ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2015年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)熊本県代表選手決定!

6185616671_6d384088e7_z

JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)に熊本県より参加するメンバーが発表されました。

今年度より新たに導入されたトレセン制度なので注目度が高まっています。

選ばれた選手の皆さんは7月29日(水)~8月2日(日) に静岡県御殿場市で開催されるFFPに参加します。

photo:?tlc?[sc name=”newadsense”]

熊本県 代表選手

1 GK 毛利 優太 モウリ ユウタ 2003/5/1 男子 小6 155 cm 43 kg アスフィーダ熊本
2 GK 北里 大地 キタザト ダイチ 2003/6/11 男子 小6 157 cm 40 kg リベルタ北熊本F.C.
3 FP 中村 尚輝 ナカムラ ナオキ 2003/4/4 男子 小6 153 cm 35 kg FC BIGWAVE(U12)
4 FP 最上 龍聖 モガミ リュウセイ 2003/4/18 男子 小6 146 cm 37 kg レタドール熊本SC
5 FP 田中 晴友 タナカ ハルト 2003/5/14 男子 小6 143 cm 37 kg NPO法人スポーツクラブ・エスペランサ熊本
6 FP 田崎 翔真 タサキ ショウマ 2003/5/15 男子 小6 134 cm 28 kg FC LISOL
7 FP 林野 恵太郎 ハヤシノ ケイタロウ 2003/5/19 男子 小6 152 cm 40 kg バレイアサッカークラブU?12
8 FP 石橋 颯太 イシバシ ソウタ 2003/6/12 男子 小6 152 cm 40 kg シャルムFC熊本
9 FP 森田 大智 モリタ ダイチ 2003/6/18 男子 小6 140 cm 31 kg ディラネーロ天草
10 FP 坂本 一彩 サカモト イサ 2003/8/26 男子 小6 148 cm 45 kg ソレッソ熊本U?12
11 FP 岩本 昌大郎 イワモト ショウタロウ 2003/8/26 男子 小6 142 cm 32 kg ソレッソ熊本U?12
12 FP 児玉 凌空 コダマ リク 2003/9/18 男子 小6 133 cm 30 kg FC Almalazo.Ueki
13 FP 薬師田 澪 ヤクシダ レイ 2003/10/17 男子 小6 158 cm 45 kg UKI?C.FC U?12
14 FP 谷山 湧人 タニヤマ ユウト 2003/10/31 男子 小6 143 cm 33 kg UKI?C.FC U?12
15 FP 上村 絢都 ウエムラ ケント 2003/11/23 男子 小6 141 cm 32 kg NPO法人 ひとよしフットボールクラブ
16 FP 吉村 英隼 ヨシムラ ハルト 2004/2/19 男子 小6 145 cm 35 kg ブレイズ熊本ジュニア

47都道府県メンバー一覧はこちら(参照サイト:日本サッカー協会)

JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)

2015年度より導入された新しいトレセン制度です。

これは47都道府県から選ばれたトレセンチーム、計48チーム(東京2チーム)が参加し、計768名の選手が集まるため今までにない大きな規模のトレセンとなります。

全日本少年サッカー大会が冬開催へと変更になったことで夏のジュニアの予定が大幅に空いたということも受け開催されることとなりました。

今までは全国の選手を一斉に集める形でのトレセンU-12を廃止し、9つに分けた地域ごとで開催していましたが、特に地方の選手にとっては刺激が弱くなるなどマイナス面も指摘されていたということも再度開催が決定した大きな要因と言えます。

U-12世代にとってのスキルアップの場だったり目標が一つ増えた形となりました。

FFP最新情報はこちら

関連記事:トレセンってつまり何?

最後に

選ばれた皆さん、全国各地の選抜メンバーの集まるFFPで良い刺激を受けたくさん吸収してきてください!

九州各県のジュニアサッカー情報を少年サッカー応援団サイトで配信中!
新着情報はこちらでチェックできます。

<全国少年サッカー応援団サイト 九州>
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

2015年度 ナショナルトレセンU-12 九州まとめはこちら

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top