ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【大会中止】2020年度 第67回東海高校総体 男子サッカー競技 インターハイ 例年6月開催

6月に開催予定の「2020年度 第67回東海高校総体 男子サッカー競技(インターハイ)」の情報をお知らせします。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のため、4月9日(土)に東海高体連による中止が決定されました。
※情報提供いただきました。ありがとうございます!

全国インターハイについて、各県予選などについても分かり次第更新します。続報の情報提供お待ちしています。

2020年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!

情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

組合せ

分かり次第掲載いたします。情報お待ちしています!

関連記事

上位大会
2020年度 男子インターハイ(インハイ・高校総体)【47都道府県まとめ】
2020年度 全国高校総体 男子サッカー競技大会【全国大会】
2019年度 全国高校総体 男子サッカー競技大会【全国大会】 
2019年度 東海高校総体 男子サッカー競技大会
U-18情報
【高校サッカー強豪校に入りたい!】進路情報更新中!選手権&インハイ&新人戦 都道府県ベスト8【2020年度進路情報】
2020年度 高円宮杯 JFA U−18サッカーリーグ プリンスリーグ東海
2019年度 高円宮杯 JFA U−18サッカーリーグ プリンスリーグ東海
【2019年度高校新人戦一覧】U-16・U-17 【47都道府県別】
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2020年度 第67回東海高等学校総合体育大会男子サッカー競技大会

<日程>

2020年6月

<会場>

分かり次第掲載いたします。

<大会概要>

主 催
東海高等学校体育連盟 静岡 岐阜 三重 愛知 各教育委員会 ・(一社)東海サッカー協会

後 援
公益財団法人 愛知県体育協会

主管
愛知県高等学校体育連盟 (公財)愛知県サッカー協会

競技規則
(1)各県代表の2チーム(計8チーム)によるトーナメント方式による。
(2)3位決定戦は行わない。準決勝敗退の2チームを3位とする。
(3)平成31年度(公財)日本サッカー協会制定の「サッカー競技規則」による。
(4)試合時間は70分とし、ハーフタイムのインターバルは原則として10分間とする。勝負が決しない場合は、PK方式により次回戦進出チームを決定する。
(5)試合開始前に6名の交代要員を通告しておき、その中から4名まで交代が認められる。
(6)今大会において2回の累積警告を受けた選手は、今大会の次の1試合の出場資格を失う。
(7)今大会において退場を命じられた選手は、次の1試合の出場資格を失う。それ以降の処置については、規律委員会で決定する。規律委員は、4県委員長と大会審判委員長の5名で構成する。その決定は、各チームの直近の公式戦に繋がるものとする。

過去のものを参考にしています。2019年度情報お待ちしています!

2020年度 県大会の結果

愛知県大会

愛知県高等学校総合体育大会サッカー競技 愛知県大会

静岡県大会

▽静岡県高等学校総合体育大会サッカー競技兼 東海高校総体・全国高校総体静岡県予選 サッカー大会

岐阜県大会 

▽岐阜県高校総体 兼 東海・全国高校総体県予選

三重県大会

▽三重県高校総体 兼 全国・東海高校総体予選

愛知県内の地域ごとの最新情報はこちら
愛知少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2019年度>
優勝:清水桜が丘高校
準優勝:静岡学園高校
第3位:帝京大可児高校、中京学院大中京高校
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2018年度>
優 勝:清水桜が丘高校
準優勝:中京院中京高校
第3位:各務原高校・刈谷高校
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2017年度>
優勝 :三重高校
準優勝:帝京可児高校
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2016年度>
優勝:四日市中央工高校
準優勝:浜松開誠館高校
結果(ジュニアサッカーNEWSより抜粋)

最後に

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存知の方はぜひ情報提供おまちしています!

情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top