ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

富山県内高校のサッカー部監督がユースチームを支援!「街のサッカーチームを守りたい!」この思いを形にしよう!

1年の4分の1の月謝が多くのスポーツチームで「なかったこと」になりました。しかし、建物・運用費・リースなどの固定費はかかり続け、多くのチームを圧迫しています。3月から5月の間に起きた事態だったということもあり、新入生の募集にも差しつかえたチームも数多くあります。

子供たちが大好きなサッカーが再び、思い切り出来るようになる前に、存続さえも出来なくなってしまうチームやスクール、サッカー施設などが全国に多くあります。

この未曾有の事態に、様々な団体が支援に動き出しています。

↓本文は写真の下から始まります↓

富山県内のサッカークラブユースチームを高校監督有志が支援「少しでも助けてあげたい」

富山国際大付や龍谷富山、不二越工、片山学園、高岡第一、高岡龍谷、高岡向陵、富山第一の監督有志が発起人となって、支援に向けた寄付を募ることになった。富山第一の大塚一朗監督は「クラブチームは子供たちがスポーツの機会を増やすという社会的な役割を担ってきた。危機にひんしており、少しでも助けてあげられれば」と話した。

参照:YAHOOニュース

富山県では高校サッカー部の監督有志が発起人となり、クラブチーム支援の寄付を募るという取り組みを独自に始めました。このとても素晴らしい取り組みは、チーム存続に奮起する指導者やスタッフの方々の大きな力となることでしょう。

こうした取り組みが個人ベースで少額から行える方法があれば、存続の危機に瀕したチームへの「支援の輪」がどんどん広がっていくのではないでしょうか。

チーム支援をすぐに形に出来るサイトがあります。
【グリーンカードサポーター】

 

グリーンカードサポーター

「支援したい」という思いを、個人でも、企業でも、すぐに形に出来るマッチングサイトがあります。

弊社、ジュニアサッカーNEWSを運営する、株式会社グリーンカードが立ち上げた、支援を求めるチームと支援者を繋げるマッチングサイト、「グリーンカードサポーターです。

HPなどに設置するバナーをご購入頂くことで、チームへの活動運営費の不足分の充当や、チーム強化の為の必要備品の購入費など、様々な支援として寄付が出来るという仕組み。

月々の支援を1年間継続することによってチームに長期的展望をもたらすオフィシャルスポンサープラン、単発で少額から支援ができるミニスポンサープラン、動画CMやバナー掲載など、さまざまな形でチームを支援できる大会支援プランの3つをご提案しています。

詳しくはこちら
支援を希望される方へ

5月25日現在、支援依頼のチーム登録は100件を突破。しかし・・・支援者は現在20人ほどしか集まっていません。

「グリーンカードサポーター」オープン後、アマチュアスポーツチームからの登録申し込みが続々と入り、5月25日現在で、チームの登録数は100件を超えました。日々増えるチームとのやり取りの中で寄せられた声から、どれだけ現場が苦しい状況かを痛いほど感じています。

それに対し支援者は現在20人ほどしか集まっていません。

今後ますますチームの登録者数が増えていく中、それに応えるだけの支援者が圧倒的に不足している状です。

この現状をどうしたらいいか。

このサービスをもっと世の中に広める為、チームに必要な数だけのスポンサー募集活動をもっともっと行うなど、あらゆる広報活動をする為に私たちは今回、クラウドファンディングに踏み切りました。

【500円からお力をお貸しください】
クラウドファンディング設立〜活動を幅広く知って頂くために

画像引用:グリーンカードプロジェクトHP

今回のクラウドファンディングの目的

①支援を必要としているチームへの呼びかけ/登録の規模拡大
目標:2020年9月末までに500チーム登録
(※2020年5月15日現在約80チーム登録完了)

②支援者を増やしていくための広報活動、営業体制の確立
目標:2020年9月末までに1,000万円以上の支援金を集める
(※2020年5月25日現在の支援金額は約30万円)

参照:グリーンカードプロジェクトHP

このクラウドファンディングで集めた資金の使い道

グリーンカードサポーターの手数料無料期間(~2020年9月末)までの活動費として
1.緊急支援が必要なチームに対する集中対策費
2.支援チーム募集活動費・チーム収益化サポート活動費 3名稼働
3.スポンサー獲得営業費 3名稼働参照:グリーンカードプロジェクトHP

500円から出来る支援の方法

支援の思いをもっと手軽に形にして頂くために、500円からプランをご用意しました。
ご支援頂くプランとリターンをご紹介します。

詳しくはこちら
クラウドファンディング支援方法

リターンのご紹介

◆500円
限定数:400

・シンプルに応援する支援方法です。CAMPFIRE内メッセージにてお礼差し上げます。

◆1,000円
限定数:300

・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。

◆3,000円
限定数:100

・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。
・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページ(https://gc-support.net/project-sponsor/ )へお名前をテキストで掲載※希望者様のみ

◆10,000円
限定数:50

・博多通りもん(8個入)を贈らせていただきます。
・「グリーンカードサポーター」」のプロジェクトスポンサー一覧ページ へお名前をテキストで掲載※希望者様のみ
・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。

◆30,000円
限定数:40

・博多通りもん(16個入)を贈らせていただきます。
・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページ へ応援バナー(300X100px)掲載 ※希望者様のみ
・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。

◆50,000円
限定数:30

・博多通りもん(24個入)を贈らせていただきます。
・グリーンカードサポータープロジェクトオリジナルTシャツ白1枚を贈らせていただきます。(サイズ:S/M/L/XL)
・「グリーンカードサポーター」」のプロジェクトスポンサー一覧ページ へ応援バナー(300X250px)掲載 ※希望者様のみ
・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。

◆100,000円
限定数:10

・博多通りもん(32個入)を贈らせていただきます。

・グリーンカードサポータープロジェクトオリジナルTシャツ白1枚、黒1枚を贈らせていただきます。(サイズ:S/M/L/XL)

・インタビュー記事を月間150万人が訪問するスポーツメディア「ジュニアサッカーNEWS」に掲載(30万円相当)※希望者のみ

(記事サンプル:https://www.juniorsoccer-news.com/post-742451

・「グリーンカードサポーター」のプロジェクトスポンサー一覧ページ(https://gc-support.net/project-sponsor/ )へ応援バナー(300X250px)掲載 ※希望者様のみ

・スタッフより心のこもったメールを送らせていただきます。

参照:グリーンカードプロジェクトHP

最後に

富山県内の高校サッカー部の監督の有志による寄付を募る取り組みなどから、日本中で危機にさらされているサッカーチームを救いたいという気持ちを持っている方々が多くいらっしゃることが分かります。

「支援したいという気持ちはあっても具体的な方法が分からない」という方に是非知って頂きたいのが「グリーンカードサポーター」です。
私たちには街のサッカークラブへの暖かい思いをすぐに形に出来る仕組みがあります。

現在は、この活動をより多くの方に知って頂くためのクラウドファンディングも設立しました。是非皆様のご支援を賜り、ひとつでも多くのチームの助けになれたらと思っております。

関連記事

ジュニアサッカーNEWSを運営する株式会社グリーンカードが手がけるスポーツチーム専用クラウドファンディングサイト「グリーンカードサポーター」がオープンしました!

まだ体力があるうちに!指導者の皆様、今すぐにチームの経営を守る支援策を利用すべきです。

サッカーチームの皆さまへ 関連の経済支援の窓口をご紹介 スポーツイベントの消毒用アルコールの経費支援から中小・小規模事業者窓口まで

【更新】オリンピック延期、バーモントカップ、インハイ(高校総体)、中総体は中止が決定・サッカー大会の年間予定をチェックしよう!カレンダー2020年度【全国47都道府県別まとめ】

JリーグJ2・J3は6/27、J1は7/4再開!メニコンカップ2020の中止が決定!随時更新中【2020年度 最新日程をチェック!】延期・変更or中止情報 新型コロナウイルス拡大による各地サッカー大会一覧

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2019年8月にライター歴2年目に突入、サッカー娘の母歴は9年目に入りました。
サッカーを通して良いご縁がたくさん。出会った方々に感謝の日々です。

湿度が高くなってきましたね。『換気』は1日何回か行っていますが「和室の襖がちょっとふやけてないか?」っていう日もあるほど!
エアコンや除湿器でなんとか凌いでおります。

子供たちの学校は分散登校を経て、通常授業が再開されました。
マスクするのは暑いでしょうから、熱中症にも注意が必要ですね。

なんとか工夫して夏を乗り切りましょう!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top