ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

スタジアムに届け!俺たちの思い! リモート応援や投げ銭がサッカー界の新たなトレンドに⁉


Jリーグ各チームの練習が続々との再開され、リーグの再開もだんだんと近づいてきました。

5月21日に政府の専門家会議、22日にJリーグ・NPBの連絡会議をふまえた上で、5月29日に今後の方針がまとめられる予定です。再開に向けたガイドライン案によると、まずは無観客での試合開催、その後に制限付きの試合開催と段階を踏んで進めていく計画です。

その無観客や制限付きでの試合を、自宅でテレビやネット中継を見ながら楽しめるシステムが構築されつつあるのでご紹介します。

少しでも早く新型コロナウイルスが収束し、子どもたちが安心してサッカーができるようになることを願います。

↓本文は写真の下から始まります↓

スタジアムにいなくても試合中の選手たちを応援できる方法とは⁉

自分の声援を届けられる新技術

サッカーや野球、ラグビーなどのスポーツに声援は欠かすことができません。白熱の大歓声が選手の心境に変化を与え、パフォーマンスに影響することも少なくありません。しかし現在、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、スポーツイベントにおいても多くの活動が制限されています。

そこで今回、静岡県内の2クラブとスタジアムの協力を得て、テレビやラジオ、インターネットなどを通じて離れた場所から観戦するファンやサポーターの熱い声援をスタジアムに届けるための実証実験を行いました。

(参照:PR TIMES

スマートフォンのアプリ等でボタンをタップしたり声を吹き込んだものを、スタジアムに届けることができる仕組みです。つまり、自宅にいながらゴール裏より歓声を送ることが可能になるそうです。

実験は、合計58台のスピーカーをスタジアム各所に設置して行われました。

その結果、5万人収容のエコパスタジアムで十分な臨場感が得られることや、既存の設備やアナウンスとも調和が図れること、クラブごとに送音ゾーンを分けることで観客動員時に近い雰囲気作りが行えることなどが確認することができたそうです。

△ 会場に設置されたスピーカー
(写真:PR TIMES

ネットの反応は、以下の通り好意的な意見が多数でした。


動画でも説明があるように、パブリックビューイング会場や外国からなど、様々なスタジアムに行けないシチュエーションで利用ができるのが素晴らしいですね。

視聴者参加型の投げ銭によるチームへの応援

J1所属の鹿島アントラーズは、5月16日(土)、「Jリーグの日」特別企画として過去のアーカイブ映像観戦を行うオンラインライブイベント「鹿ライブ」を開催します。同日にJリーグ公式YouTubeとNHK BS-1で配信・放送される過去の試合にあわせ、Player!上に当時試合に出場していたクラブOBや現役選手が登場し、当時のエピソードなどを交えながら解説をしていきます!

(中略)

ファンの皆様との新しいコミュニケーションのあり方として、オンラインで楽しめる番組です。ライブ配信をご覧の方々は、Player!のチャット欄でエモーション(絵文字)を飛ばして楽しんだり、リアルタイムに質問をする事も可能です。

また、新たなスポーツ観戦のかたちとして、視聴者参加型の投げ銭によるチームへの応援企画を実施します。

(参照:PR TIMES

.

一部報道にあるのかもしれませんが、Jリーグとして具体的に投げ銭システムに関して機関決定したり、導入等々の判断をしたりしているものではありません。

一方で、試合を家で観戦される方も今後多くなる可能性がある中で、さまざまな形で楽しんでいただくスタイルについては、テクノロジーも含めて日々研究、情報収集をしているところでございます。十分可能性のある一つのシステムだと思いますが、金銭のやり取りに関しては、法体系の整備等々もあると思います。こうした内容は、Jリーグだけではなくて他のスポーツ団体や音楽団体とも連携しながら進めていく内容かもしれません。

(参照:J.LEAGUE.jp

Jリーグが実際に導入するか否かはまだ検討中のようですが、こちらの取組みも概ね好評でした。


投げ銭の仕組みについては、こちらもご一読ください。

サッカー「無観客」の課題と可能性 熟考の果てにあるもうひとつのビジョン

関連記事

【更新】オリンピック延期、バーモントカップ、インハイ(高校総体)、中総体は中止が決定・サッカー大会の年間予定をチェックしよう!カレンダー2020年度【全国47都道府県別まとめ】

Jリーグ再開に向け動き 5/22が1つのポイント!随時更新中【2020年度 最新日程をチェック!】延期・変更or中止情報 新型コロナウイルス拡大による各地サッカー大会一覧

どうする?部活動・チーム練習再開への道すじ Jリーグの新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン案を参考にプランを立てよう!

近畿3府県でも解除の可能性!サッカーチーム活動時のチェックポイント・再開へのガイドライン掲載!【安全に再開するために気を付けることとは?】

サッカー活動再開!ケガなく長期自粛から復帰させるには?今、指導者や保護者が気をつけたいこと!

最後に

リーグ再開後、すぐにスタジアムに行けないのは残念ですが、このような新しい取り組みが色々考えられているのはうれしいですね♪

コロナ禍が収束した後でも、子供が生まれたばかり、けがや病気で入院中など、様々な事情で直接応援に行けない時に利用できるシステムで、その他のスポーツにも波及する可能性を秘めているところも素晴らしいと思います!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterRie
埼玉県出身、静岡市在住。
2018年2月よりジュニアサッカーNEWSのお仕事を始めました。
ライター暦1年です。

むか~し、昔はサッカー少女だった時代もありましたが、現在は中学生の兄妹の応援専門です。
(ごくたま~に、4級審判として、子供たちと一緒にグラウンドを走ることもあります。
妹ちゃん小学生卒業を期に引退しようかと思いましたが、更新しました!)

読んでくださった方にお役に立てるような記事・コラムを書けるよう、勉強中です。
どうぞよろしくお願いします♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top