ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2019年度 第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 東海大会 優勝はNGUラブリッジ名古屋スターチス!2連覇達成!   

11月17日(土)に開催されました「JFA第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 東海大会」の結果が分かりましたのでお知らせします。

決勝は愛知第1代表ラブリッジ名古屋スターチス 対 静岡第1代表の浜松泉FCの対戦。前半0-0で折り返すと、ラブリッジ名古屋スターチスが後半55分、62分、67分に立て続けにゴールを決め3-0。浜松泉も最後まで反撃しますが試合終了のホイッスル。
ラブリッジ名古屋スターチスが、今大会を通した圧倒的な攻撃力をみせ見事優勝!全国大会出場を決めました。ラブリッジ名古屋スターチスの皆さん、おめでとうございます! 優勝のNGUラブリッジ名古屋スターチスNGUの皆さん(写真参照:Nguラブリッジ名古屋Facebook

2019年度 大会結果詳細

優勝 ラブリッジ名古屋スターチス  (全国大会出場) 
準優勝:浜松泉FC
第3位:伊賀FCくノ一サテライト
第4位:岐阜FCフェニックス

決勝(11/17)

▽伊勢フットボールヴィレッジ

13:00 ラブリッジ名古屋   3-0   浜松泉FC

第3位決定戦(11/17)

▽伊勢フットボールヴィレッジ

10:30 伊賀FCくノ一サテライト   6-0   岐阜FCフェニックス

準決勝(11/16)

NGUラブリッジ名古屋スターチス   7-1   伊賀FCくノ一サテライト
岐阜FCフェニックス   0-6   浜松泉FC

 

参照・引用:JFA

情報提供ありがとうございました。
今後も大会情報、トレセン情報などお待ちしています!

情報提供・閲覧はこちらから

関連記事

関連大会
・2019年度 JFA第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 全国大会
2019年度 皇后杯 第41回全日本女子サッカー選手権大会【東海予選】
2019年度 第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 東海予選
2019年度 東海高等学校総合体育大会女子サッカー競技大会

おススメ記事
2019年度女子インターハイ(インハイ・高校総体)】真夏の女子の熱い戦い【47都道府県まとめ】
世界トップレベルの実力!なでしこ強さの秘密に迫る!なでしこのジュニア時代の親との関わり方
2019年度高校女子選手権一覧【47都道府県別】
2019年度 サッカーカレンダー【静岡】年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】
全カテゴリー日本代表2019スケジュール
JFA主催/後援2019年度主要大会一覧

 

1回戦(11/10)

*LINEにて情報お寄せいただきました。ありがとうございます!

▽伊勢フットボールヴィレッジ

<Aピッチ> 10:30~
NGUラブリッジ名古屋スターチス  7-0  飛騨Area Girls FC Dream
<Bピッチ> 10:30~
伊賀FCくノ一サテライト  6-1  清水FC女子
<Aピッチ> 13:00~
岐阜FCフェニックス   6-0   伊勢FC Puro
<Bピッチ> 13:00~
浜松泉FC   2-0   名古屋FCルミナス

 

JFA第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 東海大会

<日程>

<1回戦> 11月10日(日)
<準決勝> 11月16日(土)
<3位決定戦 / 決勝>11月17日(日)

<会場>

伊勢フットボールヴィレッジA・B

<大会概要>

大会形式
ノックアウト方式(3位決定戦は行わない)

競技規則
大会実施年度の(公財)日本サッカー協会「サッカー競技規則」による。

競技規定
以下の項目については本大会の規程を定める。
(1) ボール
試合球は運営側で準備する。
(2) 競技者の数
①競技者の数:11名
②交代要員の数:7名以内
③交代を行うことができる数: 5名以内(自由交代なし)
(3)役員の数
テクニカルエリアに入ることができる役員の数:6名以内
(4) テクニカルエリア:設置する
(5) 試合時間
①試合時間は70分(前後半各35分)とする。
ハーフタイムのインターバル:原則10分間
②試合の勝者を決定する方法(試合時間内で勝敗が決しない場合)
・1回戦・決勝:PK方式により勝者を決定。
・PK方式に入る前のインターバル: 1分間
・準決勝のみ20分間(10分ハーフ)の延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式により決する。
(6) その他
負傷者の対応:主審が認めた場合のみ、最大2名ピッチへの入場が許可される。

表彰
優勝チームには表彰状を授与する。
優勝チームは、全国大会に出場する。

参照・引用:東海サッカー協会 HP

2019年度 県予選の結果

愛知県

第1代表:NGUラブリッジ名古屋
第2代表:名古屋FC
2019年度 JFA第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 愛知県大会

静岡県

第1代表:浜松泉FC
第2代表:清水FC
2019年度 JFA第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 静岡県大会

岐阜県

第1代表:岐阜FCフェニックス
第2代表:飛騨Area Girls FC Dream

2019年度 JFA第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 岐阜県大会

三重県

第1代表:伊賀FCくノ一サテライト
第2代表:伊勢FC Puro
2019年度 JFA第23回全日本U-18女子サッカー選手権大会 三重県大会

各地域ごとの最新情報はこちら

愛知少年サッカー応援団
岐阜少年サッカー応援団
三重少年サッカー応援団
静岡少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2018年度>
優勝:NGUラブリッジ名古屋ユース(愛知)
準優勝:名古屋フットボ-ルクラブルミナス(愛知)
3位:楠クラブレディース(三重)、伊賀FCくノーサテライト(三重)
結果詳細はこちら:ジュニアサッカーNEWS

<2017年度>
優勝:名古屋FCルミナス(愛知)
準優勝:伊賀FCくノ一サテライト(三重)
3位:岐阜FCフェニックス(岐阜)、NGUラブリッジ名古屋ユース(愛知)
結果詳細はこちら:東海サッカー協会 HP

<2016年度>
優勝:NGU名古屋FCレディースユース(愛知)
準優勝:楠クラブレディース(三重)
3位:岐阜フェニックス(岐阜)、伊賀くノ一サテライト(三重)
結果詳細はこちら:東海サッカー協会 HP

最後に

ラブリッジ名古屋スターチスの皆さん、東海大会優勝おめでとうございます!
全国大会でのご活躍を楽しみに応援しています!

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top