ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

週刊クラブユース選手権 vol.5【U-15の選手たち、次の進路はどうしてる?特集】

U-15の選手たち、次の進路はどうしてる?

クラブユースU-15選手権で全国を目指し戦っている選手たちは、中学3年生。学校では進路指導や高校見学の申込み、クラブチームでは体験会や練習会への参加など、大いに忙しい時期を過ごしているのではないでしょうか。
大好きなサッカーをどこで続けるのか・・・地元?県外?高校?クラブユース?
こちらでは「サッカーを続けたい、頑張りたい」とサッカー強豪校を選択した先輩たちについてご紹介しようと思います。

2019ルーキーリーグにみる進路

ルーキーリーグという高校リーグをご存知でしょうか。

関東・静岡ルーキーリーグU-16
東海ルーキーリーグU-16
関西U-16~Groeien~
四国ルーキーリーグU-16
球蹴男児U-16リーグ

U-16(高校1年生)選手の育成・強化を目的に、錚々たる高校が参加し現在 各エリアで展開中の育成リーグです。今回は上記5つのルーキーリーグに注目。各リーグ出場校のチームデータを元に「進路先の高校」や「サッカー部の内訳」を割り出してみました。

クラブチームからの進路先(ソレッソ熊本清水エスパルス

2018年度クラブユース選手権U-15全国大会に出場したソレッソ熊本
九州U-15リーグに所属し、今年の九州大会での活躍も期待される強豪クラブです。昨年度の選手の中には、熊本学園を筆頭に球蹴男児(九州)リーグ参加校を進路先に選び、頑張っている選手が12名います。

同じく2018年度の全国大会にも出場の 清水エスパルスU-15
清水エスパルスU-18に内部昇格した選手の他、高校サッカーという道を選び「サッカー王国静岡」で 東海ルーキーリーグ関東・静岡ルーキーリーグ を戦い、切磋琢磨している選手が10名います。

U-15クラブチームで一緒に戦ってきたチームメイトと、ルーキーリーグや高校総体、高校選手権で対戦相手として真剣勝負するというのは夢のある話ですね。

では、ルーキーリーグに所属する高校サッカー部にはどんなチームから選手が集まっているのでしょうか。6チームをピックアップしてみます。

出身チーム内訳

2019年度関東ルーキーリーグに参戦の市立船橋

2019年度関東ルーキーリーグに参戦の静岡学園

2019年度東海ルーキーリーグに参戦の東海学園

2019年度関西U-16~Groeien~に参戦の興国

2019年度四国ルーキーリーグに参戦の高松商業

2019年度球蹴男児U-16リーグに参戦の東福岡高校

※表は全てジュニアサッカーNEWSで作成しています。
※グラフ表記上、全てのチーム名が記載できませんでしたが、出身チーム詳細はルーキーリーグ公式HPでご確認いただけます。

参照サイト:関東ルーキーリーグU-16公式HP東海ルーキーリーグU-16公式HP関西U-16~Groeien~公式HP四国ルーキーリーグU-16公式HP球蹴男児U-16リーグ公式HP

市立船橋静岡学園興国のように、色々な都府県から選手が集まっているチーム、東海学園高松商業東福岡など、地元出身の選手を基盤として構成されるチームなど様々です。静岡学園にみるように中学サッカー部を持つ私立高校は、総じて中学部からの入部者も多い傾向にあります。

皆さんの先輩たちのチームはありましたか?

気になる進路情報はこちらにも!
【高校サッカー強豪校に入りたい!】選手権&インハイ都道府県ベスト8【2019年度進路情報】
【2019年度 男子インターハイ(インハイ・高校総体)】全国制覇にむけた戦いが始まっています!【47都道府県まとめ】
東京都の高校受験・いつから情報集め?選ぶ基準は?内申は重要?【高校行ってもサッカーしたい!】

最後に

2018年度の日本全国における3種クラブチームの登録数は1616チームでした(2018年度弊社調べ)
地域差はありますが、各県大会を勝ち抜き、エリア大会に出場するのも並大抵のことではありません。ましてや全国大会ともなると9エリアから48チームしか出場できません。
都道府県大会、エリア大会を経て1戦、1戦、全国大会出場へと近づいていきます。

出場されている皆さんのその頑張りを、出来るだけ速報で全国にお届けできるようジュニアサッカーNEWSライター一同頑張りますので、ぜひ現地からの情報提供をお願いいたします!

▽情報提供はこちらから
Facebook速報グループはこちら
LINE速報グループは こちら
掲示板はこちら
お問い合わせフォームはこちら

今回の特集でお送りした【サッカー進路】
決めなきゃいけないけど、どうしよう・・・。そんな ぼんやりしていたサッカー進路の選択の材料として、少しでもお役に立てたら嬉しいです^^ 次回は「冬の高円宮杯と夏のクラブユース選手権」をお届けする予定です。どうぞ次週の配信をお楽しみに!

2019クラブユース選手権U-15 
vol.1 目指せ全国!日程・会場特集
vol.2 北海道十勝へ応援に行きたくなる、会場近郊の観光特集
vol.3 歴代優勝チームやMVPを振り返る!特集
vol.4 今、女子達も戦っている!U15女子選手権特集

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top