ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

選手・コーチがスペイン研修で得たものとは?
~福岡大学サッカー部~

福岡大学サッカー部では、梅木翼(新4年)、井上健太(新4年)、河野秀汰、前野翔伍の4選手、そして児玉進二コーチ、瀧皆斗コーチの指導陣がスペインでの研修に行ってきたそうです。

初めてのチームに飛び込み、言葉の壁がある環境で皆さんが感じたこととは?
福大サッカー部のスペイン研修の様子をお届けします。(編集部)

↓本文は写真の下から始まります↓

福大サッカー部スペイン研修へ!

1/8〜1/21まで梅木翼(新4年)、井上健太(新4年)、河野秀汰、前野翔伍の4選手、また1/15から児玉進二コーチ、瀧皆斗コーチも合流し、スペインでの研修を行いました。

児玉進二コーチ コメント

〜進化するサッカー〜
1月15日から21日の6日間、スペインのバルセロナで研修をさせて頂いた。過去、2010〜2013と4年間で計4回の研修に参加させていただき、今回7年ぶりの研修となった。
今回の研修の目的は、バルセロナのある4部に属するオルタというチームに4人の選手を送りこみ、その視察を兼ねて、スペインサッカーの現状(U-13〜TOP)、今シーズンのプレーモデルの構築のためのヒントを探すことを目的としてスペインへ降り立った。

今回、4人の選手が練習参加したオルタというチームのナチョ監督は、1996年にFC Barcelonaに所属した経歴を持ち、3部、4部では受け持ったチームを常に昇格、プレーオフ進出という結果を出し続けている監督が指揮するチームへの参加となった。

実際に選手が参加したトレーニングでは、週末の対戦相手を想定したトレーニング、自チームの狙いが分かりやすく抽出されており、実際のゲームで起こりうる状況での強度を絶妙にコントロールされた内容であった。

海外のチームに飛び込んで参加した場合に問題となりうるコミュニケーションの部分においては、選手たちは私より1週間早く参加していたため、その1週間のうちに言葉の壁を乗り越え、チームメイトたちの懐へ上手く飛び込み、実際に所属する選手ではないかと錯覚するほど溶け込んでいた。
この経験は、これからサッカー選手としてだけではなく、社会へ出て行く上で必ず財産となるため、どこの環境でも思い切って飛び込んで社会の一つ目の壁を飛び越えてほしい。

午後9時から選手たちの練習が行われていたため、午前中の時間を利用して、バルセロナのユースA.Bのトレーニングを視察し、午後から練習までの時間はオルタと同じ本拠地としているDammという、TOPチームは持たず、育成チームとしてカタルーニャ州ではバルセロナ、エスパニョルに続く強豪チームのトレーニングもU-13〜ユースチームまでのトレーニングを視察した。

まず、7年前との違いに驚かれたことは、下の年代のレベルが格段に上がっていたという点、よりゲーム形に近く、日本の中学生や高校生では見れない激しさや力強さ求めたトレーニングを行なっていた点である。

週末のゲームでは、リーグ戦首位のFC BarcelonaとDammというチームのゲームが見れたため、トレーニングから週末のゲームまでの一連の流れを確認することができた。

トレーニングで行われていた狙いが実際に出すことができていたのか、このためにあのトレーニングを行なっていたのかを確認することで、トレーニングはゲームで起こりうる状況、チームとしての狙いをこの年代からもしっかりと抑えられていた。
育成年代でも7年前からかなり進化しており、よりサッカーの本質、ゲームからの逆算という点に特化されていた。

最終日には、セティエン監督の初陣となり注目度の高かったFC Barcelona vs Granada のラ・リーガの一戦を観戦し、監督が替わってもFC Barcelonaが育成からTOPまでが同じメソッドで戦う、世界のサッカーのトップを走り続けるチームをこの目で確認できた事は、サッカー人として財産となった。

余談ではあるが、2026年完成予定とされており全貌がまだ見えないサグラダファミリアも行く度に常に新しい姿を見せており、サッカーも自分自身も同じように、常に進化しなければ新しいものは生み出せないものだと感じたスペイン・バルセロナ研修となった。

最後に、研修に参加させて頂いた乾監督、大事なチーム立ち上げ時期にチームの積み上げを行ってくれたコーチ陣、滞在中お世話になったBalon Q 高司さん、大谷津さん、森さん、富井さんには感謝しております。

▶▶▶瀧皆斗コーチ 、井上健太選手 、梅木翼選手、前野翔伍選手、河野秀汰選手のコメントはこちら!(福大サッカー部公式HP)

寄稿:福岡大学サッカー部(福岡県)公式HP 

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top