ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

ハイカットスパイク【サッカー用語解説集】



用語

1.意味
2.類義語
3.関連記事

意味

サッカー常識
スパイクと靴下とが一体化した特徴的なデザインのスパイク。
足と一体化することによって足首をサポートし、激しい動きにたいしても対応しやすい機能となっている。
ニット部分が足首を覆っているため、泥や小石が入りにくいという利点がある。
ハイカットスパイクを作っているメーカーは、ナイキ、Adidas、プーマなどであり、全て海外のメーカーである。
サッカーは選手同士が激しく足を絡め合ってボールを取り合うため、足に関するケガの発生率が高い。その時に足首部分まで守られているハイカットスパイクはケガを未然に防ぐという大きな利点がある。

類義語

ローカットスパイク

関連記事

サッカー用語辞典

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住ですが、2018年8月より大阪担当をしています。
コロナコロナで、趣味のライブ、サッカー観戦も出来ない今の状態…

ストレス溜まります( ノД`)エーン
でも、いつまでもこの状態が続くわけではない!!!
今だからこそ出来ることをやっていきたいと思います。

前向きに前向きに・・・
Return Top