ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2020年度 全国高校サッカー選手権大会熊本県大会 優勝はルーテル!4年ぶり全国へ

9月26日から行われているKFA 第99回全国高等学校サッカー選手権大会熊本県大会の情報をお知らせします。
優勝したルーテル高校は、全国大会で丸岡高校(福井県代表)との対戦が決まりました!
全国大会でも粘り強いサッカーで勝利を掴んでください。応援しています。

詳細は画像の下から始まります↓

 

2020年度 大会結果詳細

優勝:ルーテル高校
準優勝:国府高校
第3位:大津高校鎮西高校

参照:熊本県サッカー協会

決勝 11/21

えがお健康スタジアム(熊本県民総合運動公園)

写真:福岡県高校サッカーフォト KOICHI-PHOTO

12:05 ルーテル 0-0(延長0-0、PK5-3) 国府
PK戦
ルーテル 〇 〇 〇 〇 〇
国府   〇 〇 × 〇 -

前半は、両チームとも一歩もゆずらない試合運びとなった。シュートチャンスまでいくもののお互い守備には定評がありゴールを割らせない。
先に交代のカードを切ったのはルーテルだった。後半スタートから荒牧選手に変えて9番坂口選手をピッチに送り込んだ。
国府は後半9分、3人の選手交代。準決勝(鎮西戦)で3得点をあげた9番を投入した。国府は後半15分にも選手交代。
後半23分ルーテル11番の選手がドリブルで切り込みシュートを放つも惜しくも枠をとらえられず。
後半26分ルーテル11番の選手が一人かわしシュートを打つが国府キーパー吉永選手のナイスセーブ。
後半29分国府は10番毎床選手のクロスに9番がヘディングで合わせるが、得点にならず。
後半30分にルーテルはロングスローからセットプレーは惜しくもクロスバーにはじかれた。
徐々に試合の流れがルーテルのペースになり、国府は守備の時間帯が増える。
国府は17番の選手が負傷し、最後の交代のカードを切った。得点は0-0。後半終了。延長戦へ突入した。
延長前半、国府はこの試合通して初めてのコーナーキック。しかしこれも得点につなげられない。
延長後半、ルーテルのビックチャンスも国府の堅い守りにゴールを割れず。怒涛のルーテルの攻撃を国府キーパー吉永選手は好セーブで最後まで守り切り延長へ突入した。

【選手権応援企画】
新人戦から見る!2020年度 高校サッカー選手権大会熊本県大会 注目チーム
フォトギャラリー

〇情報提供ありがとうございました。
大会やセレクション・トレセン情報等の提供をお願いいたします。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

*選手権応援企画
【選手権応援企画!】国府の連覇か!新人戦優勝、スーパープリンスリーグ快進撃の大津が返り咲きなるか?新人戦から見る2020年度 高校サッカー選手権大会熊本県大会 注目チーム!

*大会関連
【全国大会】第99回全国高校サッカー選手権大会
2019年度 県下高校サッカー大会

*おすすめ記事
【2020年度 高校サッカー選手権】47都道府県別まとめ
【2020年度高円宮U-18リーグ】47都道府県別まとめ
【高校サッカー強豪校に入りたい!】選手権&インハイ&新人戦 都道府県ベスト8【2020年度進路情報】

2020年度 サッカーカレンダー【熊本県】年間スケジュール一覧

2020年度 熊本県リーグ戦表一覧

2020-2021 【熊本県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ

準決勝 11/14

@大津町運動公園(スポーツの森・大津)・球技場

写真:福岡県高校サッカーフォト KOICHI-PHOTO

10:00 大津 0(0-0、延長0-0、PK3-5)0 ルーテル
PK戦
ルーテル 〇 〇 〇 〇 〇
大津   〇 〇 〇 × -
<マッチレポート>
第一試合、大津vsルーテルの試合は0-0のまま前半を折り返した。両チームとも後半スタートのメンバーチェンジはなし。
最初に交代のカードを切ったのはルーテルだった。後半飲水後19番に変えて9番を投入。大津も後半28分に13番に変えて19番を投入し、引いて守備を固めるルーテルの壁を割りたいところだったがスコアレスのまま後半終了。
延長へ突入。スーパープリンスリーグで圧倒的な攻撃を見せた大津をルーテルの守備陣が堅い守りで無得点に押さえPK戦へ突入。PK戦を制したルーテルが決勝へ進出した。終始ボールを支配していた大津だったが、最後までルーテルの堅い守りをこじ開けることが出来なかった。
フォトギャラリーはこちら

写真:福岡県高校サッカーフォト KOICHI-PHOTO

14:00 国府 4-0 鎮西

<マッチレポート>
第二試合、鎮西vs国府の試合は0-0のまま前半を折り返した。国府は前線の選手を2名入れ替えて後半をスタート。一方、鎮西はメンバーチェンジ無し。後半11分に試合が動いた。後半から投入の国府17番(キャプテン)がヘディングで先制点をあげると勢いにのった国府は後半14分、同じく後半から出場した9番のヘディングでさらに追加点。2-0とする。国府は後半16分にも、こぼれ球をしっかりと決め3点目。
後半18分、鎮西は3人の選手を入れ替え3点を追う展開となった。
しかし後半37分、国府の9番は4点目を決め鎮西を突き放す。9番は後半だけで3点を決めハットトリック。
鎮西も最後まであきらめず、11番が体を張ったヘディングでゴールを狙ったが、惜しくもはじかれ得点につなげることはできなかった。
フォトギャラリーはこちら

準々決勝 11/7,8

11/8(日)
@ 嘉島町総合運動公園
11:00 星翔 0-3 国府
14:00 熊本商 0-0(PK9-10) ルーテル
PK戦
熊本商業 〇〇〇〇〇 〇〇〇〇×
ルーテル 〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇

11/7(土)
益城総合運動公園
11:00 大津 4-0 学園大付
14:00 秀岳館 1-2 鎮西


参照:熊本県サッカー協会

4回戦 10/31,11/1

◆シード校(4回戦より)

10/31
秀岳館グランド
11:00 秀岳館 2-0 慶誠
14:00 国府 2-0 必由館

@ 嘉島町総合運動公園
11:00 鎮西 5-1 八代工

14:00 学園大付 3-1 球磨工業

11/1
松前記念グランド
11:00 星翔 3-1 熊本農

14:00 ルーテル 1-0 開新

益城総合運動公園
11:00 大津 7-0 鹿本
14:00 熊本商 4-0 熊本工

3回戦結果 10/24,25

◆シード校(3回戦より)

10/25(日)
鎮西 5 – 0 小川工
熊本北 0 – 1 球磨工業
ルーテル 10 – 1 有明
必由館 2-1 城北
専大玉名 0 – 6 国府
菊池 0 – 13 学園大付

10/24(土)
※情報頂きました
鹿本商工 0 – 5 鹿本
開新 3 – 1 熊本西
八代 1 – 2 熊本工
矢部 0 – 4 熊本農
八代工 2 – 2(PK5-3) 第二
慶誠 4 – 2(延長)千原台

2回戦結果 10/10,11

10/11
矢部 12-0 球磨中央
北稜 0-13 熊本農
東稜 1-1(PK0-3)必由館
八代清流 0-4 小川工
南稜 1-2 八代工
慶誠 6-1 天草
翔陽 0-0(PK5-6)千原台
玉名 2-3 鹿本商工
松橋 0-5 鹿本
熊本北 2-0 文徳
球磨工業 3-1 熊本
牛深 0-7 菊池
開新 7-0 玉名工
八代 1-0 高専熊本

10/10
城北 2-1 済々黌
専大玉名 6-0 阿蘇中央
人吉 0-2 第二
天草工 1-3(延長)有明
御船 1-2 熊本西
九州学院 0-2 熊本工

1回戦 10/3,4

情報頂きました。ありがとうございます!

10/4
水俣 1-4 矢部
岱志 0-18 城北
八代農 1-4 南稜
翔陽 2-0 第一
千原台 5-0 上天草
玉名 2-1 真和
鹿本商工 4-0 天草拓心
マリスト 1-5 九州学院

10/3
宇土 0-5 球磨工業
開新 15-0 芦北
菊池農 0-23 熊本工

KFA 第 99 回全国高等学校サッカー選手権大会熊本県大会

<日程>

2020年9月26日(土)、27日(日)、10月3日(土)、4日(日)、
10月10日(土)、11日(日)、24日(土)、25日(日)、31日 (土)
11月1日(日)、7日(土)、8日(日)、14日(土)、21日(土)

<会場>予定

熊本県民総合運動公園
熊本農業高校
小川工業高校
東稜高校
熊本学園大学付属高校
ルーテル学院高校
秀岳館高校
東海大熊本星翔高校
大津町運動公園(スポーツの森・大津)・球技場

<大会概要>

優勝チ-ムは、全国高校サッカ-選手権大会に出場の義務を負う。
■ 競技方法
(1)ト-ナメント方式とする。
(2)試合時間は80分とし、勝敗が決しないときは20分の延長を行い、なお決しないときは、PK方式により次回戦に進出するチーム並びに優勝チームを決定する。

参照サイト:熊本県サッカー協会

熊本県内の地域ごとの最新情報はこちら
熊本少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2019年度>
優勝:熊本国府高校
準優勝:大津高校
第3位:秀岳館高校、ルーテル学院高校
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2018年度>
優勝:大津高校
準優勝:ルーテル学院高校
第3位:国府高校、東海大学附属星翔高校
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2017年度>
優勝:東海大学熊本星翔高校
準優勝:大津高校
3位:秀岳館高校・ルーテル学院高校
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

最後に

接戦を制し、全国大会への切符を手にしたのはルーテル高校でした。おめでとうございます。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスター九州中四国エリア責任者冬馬 瑠莉
Ruri Toma
熊本県出身。2017年1月からジュニアサッカーNEWSでお仕事をはじめ、もうすぐ5年目。

現在、熊本をメインに九州・中国・四国エリアを担当しています。

本年もどうぞよろしくお願いします(*^^*)
昨年はいろいろなことがあった1年でしたが、新しい発見もあった1年でした。
絶対一人暮らしなんかさせたら、まともな生活が送れないんじゃないの!?
と思っていた家庭科3以上もらったことのない長男が、ちゃんと自炊しているそうです(;゚Д゚)

行きたい高校なんて自分で選べないんじゃないの?と主人に言われていた次男も「○○高校に行きたい!絶対行きたい!」と自分で進路を選びました。(あとは合格できるように頑張るだけですが・・)

だんだん頼もしくなってくる子供たちに負けないよう、母もバージョンアップできるように頑張ろうと思います(*^^*)

みなさんのサッカー生活が少しでも楽しい思い出になるよう、お手伝いさせてくださいね♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top