ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2019年度はこのチームで戦う。全力で勝ちに行く、東海エリア強豪校のキャプテンインタビュー特集

高校サッカー夏の祭典と言えばインターハイ。2019年度新体制となって初の全国大会を目指す大会となります。東海U-16ルーキーリーグ(メディアパートナー 株式会社グリーンカード)に参加する強豪校のキャプテンインタビューを集めました。こんなチームで勝ちに行く、というキャプテンたちの意気込みをご覧ください。

普段は仲良し、練習中はバチバチ。暁秀高校(静岡)伊東晃太選手

全員で走ってボールを大切に。浜松開誠館高校(静岡)吉田真那斗選手

苦しいときこそ声を出す。中京大中京高校(愛知)山口 輝選手

キャプテン動画はこちらからご覧いただけます。
各学校のページからご覧ください。
<収録高校>
藤枝東高校
中京大中京高校
浜松開誠館高校
藤枝明誠高校
磐田東高校
各務原高校
清水東高校
東海学園高校
飛龍高校
津工業高校
常葉大立花高校
暁秀高校
岐阜工業高校
大垣工業高校

東海U-16ルーキーリーグ
キャプテンインタビュー

2018年度新人戦の戦績は?

新人戦がその年の強さの指標になるのか。という点に関しては諸説あります。
いわく、出場していない高校もあるので、一概に言えない。
いわく、新人戦で惜しい戦績を残したチームこそ強化してインハイで爆発することがある。
などなど…
2019年東海エリアはどうなるでしょう?

三重 優勝:四日市中央工 準優勝:海星、第3位:津工業三重 

平成30年度 三重県高校サッカー新人大会

岐阜 優勝:各務原、準優勝:岐阜工業、第3位:帝京大可児中京院中京

平成30年度 岐阜県高等学校サッカー新人大会

愛知 優勝:岡崎城西、準優勝:東邦、第3位: 愛工大名電名古屋

平成30年度愛知県高等学校新人体育大会

名南支部予選  名北支部予選  尾張支部予選  知多支部予選  西三河支部予選  東三河支部予選

静岡 優勝県立藤枝東、準優勝:静岡学園、第3位:藤枝明誠東海大付属静岡翔洋

平成30年度静岡県高等学校新人大会サッカー競技 県大会

東部地区予選  中部地区予選  西部地区予選

東海U-16ルーキーリーグは、東海の強豪校のU-16世代(新1年生)が1年をかけて戦う通年制のリーグです。1年生のうちから真剣勝負を繰り返していくことによって、選手の持っているタレントの発掘、成長を期待できます。ここで戦う1年生が、2年後のトップチーム選手として東海の高校サッカーをけん引します。東海ルーキーリーグにもご注目ください!

東海U-16ルーキーリーグ
関連記事

★コチラもおすすめ★
ロングインタビュー特集
◆長崎総附サッカー部 小嶺監督ロングインタビュー
長崎総附サッカー部 小嶺 忠敏監督インタビュー「この子たちをどうにかして育てたい、その一心」

◆東福岡高校サッカー部 森重潤也監督ロングインタビュー
強豪校ゆえの誤解も 東福岡高校サッカー部の「人間教育」 森重潤也監督インタビュー

◆日章学園高校 早稲田一夫監督ロングインタビュー
中高一貫校の挑戦。「僻地」をハンデとせず日本一を目指す日章学園高校・早稲田 一男 監督インタビュー

◆ルーテル学院高校サッカー部 小野秀二郎監督ロングインタビュー
戦績による格付けを超える『チームの価値づくり』ルーテル学院高校サッカー部

◆宮崎日大高校 南光太監督ロングインタビュー
宮崎日大高校 地域企業がチームの環境整備をバックアップ!先進的な取り組みで全国を目指す環境づくり

 

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年(現役続行中)。

得意技はおにぎり1辺きっちり8.5cmに成型できること。
だって今まで何個握ったと…!

2019年度の目標は、
もらった人が微妙な顔をしない写真を撮れるようになること。
すべてのサッカー保護者を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top