ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

タンパク質【サッカー用語解説集】



用語

1.意味
2.類義語
3.関連記事

意味

サッカー常識

身体をつくる役割も果たしている物質。
タンパク質は程よい量を摂取しないと、過剰摂取はスタミナが低下してしまう。
しかし、タンパク質が不足するとどれだけトレーニングを行なっても効果的に筋肉をつけることが出来ない。
タンパク質を効果的に摂取するタイミングは、トレーニング後の30分以内である。
人間の体とは運動直後には「成長ホルモン」が分泌されるため、その分泌スピードが上がると、タンパク質の吸収スピードも上がる。
動物性タンパク質(肉・魚・卵など)は脂肪分が多いため、植物性タンパク質(大豆製品など)と組み合わせて摂るようにすると、タンパク質以外の栄養素も豊富に摂取できる。
高タンパク、低脂肪の食材で一番なのは、「ささみ(鶏肉)」である。そして、鶏肉はタンパク質だけではなく、筋肉増量やスタミナ維持の効果があると言われている「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」の含有量も多い。

類義語

プロティン

関連記事

サッカー用語辞典

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住ですが、2018年8月より大阪担当をしています。
コロナコロナで、趣味のライブ、サッカー観戦も出来ない今の状態…

ストレス溜まります( ノД`)エーン
でも、いつまでもこの状態が続くわけではない!!!
今だからこそ出来ることをやっていきたいと思います。

前向きに前向きに・・・
Return Top