ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2020年度 愛知県U-13サッカーリーグ<TOP/1部/2部>10/24,25更新!入力ありがとうございます!次回10/31,11/1

9月から開催されている「2020年度 愛知県U-13サッカーリーグTOP/1部/2部 」についてお知らせいたします。

10/24,25に行なわれた結果を更新しました。結果入力のご協力いつもありがとうございます!
今年度は1回戦総当たりとなっています。ジュニアユースとして初のリーグ戦♪トライ&エラーを繰り返しながら成長の機会を大切に頑張ってください!

▽10/24  4-0で勝利し3連勝!勝点6が並ぶ中、TOPリーグ首位に躍り出た愛知FC庄内
写真参照:愛知FC庄内ブログ

2020年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お願いします!

情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

リーグ戦表

結果を試合会場から入力できる、リーグ戦を作成しました。他の会場の結果もわかります。
1試合から結果を入れていただけます。PC・スマホからでもご自由に入力してください!

TOPリーグ 10/24結果更新!入力ありがとうございます!

愛知FC愛知FC庄内FC豊川名東クラブみよしFC尾張FCラランジャ豊川WyvernFC豊田AFCドルフィンFC東海スポーツ愛知FC一宮Nagoya SS

リーグ戦績表←スコアなど詳しくはこちら

1部リーグ 10/17結果更新!入力ありがとうございます!

モノリスFC刈谷JYB、FC ToyoakeシルフィードFCSC豊田高浜FC緑FC名古屋FC瀬戸FCFC DIVINE愛知FCB、フェルボール小牧

リーグ戦績表←スコアなど詳しくはこちら

2部リーグ 10/18結果更新!入力ありがとうございます!

フェルボール愛知B、FC DREAM知多クレスクVIDA FC ホッツ豊橋デューミラン名東クラブB、愛知FC庄内B、ブリンカールオステンFCGloubsFC Himawari

リーグ戦績表←スコアなど詳しくはこちら

関連記事

JY情報
2020年度 JFA U-13地域サッカーリーグ東海
2020年度 AIFA 愛知県ユース U-13サッカーリーグ3部リーグ
2020年度 高円宮杯 JFA U-15 サッカーリーグ東海
2020年度 高円宮杯JFA 愛知U-15サッカーリーグ TOP,1部,2部
2020年度 高円宮杯JFA 愛知U-15サッカーリーグ 3部
2020年度 JリーグU-14 ボルケーノリーグ(東海)
2020年度 Liga Leste Mar/リーガ レスチ マールU-14 東海交流リーグ
2020年度 U-13教育リーグ東海

おすすめまとめ・コラム
【2020年度 クラブユースサッカー選手権U-15まとめ】全国クラブチームの頂点へ!【47都道府県】
【2020高円宮杯U-15】全日本ユースU-15サッカー選手権大会(代表決定戦,プレーオフ)【47都道府県別】
【U-15強豪チーム&私立中学に入りたい!】2020年度進路情報・2019年度の強豪チーム&中学一覧
【高校サッカー強豪校に入りたい!】選手権&インハイ&新人戦 都道府県ベスト8【2020年度進路情報】
【トレセン分析】2018年度ナショナルトレセン後期(U-14)アカデミー
【トレセン分析】2018年度ナショナルトレセン後期(U-14)東海
チームメイトの成長に驚いた方必見!我が子の成長スパートはいつくるの?「爆発的成長期」に備えよう!

2020年度 サッカーカレンダー【愛知県】年間スケジュール一覧

2020年度 愛知県リーグ表一覧

2020-2021【愛知県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ

AIFA U-13 サッカーリーグ2020 TOP、1部、2部

日程

2020年9月~2021年3月。各ブロックで日程を調整して行う。

会場

愛知県下サッカー場及び学校グラウンド

大会概要

主旨
(公財)愛知県サッカー協会は、(公財)日本サッカー協会が推進する年間を通したリーグ戦文化の定着の実現に向け本リーグを実施する。これを受けて県全体での拮抗したリーグ戦を行うことにより3種年代全体のレベルアップをはかる。

主催
(公財)愛知県サッカー協会

主管
(公財)愛知県サッカー協会3種委員会

参加資格
(1)原則として、 (公財)日本サッカー協会に2020年7月31日までに第3種登録したチーム及び2007年4月2日以降に生まれた選手。また、第4種登録し、クラブ申請したチームに所属するU12の選手。ただし女子加盟チーム所属の選手については、学校チームに限りその中学校に在籍している者は、移籍手続きを行うことなく参加することができる。

(2) 複数チームの参加は認めるが2チームまでとする。
(3) リーグの全日程に必ず参加できること。
(4) 審判が帯同できること。(必ず2名帯同し、そのうち1名は3級以上)
(5) 学校チームは学校長の承認があること。
(6) 参加チームは必ず傷害保険に加入していること。(学校チームにおいて、スポーツ振興センターに加入している選手はこの限りとしない)
※大会中に生じた事故やけがについて主催者は応急処置を行いますが、それ以外の責任を負いません。

出場チーム
AIFA U-13 サッカーリーグ2019の成績によって
TOPリーグ・・・12チーム
1部リーグ・・・12チーム
2部リーグ・・・12チーム
3部リーグ・・・36チーム(A・B・C・Dブロック―各12チーム)
※このリーグに出場した学校チームはAIFA 中学校U-13選手権大会地区予選への出場は不可とする。

 競技方法
(1) 12チームによるリーグ(1回戦総当たり11試合)を基本とする。組合せは各リーグにて決定する。これによる本年度の昇降格は行わない。
※ 東海U-13リーグが開催できない状況になった場合は、東海U-13リーグ所属の愛知県内チームがTOPリーグに入ってリーグ戦を行う。この場合、競技方法を変更して行う可能性がある。
(2) 試合時間は60分(前後半30分)とする。
(3) ハーフタイムのインターバルは原則として前半終了から後半開始まで10分以内とする。
(4) 勝ち点は、勝ち3、引き分け1、負け0、とし勝ち点が同じ場合には、得失点差→総得点→当該成績、それでも決しない場合には抽選を行う。

入れ替え
今年度なし

レギュレーション

(1) (公財)日本サッカー協会の「サッカー競技規則 2020/2021」による。
(2) 大会選手登録については事前エントリーはなしとする。
(3) 試合当日にメンバー表を提出(当日 18名を選択)する。選手交代は登録選手18名以内の再交代とする。
(4) ベンチ入りできる人員は最大 12 名(監督1名、コーチ4名、選手7名とする)
(5) 複数チームの監督を兼ねることはできない。(コーチを兼ねることは可)
(6) 本大会において退場を命じられた選手は、次の1試合に出場できず、それ以降の処置については、本大会規律フェアプレー委員会によって決定する。
(7) 本大会期間中に警告2回を受けた者は次の1試合に出場できない。

大会概要抜粋(参照:愛知県サッカー協会)

参加チーム

<TOP 12チーム>
モノリスFC刈谷JYB、FCToyoake、シルフィードFCSC豊田高浜FC緑FC名古屋FC瀬戸FC、FCDIVINE、愛知FCB、FER小牧

<1部 12チーム>
モノリスFC刈谷JYB、FCToyoake、シルフィードFCSC豊田高浜FC緑FC名古屋FC瀬戸FC、FCDIVINE、愛知FCB、FER小牧

<2部 12チーム>
FER愛知B、FCDREAM、FC愛知、VIDAFCホッツ、豊橋デューミラン名東クラブB、愛知FC庄内B、FCブリンカール、オステンFCGloubsFC、FCHimawari

愛知県内の地域ごとの最新情報はこちら
愛知少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2019年度>
TOP
優勝 :名古屋FC EAST(東海参入プレーオフ出場)
準優勝:愛知FC
第3位:愛知FC庄内

1部
優勝 :東海スポーツ
準優勝:愛知FC一宮
第3位:Nagoya SS

2部
優勝 :FC DIVINE
準優勝:愛知FC B
第3位:FCフェルボール小牧
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2018年度>
TOPリーグ
優 勝:名古屋FC EAST
準優勝:愛知FC
第3位:愛知FC庄内

1部リーグ
優 勝:尾張FC
準優勝:FC豊川
第3位:刈谷JY B

2部リーグ
優 勝:緑FC
準優勝:WYVERN刈谷
第3位: FCフェルボール愛知B
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2017年度>
TOPリーグ
優勝:刈谷JY
2位:三好FC

1部リーグ
優勝:豊田AFC
2位:ラランジャ豊川

2部リーグ
優勝:刈谷JY(B)
2位:FCToyoake
結果詳細はこちら(参照:東海クラブユースサッカー連盟)

<2016年度>
TOPリーグ
優勝:愛知FC庄内
2位:名古屋FCE

1部リーグ
優勝:尾張クラブ
2位:モノリスFC

2部リーグ
優勝:FCホッツ
2位:FC豊川
結果詳細はこちら(参照:東海クラブユースサッカー連盟)

最後に

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存知の方はぜひ情報提供おまちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top