ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【サッカー動画でマスター】背後のボールや相手への距離感がつかめる!
背後感覚トレーニング

こんにちは!
みんなにドリブルやリフティングの技を紹介していく川原コーチです!
普段の練習や試合で疲れているかな?
でもサッカーをもっと上手くなりたい、サッカーが大好きな君へ。
遊びながら、楽しく練習出来るテクニックを紹介していきます!

小さい時にもっと練習しておけば良かった・・・後悔してからは遅いです。
ゴールデンエイジを逃すなーーーー!!!
漫画を読む時間、テレビを見る時間を少しだけボールを触る時間に変えるだけで、これからの君のサッカー人生は大きく変化します!

背後感覚トレーニングのやり方

今日は「背後感覚トレーニング」の練習を紹介します!
「背後感覚トレーニング」をマスターすると、こんなに良いことが。。。

・狙った場所にボールを蹴るキック精度アップ
・体の後ろ(見えない場所)の感覚が身につき背後のボールや相手への距離感をつかめる

見えないところにボールや相手がいる時、どのようなプレーしたらいいのか?
どれくらいの距離感にあるのか分からないよね。
周りを見て確認する事が1番大事です。
でも3秒後には状況は変わっています。

その時に死角(背後)の感覚が良い選手は
「さっきこのくらいの距離にいたからこっちに行った方がいい」
「ボールが後ろから来ているから体の向きはこれがいい」
など感覚で次のプレーがより良い選択ができます。

セレッソ大阪の柿谷選手は後ろからのスルーパスに、素晴らしい体の向きと高い技術でトラップし、得点を決めるシーンを良く目にします。
DFの選手も自分の背後へパスを出された時、走りながら相手の距離感を感じて、プレーを選択しなければなりません。
この感覚が良い選手はなかなか居ないので、この感覚を磨けばみんなに勝つチャンス!

★動画出演者★
TRICkSTAR5 YO (ヨー)
フリースタイルフットボーラー
2009年全国大会(Redbull Street Style)3位

できたかな?

レベル1〜3まであって少しずつ難しくなってるね。
でも感覚さえつかめればどれも簡単に出来るよ!

失敗してもいからどんどんチャレンジして上手くなろうね!

分からない事や質問があればどんどんコメントしてきてください!
「どうしても連続で触れないけどどうしたらいい?」
「試合で試して見たけど全然ダメでした」
「こんな簡単な技じゃなくてもっと難しいの教えて」
などなどお気軽にコメントください!

「練習が名人をつくる」

★川原コーチの紹介★
小中学校ではJ下部でサッカー三昧。全日本少年サッカー大会、高円宮杯の全国大会にも出場。九州トレセン、ナショナルトレセンを経験。

寄稿者プロフィール

かわはら かずま
かわはら かずまと申します。
幼稚園から高校までPlayerとしてサッカーに関わり、現在はメディアとしてサッカーに携わっております。

全てのサッカー少年、少女が笑顔になるように。
また、その保護者様、関係者に満足してもらえるように。

よろしくお願いします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top