ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

オンラインでサッカー不足を補おう!部活、トレーニング、スカウトまで!~活動休止中のみんなの取組み part2~

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い様々な活動を休止せざるを得ない中、工夫を凝らして選手の体力やモチベーションが低下しないよう努めているチームの取組みを第1弾でご紹介いたしましたが、今回は特にオンラインを利用した取り組みをしているチームをピックアップしてみました。ぜひチームの活動にお役立てください!

また、Zoomでオンラインミーティングをやってみよう!という場合は、ぜひこちらの【Zoom導入マニュアル】もご覧ください。

なお、お住まいの地域の最新情報は必ず県サッカー連盟ホームページなどで最新情報をご確認ください。
少しでも早く新型コロナウイルスが収束し、子どもたちが安心してサッカーができるようになることを願います。

↓本文は写真の下から始まります↓

オンラインでの取組み続々

オンラインスカウト


締め切りは4月30日(木)!
腕(足!?)に覚えのある小学生はぜひチャレンジしてくださいね。

【関連記事】
神奈川県在住小5・小6対象 BELLMARE DREAM BOX(オンラインスカウト)4/30締切! ~動画投稿で夢の扉を開けよう~

ベルマーレの取組みを参考にして、2019年度の日本クラブユースサッカー選手権(U-15)全国大会でベスト8の埼玉の強豪、FC LAVIDAもオンラインで映像募集を始めました!

FC LAVIDAは毎年、小学生の試合会場に足を運び数多くの試合を年間通して拝見させて頂いております。

また、我々スタッフが足を運べない地域や試合会場に足を運べていないチームの保護者の皆様からは映像での問い合わせを頂いております。

近年では埼玉県内のチームだけでは無い地域のご家庭からも当クラブへ映像が届いており、新入団選手を選考する際にとても参考になっております。

先日、湘南ベルマーレアカデミーが打ち出したプロジェクトを参考にし、
当クラブとして例年映像での問い合わせは募集しておりませんでしたが、今年度から新たな試みとして正式に『VAMOS A LAVIDA!』としてオンラインでの映像を募集したいと思います。

(参照:FC LAVIDA

 

コロナウィルスの影響で多くのサッカー少年たちの活躍の場が奪われている現状において、何か新しい形で子どもたちの可能性の場を設けることができないかと考え、今回「少年よ大志を抱け!大豆戸チャレンジ!」を企画することと致しました。

(参照:大豆戸FC

こちらの締め切りは5月30日(土)まで!
過去の試合の動画をアップして、ぜひチャレンジしてください。

【関連記事】
大豆戸FCジュニアユース オンラインセレクション 5/30締切!2021年度 神奈川県 ~Boys be ambitious!大豆戸チャレンジ!~

オンライン部活説明会


自分たちでできることを探して行う実行力に未来を感じます。
オンライン説明会だけでなくブログに部員のインタビュー記事を載せたり、質問箱を設置して新入生の疑問に答えようとしてくれたり、バイタリティに溢れています。

オンライントレーニング


距離は離れていても、みんなの顔が見えることで自分のモチベーションもアップしそうですね!

オンライン部活


トレーニングメニューをこなすだけではなく、動画分析や課題の確認のほかに読書感想文などの提出も!
家に居ざるを得ない状況をプラスに捉えて、じっくりと自己に向き合う時間にしていらっしゃいます。

そんな中やれることを模索するしかないのも事実で、私もオンラインでの様々な事に挑戦しています。
かなり知識と技術が上がってきました。
まずは、サッカー部のキャプテン、副キャプテンと、Zoomを使ったミーティングを実施しました。使い方などは使ってみないと成長しないものです。

話をするだけならば、LINE電話でグループトークをすれば代用は効きます。しかし、画面の共有をするのには不十分です。
Zoomならば、PC画面の共有からファイルを共有する事ができます。更に手元にあるiPadやiPhoneの画面も共有することができます。
例えばKeynoteでチームの決め事を作り、それを画面共有しながら話ができます。
映像を通してのチーム戦術の共有すらできてしまいます。

そして1番伝えたいことは、この技術をすでに現在のキャプテンが使えるようになっている事です。先日同学年で、ミーティングを実施したと報告がありました。その際の課題まで聞いてきています。もちろん解決策を提示しました。
高校生はデジタルネイティブです。少し使うだけでどんどん使えるようになっていきます。

さあ、大人たちはどうでしょうか。自分は不得意でと言っていられた時代が、ほんの少し前には存在していましたが、もう言っていられない時代が来てしまいました。

ほんの少し前の過去を嘆いても仕方ありません。前に進むのみです。

(参照:名古屋高校サッカー部監督ブログ

オンラインにすぐ対応できるのが今の子供たちの強みですね。
「前に進むのみ」という言葉に勇気づけられます。

オンライン保護者会


不安があるのは選手だけではなく保護者も同様です。
アンケートをもとに保護者の不安に寄り添ってくださる姿勢、とてもありがたいです。

うちもこんなことをしてるよ!など皆様のチームでの取組みのご報告をお待ちしております。
情報提供はこちら


    ※現在ファイル添付機能に不具合が出ております。ファイルをお送りいただく際は「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

    関連記事

    Jリーグ再開に向け動き 5/22が1つのポイント!随時更新中【2020年度 最新日程をチェック!】延期・変更or中止情報 新型コロナウイルス拡大による各地サッカー大会一覧

    【動画】練習・試合のない今こそ差がつく!家の中でできるサッカー練習7選

    オンライントレーニングを導入するチームも!~活動休止中のみんなの取組み part1~

    【指導者向け】早めの行動がチームを救う!無料登録で誰でも簡単に支援が募れるミニクラウドファンディングを活用ください!

    離れていても心は繋がる!オンラインでサッカートレーニングを始める方法【Zoom導入マニュアル】

    寄稿者プロフィール

    JUNIOR SOCCER NEWSWriterRie
    埼玉県出身、静岡市在住。
    2018年2月よりジュニアサッカーNEWSのお仕事を始めました。
    ライター暦2年超えましたが、まだまだひよっこです。

    むか~し、昔はサッカー少女だった時代もありましたが、現在は高校生の息子と中学生の娘の応援専門です。
    (ごくたま~に、4級審判として、子供たちと一緒にグラウンドを走ることもありますが非常にレア?娘の小学生卒業を期に引退しようかと思いましたが継続!)

    読んでくださった方にお役に立てるような記事・コラムを書けるよう、勉強中です。
    どうぞよろしくお願いします♪

    コメント欄

    *

    ※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

    Return Top