づけます。アディショナルタイムに菅原由勢選手が5点目を決め、タイ遠征は4連勝で締めくくられました。

後半61分から出場した石井僚選手のコメントです。

石井僚 選手(上州フットボールクラブ高崎)

isiiphoto:日本サッカー協会

今回の遠征で自分の課題が改めてわかりました。コーチング量がまだ足りないことで、大きな声ではっきりかつわかりやすくチームメートに伝えないとチームを引っ張ることはできないので、自チームで普段から意識して取り組みたいと思います。今日の失点を0で抑えられて良かったですが、AFCU-16選手権予選を想定して、どのような状況でもベストなプレーができるようトレーニングしていきます。

久保健英選手、4試合4得点

この遠征で、ただ一人全試合で得点を決めたのが、久保健英選手です。

押し寄せる相手ディフェンダーに少しも慌てず放った美しいゴールは、やはり只者ではありません。

関連記事

久保選手をまとめた天才少年記事はこちらです。

世界が注目!将来有望すぎるサッカー天才少年少女まとめ

未来の日本代表【久保建英くん・中井卓大くん】近況ニュース!(随時更新中)

最後に

00ジャパンの快進撃!動画を見ると、シュートの力強さ、パスの速さに驚かされます。

U-15日本代表は、9月にモンゴルで行われるAFC U-16選手権2016予選で、タイ遠征の成果を試すこととなります。

活躍を心より応援しています。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年。

第98回高校サッカー選手権予選を最後に息子が引退。
高3の11月から受験生になりました。
高校2年生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「たったの2か月でセンター爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top