ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【楽天高レビュー獲得!】サッカー選手のためだけに作られたジュニアプロテイン PR

小中学生までは準備期間!高校生以降に伸びる選手は「食べる力」を持っている。

全力で走り、激しく体どうしがぶつかる。サッカーは、そんな動きを伴うスポーツです。スポーツによって体の中で消耗されやすいエネルギーというのは違ってきます。

高校生以降、伸びる選手になるために小学生、中学生のうちに気を付けていかなければならないことは「食べること」です。

長年、Jリーガーや強豪校で栄養指導に携わってきた神戸女子大学の坂元先生は、数多くの選手を見てきた中で、高校生以降、厳しい競争の中で選手として成長し、活躍出来る選手にはひとつの共通点があることに気が付きました。

それは、「たくさん食べることが出来る」ということでした。

生まれながらの運動神経やサッカーセンス、普段のトレーニングで習得した技術など、もちろん重要ですが、それ以前に選手自身のコンディションが整っていなければ、その力を発揮することは難しいでしょう。

小中学生まで目立たなかった選手が、高校生になって急激に成長して、プロになったという話は聞きます。

一方、素晴らしい才能を持っていながらも姿を消していった選手も、残念ながら多くいるのです。

サッカー選手としての可能性を大きく広げる「食べる力」。それは小学生~中学生の間に訪れる成長期の体の成長ともに育まれていきます。

まさに準備期間と言えるこの時期に取り入れたいのが今回紹介する「ネルプロ」です。

ネルプロは「食べる力」と最新のスポーツ栄養学の考え方を取り入れた、サッカー専用のジニアプロテインで、普段の食事にプラスアルファして、お子さんの成長をサポートします。

ネルプロはこれまでのジュニアプロテインや成長飲料とは少し違います。「これだけで大丈夫」というものではありません。食事はしっかり食べること。そして、そのうえで必要な栄養を追加するという考え方で作られています。

なぜ「食べ」なくてはならないか?

栄養が足りないと、一生懸命練習していることが逆に選手生命を短くしていってしまう…こういうことが起きてはいけません。

体の中にあるエネルギーは、運動するとその分減ります。運動するために余っているエネルギーを使い切ってしまうと、生きていくのに必要な「基礎代謝」に必要な部分を削ってしまうのが人間の体です。

基礎代謝は生命活動に必要なエネルギーです。基礎代謝が不足してしまうと、健康被害につながりやすいといわれています。健康被害は競技パフォーマンスの低下につながり、そのまま競技から離脱することにつながってしまいます。

ジュニア・ジュニアユースの選手の場合はなおさらです。成長期に使うエネルギーも体の中に残しておかないといけないため、運動量の多いお子さんは普通のお子さんの1.15倍のエネルギーを食事からとることが推奨されています。

ものを食べる、という基本的なことは非常に重要です。サプリメントや成長応援飲料だけでは、胃腸の機能を低下させてしまうことが示唆されています。胃腸の力も付けなければならないジュニア世代・ジュニアユース世代は、ぜひ日頃の食事を大切にしてください。

サッカー選手に必要なエネルギーは?

普通の食事をしたうえで、さらにサッカー選手に必要なのが「競技の特性に応じた栄養素」です。

JFAによると、10.3±2.7歳の日本サッカー選手は鉄・カルシウム・マグネシウム・ビタミンA・B1・B2・Cにおいて、必要量を満たしていないとのことです。特に鉄は体の血液量に直結してくる問題なので、体が成長しているときは鉄を多くとる必要があるとしています。

メディカルインフォメーション(参照サイト:JFA)

ネルプロはサッカーという競技特性に特化した独自のBGS配合を採用しています。

◆BGSのB(Body)
タンパク質(筋肉を作る)
カルシウム(骨の成長を助ける)
ビタミン(体の正常な働きを助ける)
◆BGSのG(Grow)
αGPC(成長ホルモンの分泌に働きかける)
◆BGSのS(Soccer Player)
ヘム鉄(貧血予防)
サンゴカルシウム(約70種類のミネラル)
ラクトフェリン(免疫力を高める)
乳酸菌(腸内環境をサポートする)
フラクトオリゴ糖(腸内環境をサポートする)

強豪校の選手こそ栄養には気を付けている

食べること、栄養を摂ることは睡眠やトレーニングと同じくらい大切なので、強豪校ほど食事に気を付けています。寮で食事を管理しているところもあれば、推奨する栄養補助食品があるところも。

強豪として知られる京都橘高校も、そのひとつです。2019シーズンはユニフォームにネルプロの文字が入りますので、ぜひご注目ください。彼らのような選手になるには、きちんと食べること、そして良いトレーニングをし、質の良い休息をとることが何より必要です。

京都橘高校サッカー部の栄養指導をしていらっしゃる坂元美子先生は、京都橘以外にも、Jリーグ、日ノ本学園女子サッカー部、富山第一高校サッカー部、INAC神戸レオネッサなどさまざまな強豪校・強豪チームで栄養指導をしています。

食べる力を付けられるのは中学生まで、とスポーツ栄養学の坂元美子先生は言います。食べることはすべての基本。3食+補食をきちんと食べること、をベースとしてその上のプラスアルファを目指すのが「にじ色理論」です。

にじ色理論の坂元先生とは?

よく食べる選手はユース年代以降に伸びる傾向がある、とおっしゃるのはスポーツ栄養学の第一人者、神戸女子大学准教授の坂元美子先生です。

にじ色理論とは、

これらの食材をバランスよく食べることで五大栄養素をバランスよく摂り、サッカー選手としての未来も「にじ色」になるように、という意味が込められています。

しっかり食べると、内臓も鍛えられ、食への関心も強められるという効果も期待できます。

サプリだけの生活に偏ると、偏った栄養素の過剰摂取だけでなく、食事よりも腸の運動量が減ることから免疫力の低下も懸念されているようです。

参照サイト:東洋経済ONLINE

効果を実感した方も多数!

ネルプロは夜寝る前の1~2時間の間に、牛乳(または水)と混ぜて飲むタイプの、ココア味の飲料です。寝る前なので消化に負担をかけないよう、吸収しやすい形で作られています。

ココア味なので、プロテインが苦手というお子様でも飲みやすいようです。

楽天でも、背が伸びた!というレビューや、風邪をひかなくなったというレビュー、牛乳を飲まない息子さんが毎日飲んでいる、他社製品よりも甘さが控えめなので安心して与えられる、などさまざまなレビューが満載です。

楽天レビューはこちら

中学生までに「食べる力」を付ける。同時に、サッカーと成長のために必要な栄養素を追加で補給する。ネルプロは、サッカーで活躍したい選手のためのジュニアプロテインです。

ネルプロの購入はこちらから

※6月4日(火)20時から6月11日(火)午前1時59分まで、楽天スーパーセール開催中!スーパーセール期間中にネルプロをネルプロ購入者全員にBMZ社「サッカーがうまくなる足の学習室」小冊子をプレゼントします!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年(現役続行中)。

得意技はおにぎり1辺きっちり8.5cmに成型できること。
だって今まで何個握ったと…!

2019年度の目標は、
もらった人が微妙な顔をしない写真を撮れるようになること。
すべてのサッカー保護者を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More
Return Top