ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2015年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)鹿児島県代表選手決定!

6185616671_6d384088e7_z

JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)に鹿児島県より参加するメンバーが発表されました。

今年度より新たに導入されたトレセン制度なので注目度が高まっています。

選ばれた選手の皆さんは7月29日(水)~8月2日(日) に静岡県御殿場市で開催されるFFPに参加します。

photo:?tlc?

鹿児島県 代表選手

1 GK 羽生 一心 ハブ イッシン 2003/7/20 男子 小6 152 cm 36 kg 鹿児島ドラゴンFC
2 GK 渡辺 尋 ワタナベ ジン 2003/8/30 男子 小6 144 cm 36 kg 阿久根フットボールクラブ ポルトス
3 FP 鮫島 汰希 サメシマ タイキ 2003/4/7 男子 小6 149 cm 35 kg SC.SFIDA八幡城南
4 FP 中俣 硫華 ナカマタ ルカ 2003/4/26 男子 小6 145 cm 38 kg 高山サッカースポーツ少年団
5 FP 川原 琉翔 カワハラ ルイト 2003/4/30 男子 小6 138 cm 33 kg 鹿児島ドラゴンFC
6 FP 平 樹龍 ヒラ キリュウ 2003/5/23 男子 小6 146 cm 36 kg 武岡SC
7 FP ?野 隼人 サキノ ハヤト 2003/6/17 男子 小6 145 cm 42 kg 伊集院サッカースポーツ少年団
8 FP 入江 樹恵 イリエ キサト 2003/6/30 男子 小6 142 cm 32 kg 東郷サッカースポーツ少年団
9 FP 七里 太音 シチリ タオ 2003/7/15 男子 小6 148 cm 35 kg 一湊小サッカースポーツ少年団
10 FP 前原 慶維 マエハラ ケイ 2003/7/15 男子 小6 149 cm 38 kg 高山サッカースポーツ少年団
11 FP 野元 汰晟 ノモト タイセイ 2003/7/31 男子 小6 153 cm 41 kg 太陽スポーツクラブ国分
12 FP 吉崎 信也 ヨシザキ シンヤ 2003/8/1 男子 小6 149 cm 38 kg FC牧之原
13 FP 吉田 光佑 ヨシダ コウスケ 2003/9/27 男子 小6 146 cm 36 kg ARTIERE
14 FP 佐藤 璃樹 サトウ リキ 2003/11/30 男子 小6 144 cm 32 kg SC.SFIDA八幡城南
15 FP 愛川 陽菜 アイカワ ハルナ 2003/12/4 女子 小6 154 cm 38 kg 串木野FC
16 FP 吉田 徹心 ヨシダ テッシン 2004/3/16 男子 小6 137 cm 32 kg FC朝日

47都道府県メンバー一覧はこちら(参照サイト:日本サッカー協会)

JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)

2015年度より導入された新しいトレセン制度です。

これは47都道府県から選ばれたトレセンチーム、計48チーム(東京2チーム)が参加し、計768名の選手が集まるため今までにない大きな規模のトレセンとなります。

全日本少年サッカー大会が冬開催へと変更になったことで夏のジュニアの予定が大幅に空いたということも受け開催されることとなりました。

今までは全国の選手を一斉に集める形でのトレセンU-12を廃止し、9つに分けた地域ごとで開催していましたが、特に地方の選手にとっては刺激が弱くなるなどマイナス面も指摘されていたということも再度開催が決定した大きな要因と言えます。

U-12世代にとってのスキルアップの場だったり目標が一つ増えた形となりました。

FFP最新情報はこちら

関連記事:トレセンってつまり何?

最後に

選ばれた皆さん、全国各地の選抜メンバーの集まるFFPで良い刺激を受けたくさん吸収してきてください!

九州各県のジュニアサッカー情報を少年サッカー応援団サイトで配信中!
新着情報はこちらでチェックできます。

<全国少年サッカー応援団サイト 九州>
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

2015年度 ナショナルトレセンU-12 九州まとめはこちら

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top