ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

JFAが2023年女子サッカーW杯招致撤退『撤退することでアジアの連帯を強固に』最終候補地はオーストラリア/ニュージーランドとコロンビア!日本との時差や気温は?

日本サッカー協会(JFA)は6月22日、開催国として立候補していた2023年度のFIFA女子ワールドカップ(W杯)の招致活動から撤退することを決定しました。

日本が撤退したことで、最終候補地として残った国は共同開催を目指すオーストラリア/ニュージーランドとコロンビアとなりました。日本との時差、気温などを参考としてまとめてみました。

↓本文は写真の下から始まります↓

JFA、2023年度FIFA女子W杯招致からの撤退決定
『より多くの国での開催が普及や発展に繋がる』

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は以下のようなコメントを発表しています。

世界的な女子サッカーの普及や発展ということは当然ですが、より多くの国で大規模大会の開催が可能となる共同開催が近年の世界のトレンドになりつつあります。また、6月8日にブラジルが立候補を取り下げたことが、南米サッカー連盟の票の一本化につながったのは自明の理であり、既にASEANサッカー連盟がオーストラリア/ニュージーランドへの支持を表明するなど、他の大陸連盟にも大きな影響を与えることになっています。

こういった状況もあり、数多くのFIFA大会を開催してきた日本で女子ワールドカップを開催することは、世界的な普及や発展という観点から賛同を得にくいのではないかという根強い意見がありました。男子とは異なり、年齢制限のないチームで女子の世界一を決める大会は、FIFA女子ワールドカップとオリンピックの2つがあります。新型コロナウイルスの影響によってその女子サッカー最高峰を決める2つの大会が、短期間に同じ国で開催されることに対する抵抗感が強まったことも感じました。

参照:JFA,jp

オーストラリア/ニュージーランドが日本を上回る評価獲得
日本が撤退することでアジアの連帯を強固に

2023年度大会には日本の他、共催を目指すオーストラリアとニュージーランド、コロンビアが候補地として残っていました。6月10日に公表された国際サッカー連盟(FIFA)の評価報告書によれば、日本の提案やサッカーを取り巻く環境は高い評価を受けていたといいます。

しかし、南米連盟ではブラジルが撤退して候補がコロンビアに一本化され、東南アジア諸国連合(ASEAN)連盟がオーストラリア/ニュージーランド共催案を支持するなど、日本の評価を上回りました。これらのことも招致撤退を決める判断材料になったようです。

JFAは長年にわたり、指導者の派遣などを含めるアジア全域での女子サッカーの普及に取り組むことでアジアの女子サッカーを世界レベルに押し上げることに尽力してきました。今回、日本が招致撤退をすることで、アジアの連帯を強固にし、アジア/オセアニア地域へのW杯招致の確率を高めることもアジアサッカーへの貢献に繋げられるという考えを示しています。

「撤退の決定については、慎重に、何度も議論を重ねました。これまでの招致活動に多大なご支援をいただいた関係者の皆さまには心から感謝申し上げます。我々はこれからも困窮しているサッカークラブなどへの支援を継続し、安全に楽しくサッカーができる日常を取り戻せるよう力を注ぐとともに、多くの女子選手がWEリーグで活躍し、W杯でもう一度優勝できるよう、なでしこジャパンを全力でサポートしていきます。」

田嶋会長はこのように締めくくり、今回の決断への理解を求めました。

参照:JFA,jp

最終候補地として残る国
日本との時差や気温の影響は?

最終候補国として残る、共同開催を目指すオーストラリア/ニュージーランドと、コロンビア。
日本との時差や気温についてまとめてみました。

日本との時差

オーストラリア    1時間
ニュージーランド   3時間
コロンビア    14時間

最終候補地 主要都市の気温

候補地に残っている国の主要都市の7月と8月の最高気温と最低気温を調べてみました。
※候補地が以下の都市かどうかは分かっていませんので、あくまでも参考としてご覧ください。

7月、8月は冬 オーストラリアとニュージーランド

オーストラリアもニュージーランドも7月と8月は冬となり、日中の気温は17℃〜27℃、寒い所では10℃前後のようです。冬とはいえ、日中はそこまで気温が下がることも少なく、サッカーに適した気候と言えるかもしれません。ただ、夜(最低気温)になると、どの都市も1桁台と低くなるので気温差は激しいと言えそうです。

オーストラリア:ブリスベン、シドニー、メルボルン
ニュージーランド:オークランド、ワイカト、ウェリントン、ダニーディン

都市により気温差があるコロンビア ボゴタの7月、8月はベストシーズン!

コロンビアには四季はなく、雨季と乾季が交互に2回ずつ訪れます。
バランキジャは雨季も長く、気温も高いようですが、ボゴタでは、7月と8月は過ごしやすい乾季となり、ベストシーズンと言われているようです。

コロンビア:バランキジャ、ボゴタ

図、グラフはジュニアサッカーNEWS作成
参照:【2020年版】オーストラリアの気候とおすすめの服装を解説!JTB旅物語 関西発 ニュージーランド特集Weather Sparkウィキペディア ボゴタ、他

最後に

女子サッカーだけの世界大会が自国で開催されることには、普及などにおいても大きな影響があることが期待されていただけに残念ではありますが、来年に控えるオリンピックの開催やコロナ禍で貧窮するクラブへの支援を優先させるという観点では賢明な判断だったとも言えるでしょう。

2021年度には国内初となるプロリーグ、WEリーグが始まります。このリーグが2023年度の女子W杯の景気付けとなり、女子サッカーがますます盛り上がることを期待しています。

関連記事

名称は『WEリーグ』!女子プロサッカーリーグ誕生!【2021年秋開幕】 女子サッカーを応援しよう!リーグの歴史・現なでしこリーグ編成も紹介!

なでしこJAPAN 長谷川唯選手『出来ないからこそ出来た時が楽しい!すべてをプラスに変える!』全国の高校女子サッカー選手に送るエール

【更新】クラブユースU-15、バーモントカップ、インハイ(高校総体)、中総体は中止が決定・サッカー大会の年間予定をチェックしよう!カレンダー2020年度【全国47都道府県別まとめ】

JFA U-18サッカープレミアリーグ2020も中止が決定、プレミア・プリンス合同リーグ創設へ!随時更新中【2020年度 最新日程をチェック!】延期・変更or中止情報 新型コロナウイルス拡大による各地サッカー大会一覧

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2019年8月にライター歴2年目に突入、サッカー娘の母歴は9年目に入りました。
サッカーを通して良いご縁がたくさん。出会った方々に感謝の日々です。

湿度が高くなってきましたね。『換気』は1日何回か行っていますが「和室の襖がちょっとふやけてないか?」っていう日もあるほど!
エアコンや除湿器でなんとか凌いでおります。

子供たちの学校は分散登校を経て、通常授業が再開されました。
マスクするのは暑いでしょうから、熱中症にも注意が必要ですね。

なんとか工夫して夏を乗り切りましょう!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top