ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

視力淘汰【サッカー用語解説集】



用語

1.意味
2.類義語
3.関連記事

意味

サッカー常識
素晴しい才能を持つ選手が、その才能を持ちながらも視力不足で脱退していくこと。
多くは視力が急激に低下する中学~高校期に起こる。
サッカーは視力矯正が難しいスポーツであるため、視力が良いことは大きな武器となる。
視力は一度落ちてしまうと回復は難しいため、低下を防ぐ予防が必要である。
サッカーは目視でフィールドの相手チームや自分のチームの選手位置、ボールの状況判断を素早く行ないゲームメイクが必要なスポーツであるため、目視で得られる情報処理が早ければ早いほど優位に立てる。
そのため、視力が弱いというのは大きなハンデとなりうる可能性がある。
日々の生活でテレビ、ゲーム、スマホ、勉強、読書など近距離で作業を行なう場合には、集中し過ぎず、適度な休憩を挟んだりして目をきちんと休ませることで視力低下の予防が期待できる。

類義語

 

関連記事

サッカー用語辞典

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住ですが、2018年8月より大阪担当をしています。
コロナコロナで、趣味のライブ、サッカー観戦も出来ない今の状態…

ストレス溜まります( ノД`)エーン
でも、いつまでもこの状態が続くわけではない!!!
今だからこそ出来ることをやっていきたいと思います。

前向きに前向きに・・・
Return Top