ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

東京五輪は「シンプル化」へ? 川渕三郎氏「無観客試合」代替え名称公募呼び掛け ほか 6/1〜5 スポーツトレンドニュース一気読み!

1週間のスポーツ・サッカー界の動きを全部まとめて一気読み!

サッカーの動き

久保は「メッシと同じレベルに立っている」 スペイン大手紙も大々的に報道「類似点は明確」

データサイト「Alebia Analytics」は「国内最高のドリブラートップ20」を公表。久保とメッシの2選手が1試合あたりのドリブル回数で「5.4回」を記録し、トップタイであることを明らかにした。

青森山田をサポートする山本晃永氏も指導。『オンラインスタジオ NEXTスポーツ&コンディショニング』サービス始動

『オンラインスタジオ NEXTスポーツ&コンディショニング』では、日本のトップアスリートをサポートする有名コーチ陣による、スポーツ医科学に基づいた最先端トレーニングをオンラインでライブ配信。

欧州のサッカーチーム、メディア企業の様相を呈しはじめる

サッカークラブはひとつの独立したメディアビジネスの様相を呈してきているなか、彼らの収益モデルはこれまでのスポンサーシップモデルからコンテンツ制作と配信へとフォーカスを移しつつある。

ファンに関する情報をできる限り収集するための予算をクラブたちはますます増やしている。サッカーファンをより理解すればするほど、ほかのチームではなく自分のチームでメディア予算を使うべきだと、広告主たちを説得することが容易になるのだ。パブリッシャーのように、FCバルセロナはサブスクリプションを使って、より多くのデータを獲得しようと考えている。

富山県内のサッカークラブユースチームを高校監督有志が支援「少しでも助けてあげたい」

富山国際大付や龍谷富山、不二越工、片山学園、高岡第一、高岡龍谷、高岡向陵、富山第一の監督有志が発起人となって、支援に向けた寄付を募ることになった。富山第一の大塚一朗監督は「クラブチームは子供たちがスポーツの機会を増やすという社会的な役割を担ってきた。危機にひんしており、少しでも助けてあげられれば」と話した。

【県高校スポーツ大会】本格始動へ練習試合解禁 開催まであと2週間

来月13日に予定されているSSP杯サッカーの1回戦を見据え、佐賀市の佐賀学園は北陵と3試合を組んだ。1年生にとっては初めての試合で、全力でボールを追う部員にベンチの応援も白熱した。大家裕司監督は「試合という目標があることで部員のモチベーションが上がり、練習にも力が入る」と手応えを話した。

スポーツの動き

“シンプル五輪”見直し対象200項目…コロナ封じ+節約、安心安全な大会へ政府「完全な形」固執せず

組織委の高谷正哲スポークスパーソン(SP)は「現段階で決まっているものはなく、今後も検討を継続する」と述べたが、着手されている見直しの対象は大小200項目にもわたるという。ある大会関係者は、追加経費が3000億~6000億円規模ともいわれるのを踏まえ「1000億円規模の節減でなければ意味がない」と指摘

東京五輪簡素化 小池知事、森会長が方針一致 安倍首相「完全な形」に縛られず

世界的な感染拡大が止まらず、ワクチンの開発も見通せない中、開幕まであと1年1カ月あまり。安倍晋三首相が掲げる「完全な形」での開催に縛られず、中止を回避するための代替案として大会運営を本格的に模索する狙いがある。

フェンシング、インターハイ代替で全国大会開催計画

新型コロナウイルス感染拡大の影響で史上初の中止となった全国高校総合体育大会(インターハイ)の代替救済策として、フェンシングの全国オープン大会「HighSchoolJapanCup2020」の開催が計画されていることが3日、実行委員会から発表された。プロジェクトが成立すれば、インターハイ実施競技では初となる全国大会の代替開催が実現する。

高校球児、聖地に呼ぶ!日本高野連、8月に甲子園球場の使用検討

日本高野連が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止とした全国高校野球選手権の期間中(8月10~25日)に、甲子園球場を使用するための検討を始めたことが3日、分かった。

川淵三郎氏「無観客試合」代替名称公募呼び掛け

「無観客試合」に代わる名前を考えませんか―。団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構・川淵三郎会長(83)が3日、同機構ホームページ上で代替名称のツイッターでの公募を呼びかけた。

阪神甲子園球場オフィシャルオンラインショップにおいて「おうちで甲子園満喫!キャンペーン」を開催します!

第1弾は6月1日(月)から6月30日(火)までの期間限定で阪神甲子園球場オフィシャルオンラインショップにおいて「甲子園満喫セット」(2種類)を販売いたします。プロ野球公式戦が無観客での開幕となり、しばらく阪神甲子園球場に足を運んでいただくことができないことから、ご自宅でも阪神甲子園球場を体感できるよう甲子園名物をセットにいたしました。

高校で部活の全体練習再開

旭川大高校の陸上部は、去年まで52年連続で出場していた全国高校総体の開催が中止されることになったため、今は、来月急きょ市内で開かれることになった大会に向け気持ちを切り替えて練習に励んでいるということです。

【男子新体操】「取り戻せ!高校生の夏」インターハイ代替大会・新体操フェスタ岐阜、開催決定!

同フェスタは、「第5回全日本男子新体操クラブ選手権大会」と、「第28回全日本男子新体操社会人選手権大会」を併せて行うもので、昨年からは「マスターズRGレディース」という女子の新体操愛好家の大会も併設されている。

高校空手、ネットで全国大会 インターハイの代わりに

大会名は「形インターネットGP(グランプリ)」。参加希望者は12日までに同専門部のウェブサイト上で申請し、21日までに指定された形と自由に選択した形の2種類の音声付き動画を提出。男女とも次のラウンドに進出した上位16人は別の形の動画をさらに二つ送り、7月12日に最終結果が発表される。

DeNA、スタジアムグルメのデリバリー開始! 無観客試合も全12種類が自宅で楽しめる

6月19日からの無観客での開幕にあたり、自宅で試合を観戦されるファンに向け横浜スタジアムでしか食べることができなかった商品やデリバリーサービス限定のオリジナルセットメニューなど全12種類を用意。

デリバリーサービスは、球団が運営する複合施設「THE BAYS(ザ・ベイス)」1F「&9(アンド・ナイン)」で調理され、横浜を中心にデリバリーサービスを展開

【野球】東京が独自大会の開催発表 東西V校対決も検討

中止された今夏選手権に代わる「2020年夏季東西東京都高等学校野球大会」の開催を発表した。
​夏の東京NO・1を決めるトーナメントになるかも知れない。公式戦として優勝旗も用意。7月18日開幕で、決勝は8月中旬を想定。
​欧州のサッカーチーム、メディア企業の様相を呈しはじめる

休校で部活もオフ…部活指導員の休業手当はどうなるの?

もし派遣会社が、そのような休業回避のための具体的な努力をせずに派遣社員を休業させる場合には、「不可抗力」による休業とはいえず、平均賃金の6割以上の休業手当を派遣社員に支払うべきであると考えられます。

教員いじめ、部活動差別も… 6年で教員69人退職の学校を提訴

訴えによると、学苑は方針と対立する教員や部活動を差別的に扱い、サッカー部顧問や野球部監督を解任。学苑が関連会社を通じて運営するテニス教室を優遇し、サッカー部のグラウンドをテニスコートにしたほか、屋内コートを生徒より優先して使わせている。

スポーツは「見る」“だけ”でも健康になる? 東京五輪前に知りたい脳と身体への影響

米ユタ大学のポール・バーンハード教授のグループが、米国内でブラジルファンが集まったレストランと、イタリアのファンが集まったピザのレストランで、それぞれテレビで試合を観戦していたファン(両サイド合わせて計21人)の男性の唾液を採取し、テストステロン値を調べた。優勝したブラジルを応援していたファンのテストステロン値は高いままだったが、負けたイタリアを応援していたファンのテストステロン値はやや低くなっていたという。

コロナ関連

石毛秀樹、宮本航汰が清水高部東小訪問…コロナ感染拡大防止で児童と触れ合えず

J1清水エスパルスMF石毛秀樹(25)とMF宮本航汰(23)が3日、清水高部東小を訪問した。新型コロナウイルス感染拡大防止のためハイタッチやゲームなどの交流はなし。周りと距離を取りながら校庭に座る6年生約100人を前に朝礼台に上がって話をした。

東京アラート発動の小池知事「電車また混んできた」

休業要請の緩和などに向けたロードマップのステップ3に進むことについては「各業界で、国と連携してガイドラインを設けたところがある。それが必要になる。スポーツジムの再開も、ガイドラインを作って、それを業界で守るということだから」と説明。その上で「感染症という薬もワクチンもない未知の感染症と戦っているということを、皆さんにお伝えしたい」と訴えた。

関連記事

【6/5最新情報】2020高校総体インターハイ 代替大会 開催は?大会形式は?【47都道府県開催状況まとめ】

「東京アラート」って何?サッカーのチーム活動や試合への影響は?

代替え名称公募「#無観客試合を変えよう」川淵三郎氏が呼び掛け 6/9までTwitterで受付「どんな形であれ、ファンとつながっている。無観客ではないのです。」

富山県内高校のサッカー部監督がユースチームを支援!「街のサッカーチームを守りたい!」この思いを形にしよう!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2019年8月にライター歴2年目に突入、サッカー娘の母歴は9年目に入りました。
サッカーを通して良いご縁がたくさん。出会った方々に感謝の日々です。

湿度が高くなってきましたね。『換気』は1日何回か行っていますが「和室の襖がちょっとふやけてないか?」っていう日もあるほど!
エアコンや除湿器でなんとか凌いでおります。

子供たちの学校は分散登校を経て、通常授業が再開されました。
マスクするのは暑いでしょうから、熱中症にも注意が必要ですね。

なんとか工夫して夏を乗り切りましょう!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top