ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【766,555円】クラウドファンディングご協力ありがとうございました


支援額は合計766,555円でした。ご支援いただいた皆様、情報拡散していただいた皆様、この度はご協力いただきまして誠にありがとうございました。

6/29 支援額766,555円(達成率15%)支援者数44名
6/25 支援額755,555円(達成率15%)支援者数40名
6/19 支援額454,555円(達成率9%)支援者数38名
6/16 支援額451,055円(達成率9%)支援者数36名
6/10 支援額433,055円(達成率8%)支援者数33名
6/8 支援額400,055円(達成率7%)支援者数30名
6/7 支援額397,055円(達成率7%)支援者数30名
5/30 支援額352,000円(達成率7%)支援者数24名

ジュニアサッカーNEWSを運営する株式会社グリーンカードは2020年4月9日にスポーツチーム支援プラットフォーム「グリーンカードサポーター」のサービスを開始し、よりチーム支援に注力するため2020年5月27日にクラウドファンディングCAMPFIREでプロジェクトを開始しました。
プロジェクトはこちら

グリーンカードサポーターとは?

グリーンカードサポーター
https://gc-support.net/
4/9よりOPEN!

初期費用無料で始められるスポーツチームを支援するためのプラットフォーム。
サイトに登録すると簡単に支援募集を開始できる。

月間150万人が訪問するジュニアサッカーNEWSとの連携でプロジェクトを加速。
支援者は匿名での支援から企業名でのバナー購入、グッズ購入など要望に合わせた支援が可能。

◆サービス利用手数料について
支援が成立した時のみ、弊社はチーム(大会)から支援金の一部をサービス手数料としていただく仕組みです。
しかし2020年9月30日までの約半年間は支援が成立しても手数料はいただきません
(新型コロナウイルスの収束状況により延長いたします)

クラウドファンディングCAMPFIREでプロジェクト挑戦中

まだまだグリーンカードサポーターに集まる支援が少ないため、皆様のお力をお貸しください。
支援金額は500円~100,000円までございますので、お気持ちに合った内容をお選びいただけます。
リターンには博多銘菓「通りもん」なども。

クラウドファンディングはこちら
【コロナウイルスに負けない】スポーツチームの存続危機を救おう(※別タブが開きます)

クラウドファンディングCAMPFIREプロジェクト支援金の使い道

2020年9月末までの支援チーム登録拡大、支援企業募集営業拡大、サービス認知の広報の為の活動費として活用させていただきます。

2020年5月28日現在
チーム登録数:118チーム
獲得支援金:約90万

クラウドファンディングを受けた後、9月末までの目標
チーム登録数:500チーム登録
獲得支援金:1,000万

リターン

500円プラン
シンプルに応援する支援です。CAMPFIRE内メッセージにてお礼差し上げます。
https://camp-fire.jp/projects/272775/backers/new?id=392693
1000円プラン
グリーンカードサポータースタッフより心を込めたメールを送らせていただきます。
https://camp-fire.jp/projects/272775/backers/new?id=382342
3000円プラン
・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページへお名前をテキストで掲載※希望者様のみ
・グリーンカードサポータースタッフより心を込めたメールを送らせていただきます。
https://camp-fire.jp/projects/272775/backers/new?id=392694
10,000円プラン
・博多通りもん(8個入)を贈らせていただきます。
・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページへお名前をテキストで掲載※希望者様のみ
・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。
https://camp-fire.jp/projects/272775/backers/new?id=427799
30,000円プラン
・博多通りもん(16個入)を贈らせていただきます。
・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページへ応援バナー(300X100px)掲載 ※希望者様のみ
・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。
https://camp-fire.jp/projects/272775/backers/new?id=382356
50,000円プラン
・博多通りもん(24個入)を贈らせていただきます。
・グリーンカードサポータープロジェクトオリジナルTシャツ白1枚を贈らせていただきます。(サイズ:S/M/L/XL)
・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページへ応援バナー(300X250px)掲載 ※希望者様のみ
・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。
https://camp-fire.jp/projects/272775/backers/new?id=392729
100,000円プラン
・博多通りもん(32個入)を贈らせていただきます。
・グリーンカードサポータープロジェクトオリジナルTシャツ白1枚、黒1枚を贈らせていただきます。(サイズ:S/M/L/XL)
・インタビュー記事を月間150万人が訪問するスポーツメディア「ジュニアサッカーNEWS」に掲載(30万円相当)※希望者のみ
(記事サンプル:https://www.juniorsoccer-news.com/post-742451)
・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページへ応援バナー(300X250px)掲載 ※希望者様のみ
・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。
https://camp-fire.jp/projects/272775/backers/new?id=392730

※応援バナー/テキスト掲載ページ グリーンカードサポーターサイト内

 

今、ほぼ全てのスポーツチームが壊滅的な大ピンチを迎えています。

新型コロナウイルス拡大に伴う支援依頼の声をお聞きください。
(FCアミーゴ 金坂監督)

新型コロナウイルスの影響で日々の活動停止を余儀なくされたほとんどのスポーツチームは、月謝という唯一の収入が得られなくなり、いつ活動再開できるか先が見えない中、資金の目途が全くたたずかつてない窮地に追い込まれています。

しかし、チーム活動維持のための固定費は今まで同様に支払いが求められています。

問題は「収入が月謝しかないこと」

練習再開ができない期間が3、4カ月と続くことが多くのチームを窮状に陥らせています。
その原因は「収入が月謝しかないこと」です。

私たちは今、収入が月謝しかなかったチームにスポンサーを確保しようという活動を始めています。
超強豪チームや全国レベルのチームにしかついていなかったスポンサーを、もっと小口にして多くの人に周知してもらい、地元のチームを支えてもらう。選手たちにも地元の人から支えられているという実感を持ってもらい、感謝の気持ちを育てていく。
そして、地元のみんなが、OBが、そのチームを支えていくという体制を作る。

そのために立ち上げたのが支援を求めるチームと支援者のマッチングができる「グリーンカードサポーター」です。

支援依頼のチーム登録は100件を突破。しかし・・・

「グリーンカードサポーター」オープン後、すぐにアマチュアスポーツチームから登録の申し込みが続々と入り、オープンから1か月半経った現在、チームの登録数は100件を超えました。日々増えるチームとのやり取りの中で寄せられた声から、どれだけ現場が苦しい状況か痛感させられました。

それに対し支援者は現在40人ほどしか集まっていません。

今後ますますチームの登録者数は増えていく中で、それに応えるだけの支援者が圧倒的に足りていない状況なのです。

ならばどうしたらいいか。

このサービスをもっと世の中に広める為、チームに必要な数だけのスポンサー募集活動をもっともっと行うなど、あらゆる広報活動を駆使する為に私たちは今回のクラウドファンディングに踏み切りました。

今回の件でたくさんの指導者の皆様と話す機会をいただき、不測の事態が起きてもチーム活動が存続出来るチーム基盤を作ることの重要性を共有することが出来ました。

こういった指導者の皆様を全力でサポートしていきたいと考えておりますので、皆さま情報の拡散など出来る範囲でのご協力頂けましたら幸いです。

クラウドファンディングはこちら
【コロナウイルスに負けない】スポーツチームの存続危機を救おう(※別タブが開きます)

関連記事

まだ体力があるうちに!指導者の皆様、今すぐにチームの経営を守る支援策を利用すべきです。

ジュニアサッカーNEWSを運営する株式会社グリーンカードが手がけるスポーツチーム専用クラウドファンディングサイト「グリーンカードサポーター」がオープンしました!

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top