ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

日本代表キルギスに2-0で快勝!2022 FIFA W杯カタールアジア2次予選 vsキルギス

2019年11月14日(木)2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選。日本代表はアウェーの地ドレン・オムルザコフ・スタジアムにてキルギスとの1戦に挑みました。

前回は1年前に強化試合で対戦しており4-0で勝利を収めていますが、キルギスは今年行われたアジアカップにてランキングで格上となる韓国(FIFAランキング39位)、中国(FIFAランキング69位)にそれぞれ1対0、2対1と惜敗。好ゲームを展開しチームとしての成長を見せています。アウェーの荒れたピッチの中で、地力の差を見せつけることができるのか。日本の真価が問われる試合となります。

キルギス代表は10月24日発表の最新ランキングでは日本は28位、キルギスは94位。日本代表はキルギスとは過去1回対戦し、1勝0分0敗で4得点し0失点と勝ち越しています。

(FIFAランキング参照:FIFAランキング.net

試合詳細

20:15 前半キックオフ!

前半9分【キルギス】
アリマルドン・シュクロフ選手がPA右奥からマイナスの折り返し、ミルラン・ムルザエフ選手がワンタッチで落とすとグルジギト・アリクロフ選手がシュート。しかしミートせず、日本は相手のミスに助けられる。

前半14分【日本】
永井選手が右サイド深い位置で受け、倒れながらボールを酒井選手に繋ぐと酒井選手が右足でクロス。中央で待つ南野選手がフリーでヘディングシュートを放つも、ゴール左に惜しくも外れる。

前半18分【日本】
遠藤選手がセンターサークル付近で上手くターンし持ち運び、右に抜け出した南野選手へパス。GKとの1対1の場面で右足でシュートを放ったが、GKクトマン・カディルベコフ選手のビッグセーブに遭い、チャンスを逃す。

前半32分【キルギス】
グルジギト・アリクロフ選手がPA内左で遠藤選手を剥がして中央に折り返し、ゴール前で反応したアリマルドン・シュクロフ選手がフリーで強烈なシュート。しかし間一髪、これを守護神権田選手が超反応でビッグセーブ!! 守りきりました!

前半40分【日本】ゴール!!
遠藤選手の縦パスを伊東選手がスルー気味で裏へ流し、PA右に抜け出した南野選手がGKクトマン・カディルベコフ選手と交錯しPKを獲得!これを南野選手が自ら決め日本が先制!


後半キックオフ!

後半2分【日本】
遠藤選手が中央でボール奪取し、ドリブルで駆け上がり余裕をもってPA内左奥に抜けた永井選手にスルーパス。しかし永井選手はシュートのタイミングを逃し、ドリブルで縦に抉ってファーサイドへふんわりしたクロス。しかしこれはGKクトマン・カディルベコフ選手に阻まれる。

後半8分【日本】 ゴール!!
バイタルエリア手前で遠藤選手が倒されてFKを獲得。これを原口選手が冷静に壁の左隅を巻き気味のボールで綺麗に通し、バウンドしてゴール左に吸い込まれる!待望の追加点獲得!

後半25分 OUT ファルハト・ムサベコフ →  IN  オディルジョン・アブドゥラフマノフ

後半23分【キルギス】
右からの折り返しを受けたミルラン・ムルザエフ選手が反転しフリーで左足の強烈なシュートを放つもGK正面となり、これはGK権田選手が難なくキャッチ。キルギスとしては後半1番のチャンスだっただけに非常に悔やまれる。

後半33分  OUT 伊東純也→IN 中島翔哉

後半33分  OUT 遠藤航→IN 山口蛍

後半25分 OUT ベクジャン・サギンバエフ→IN ムロリムジョン・アフメドフ

後半28分 OUT ビクトル・マイヤー→IN アレクサンドル・ミシチェンコ

後半40分 OUT 永井謙佑→IN 鈴木武蔵

試合終了  2-0で日本代表勝利!

試合感想
試合を90分間通して、所々捲れた芝、粘土質で滑りやすい劣悪なピッチが日本を苦しめました。また日本を恐れないキルギスのハイプレスがハマったことで日本のビルドアップミスを誘発。セカンドボールで主導権を握られる時間帯もあり、前半はヒヤッとする展開が続きました。しかし前半終了間際にPKで日本が先制するとチャンスメイクや個の質の違いが目立ち始め、次第に日本のペース展開に。キルギスもカウンターで日本ゴールを再三脅かしますがゴール前での判断やプレー精度が乏しく助けられる形となりました。終わってみると原口選手の直接FKによるゴラッソなどもあり地力で勝る日本が2-0と快勝。アウェーで勝ち点を積み上げることに成功しました。次戦19日はキリンチャレンジカップ2019ベネズエラ戦となります。期待していきましょう!

スターティングメンバー

▼GK
12 権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル1部)
▼DF
DF 5 長友佑都(ガラタサライ/トルコ1部)
DF 22 吉田麻也(Cap)(サウサンプトン/イングランド1部)
DF 19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス1部)
DF 2 植田直通(サークル・ブルージュ/ベルギー1部)
▼MF
MF 7 柴崎岳(デポルティボ/スペイン2部)
MF 6 遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ1部)
MF 8 原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
MF 9 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア1部)
MF 14 伊東純也(ヘンク/ベルギー1部)
▼FW
FW 11 永井謙佑(FC東京)

ベンチメンバー

GK 1 川島永嗣(ストラスブール/フランス1部)
GK 23 シュミット・ダニエル(シント・トロイデン/ベルギー1部)
DF 16 室谷成(FC東京)
DF 3 安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル1部)
DF 17 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
DF 4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
MF 10 中島翔哉(ポルト/ポルトガル1部)
MF 13 橋本拳人(FC東京)
MF 20 山口蛍(ヴィッセル神戸)
FW 15 浅野琢磨(パルチザン/セルビア1部)
FW11 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ1部)

試合前

11月14日(木)、快晴の空の下で始まった練習は、地元クラブFCドルドイのグラウンドで実施されました。4戦連発ゴールが期待されている南野拓実選手のコメントをご紹介します。

「前回対戦した時の印象からすると、キルギス戦は僕たちがボールを持つ時間が少し長くなって、相手は粘り強くゴール前で体を張ってくると思います。その中で泥臭くゴールに向かっていく姿勢や、最後にシュートまで持って行く力強さなどが必要になってくると思います。チームに貢献したいですし、それが一番です。相手の裏やゴール前など最後の部分で顔を出す回数を意識することや、自分が前で起点になって攻撃のスイッチにならないといけないというところも意識しています。」
(試合前コメント参照:JFA.JP

関連記事・まとめ

新ユニフォーム背番号決定!】SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール発表【2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選】11/14(木)@キルギス
日本代表、2020ホームユニフォームが明らかに!コンセプトは「日本晴れ(ニッポンバレ)」
【オナイウ選手、古橋選手、進藤選手、荒木選手の4名が初選出!】SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール発表【キリンチャレンジカップ2019】11/19(火)@吹田
東京五輪世代 【U-22日本代表】メンバー・スケジュール ~キリンチャレンジカップ2019 対 U-22コロンビア代表(11/17(日)@広島)
日本代表タジキスタンに3-0で快勝し連勝!2022 FIFAワールドカップカタールアジア2次予選 vsタジキスタン
【2019年度版】全年代日本代表 年間スケジュール発表!がんばれ日本代表!

◆バックナンバー
・鎌田大地選手・橋本拳人選手の出身チーム紹介!
・中島翔哉選手・鈴木武蔵選手の出身チーム紹介!
・塩谷選手の出身チーム紹介!
・大迫勇也選手・南野拓実選手・原口元気選手の出身チーム紹介!
・堂安律選手・権田修一選手の出身チーム紹介!
・冨安健洋選手・遠藤航選手の出身チーム紹介!
・乾貴士選手・室屋成選手の出身チーム紹介!
・長友佑都選手・武藤嘉紀選手の出身チーム紹介!
・吉田麻也選手・柴崎岳選手の出身チーム紹介!
・山中選手・原口選手・中島選手の出身チーム紹介
・酒井宏樹選手・冨安健洋選手の出身チーム紹介!
・堂安律・大迫勇也・南野拓実選手の出身チーム紹介!
・南野・伊東・川又選手の小~高時代出身チーム紹介!

最後に

キルギスとの厳しいアウェーでの1戦で見事勝利した日本代表。次戦19日はメンバーをガラリと入れ替え、キリンチャレンジカップ2019ベネズエラ戦に臨みます。強豪相手になりますが引き続き応援していきましょう!

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriter澤田
熊本県八代市出身。
アマチュアスポーツ(サッカー) 文化の浸透度を欧米基準へ!という代表の熱意に共感し入社しました。
生まれてからこの方、サッカーには楽しませてもらっているのでその恩返しができればと思ってます。
よろしくお願いします。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top