ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

全てのタイトルに絡むのは俺たちだ。関西強豪校キャプテンインタビュー特集

2019年度、令和初のインターハイ県大会予選を控え、関西ルーキーリーグ(グロイエンリーグ・メディアパートナー 株式会社グリーンカード)に参加する強豪校キャプテンたちの動画をあつめました。今年一回目の全国大会、インターハイ(インハイ、高校総体)。府県を背負い、全国大会に出場する気合十分のキャプテンの意気込みをご覧ください。

京都三冠、全国制覇へ 京都橘高校(京都府)佐藤陽太選手

インハイ全国ベスト8を目指す 初芝橋本(和歌山)大谷澪紅選手

チームを紹介する、こんな動画も。

元気が良いのが僕らの推しです。 金光大阪(大阪)村田智哉選手

キャプテン一覧はこちらからご覧いただけます。
各学校のページからご覧ください。
<収録高校>
大阪桐蔭
滝川第二
大阪産業大付属
東海大仰星
近代和歌山
関西大北陽
神戸広陵
三田学園
初芝橋本
東大阪大柏原
興国
阪南大
金光大阪
東山
京都橘
履正社
近大付属
野洲
草津東
四日市中央

関西ルーキーリーグ(Groien)
キャプテンインタビュー

気になる2019年度を占う新人戦は…?

新人戦がその年の強さの指標になるのか。という点に関しては諸説あります。
いわく、関西エリアの場合は新人戦がない府県もあるので一概に言えない。
いわく、新人戦で惜しい戦績を残したチームこそ強化してインハイで爆発することがある。
などなど…
あなたはどう思いますか?
※関西エリアは滋賀・大阪は新人戦という位置づけの大会がわかりません。新人戦扱いになっている大会がありましたらコメント欄からお知らせください。

奈良 ブロック優勝:奈良育英橿原五條、山辺、生駒、高田商業、香芝

平成30年度奈良県高等学校サッカー新人大会

兵庫 優勝:芦屋学園、準優勝:神戸星城、第3位:関西学院高等部滝川第二

2018年度 兵庫県高等学校サッカー新人大会

和歌山 優勝:初芝橋本、準優勝:和歌山北、第3位:近大和歌山

平成30年度 和歌山県高等学校サッカー新人大会

京都 優勝:京都橘、準優勝:桂、第3位:東山立命館宇治

平成30年度 京都府高校サッカー新人大会

関西ルーキーリーグ(関西Groienリーグ)は、強豪校のU-16世代(1年生)が1年をかけて挑む2部制のリーグです。強豪校どうしのせめぎ合いの中、育っていく選手たちが2年後のトップチーム選手として、全国大会をかけての戦いに挑んでいきます。グロイエンリーグにも注目してください!

関西U-16Groeienリーグ
関連記事

★コチラもおすすめ★
ロングインタビュー特集
◆長崎総附サッカー部 小嶺監督ロングインタビュー
長崎総附サッカー部 小嶺 忠敏監督インタビュー「この子たちをどうにかして育てたい、その一心」

◆東福岡高校サッカー部 森重潤也監督ロングインタビュー
強豪校ゆえの誤解も 東福岡高校サッカー部の「人間教育」 森重潤也監督インタビュー

◆日章学園高校 早稲田一夫監督ロングインタビュー
中高一貫校の挑戦。「僻地」をハンデとせず日本一を目指す日章学園高校・早稲田 一男 監督インタビュー

◆ルーテル学院高校サッカー部 小野秀二郎監督ロングインタビュー
戦績による格付けを超える『チームの価値づくり』ルーテル学院高校サッカー部

◆宮崎日大高校 南光太監督ロングインタビュー
宮崎日大高校 地域企業がチームの環境整備をバックアップ!先進的な取り組みで全国を目指す環境づくり

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年(現役続行中)。

得意技はおにぎり1辺きっちり8.5cmに成型できること。
だって今まで何個握ったと…!

2019年度の目標は、
もらった人が微妙な顔をしない写真を撮れるようになること。
すべてのサッカー保護者を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top