ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

インターハイ【サッカー用語解説集】

用語

1.意味
2.類義語
3.関連記事

意味

サッカー常識
全国高等学校総合体育大会(略して高校総体と呼ばれている)。
高体連の管轄の大会であり、夏の高校総体(インターハイ)、冬の選手権(全日本高校サッカー選手権)がある。
春から各都道府県で予選が行なわれ、各都道府県代表チームが全国大会に出場する。
高校でサッカーをしている選手はこの大会を目指し日々努力している。
「インターカレッジ」にならった和製英語で「インターハイスクール」の略語であり、もっと略して「インハイ」と呼ぶ事も多い。
各都道府県から1チーム出場出来る。学校数の多い、北海道、東京都、神奈川県および大阪府と、開催県からは2チームの出場が認められている。
ベンチ入り出来る選手は17名とし、出場選手の背番号は、1番から17番までの通し番号とする。
トーナメント方式で、試合時間は70分(35分-10分-35分)とする。勝敗が決しない場合は、PK戦で勝ちを決定する。ただし、決勝だけは20分(10分ハーフ)の延長を行ない、なお勝敗が決しない場合は、PK戦を行なう。
参照元:JFA

類義語

選手権(全日本高校サッカー選手権)

関連記事

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住ですが、2018年8月より大阪担当をしています。
大阪の大量のチーム名も何とか少しずつ覚えていっています。
カタカナ、英語が苦手なため、チーム名記載ミスも時折やらかしたりしますが、皆さんに教えていただきながら、がんばっています。

趣味は息子のサッカー観戦と、LDHライブ。
土日は一眼レフ持って、寮暮らしの息子に会いに遠距離ドライブ、もしくはドーム、アリーナに出現。

忙しい忙しいと言えるうちが、元気で楽しめているんだなぁって思う今日この頃。
気持ちだけは若く!でがんばります!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top