ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

Jクラブでは初!鹿島アントラーズがカシマスタジアムをPCR検査場として提供 【サッカークラブの地域貢献】

J1の鹿島アントラーズはクラブ公式サイトを通じて7日、県立カシマサッカースタジアムに鹿行地域PCR検査センターが設置され、5月11日(月)よりドライブスルー形式のPCR検査(運営主体:一般社団法人鹿島医師会)を実施すると発表しました。

このたび、県立カシマサッカースタジアムに鹿行地域PCR検査センターが設置され、5月11日(月)よりドライブスルー形式のPCR検査(運営主体:一般社団法人鹿島医師会)を実施することになりましたので、お知らせいたします。

鹿行5市(鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市)の医療機関にて、新型コロナウイルス感染が疑われると判断された方が対象となり、潮来保健所が対象者の選定を行います。実施は平日のみ、13~15時の間、1日20件までの予約制です。

鹿島アントラーズ公式HP

今回の決定を受け、鹿島の小泉文明社長はクラブを通じコメントを発表した。

「今回、鹿行地域PCR検査センターの設置にあたり、県立カシマサッカースタジアムの指定管理者として、実施場所提供という形で協力することになりました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止には、地域一体となった取り組みが大切で、PCR検査による現状の把握や医療体制の整備は終息に向けた大前提となります。センターの運営主体となる鹿島医師会様始め、鹿島アントラーズのホームタウンとなる茨城県鹿行地域の医療機関、そして鹿行5市と連携し、状況の改善につながっていけばと思います。これまで当たり前だった生活、フットボールのある日常を取り戻す日まで、引き続き、クラブとしても協力してまいります。スタジアム周辺地域のみなさまには、ご理解のほど宜しくお願い致します」

yahooニュース

最後に

Jリーグの村井満チェアマンはかねてより「Jリーグとして医療機関に何かできることはないか。各地のクラブハウスを提供し、PCR検査会場にできるかもしれないと考えている」と発言しており、鹿島アントラーズが第一号となりました。
サッカーのスタジアムのようにあれだけの規模の施設をただ閉鎖しておくのはもったいないことです。
今回のように、何か地域貢献に役立てられることがあると、ますます地域やファンとの絆も強くなりそうです。

関連記事

【指導者におすすめ】サッカーチームでもできる、さまざまな地域貢献!簡易エプロンを作成して福祉施設へ FCアルコイリス

【小1~小6】J3カターレ富山がサッカー漢字ドリル無料公開!サッカーをイメージしながら漢字練習をしよう!

こんな時だからこそ地元地域と助け合おう!サッカーチームと地域との結びつき活動紹介 FCアミーゴ(鳥取県)

STOP!感染拡大!!サッカー界からのマスクアプローチ 日本サッカー協会の手ぬぐいマスクの作り方

寄稿者プロフィール

統括副編集長/戦略事業部江原 まり
長野県出身。
ライター歴9年。
子育て系メディアにて、主に教育、引越し、子育て全般についてのコラムを100本超執筆。
2016年からジュニアサッカーNEWSにて執筆開始。
2017年10月より副編集長、2019年4月より統括副編集長/戦略事業部。

自身もサッカー少年の母です。
保護者目線で「保護者が知りたい情報」を迅速にお届けするため、日々奮闘中。

いろいろな方の貴重なお話を直接聞けるこのお仕事にわくわくさせてもらっている毎日です。

できるようになりたいこと、勉強したいことが山のようにあります。
一つずつチャレンジしていきたいと思います。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top