ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2015年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)最終結果!(8/11更新)

7月29日(水)から8月2日(日)まで行われるJFAフットボールフューチャープログラムトレセン研修会U-12の最新情報をお知らせします。

8/11 NEW! クワトロゲーム結果及び各種表彰結果を追記しました

8/3 NEW! 試合結果を更新しました

7/25 NEW! 47都道府県の参加メンバーが発表されたので更新しました

photo:·tlc∙

JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)トレセン研修会U-12

【日程】

2015年7月29日(水)~8月2日(日)

【場所】

御殿場高原時之栖 〒412-0033 静岡県御殿場市神山719
時之栖スポーツセンター 〒410-1105 静岡県裾野市下和田420-12
帝人アカデミー富士 〒410-1105 静岡県裾野市下和田656

【概要】

2015年度より導入された新しいトレセン制度です。

試合、トレーニングのみならず、オフザピッチでのプログラム及び指導者、保護者との関わりを通じて、この年代のフットボールのグランドデザインについて総合的に考える場となりす。

U-12年代のチームの活動(リーグ戦・全国大会)と個の活動(トレセン)を両立させ、選手の日常的な活動を充実させることで、日本サッカーのレベル向上と、将来日本代表を目指す選手を育成することを目的としています。

これは47都道府県から選ばれたトレセンチーム、計48チーム(東京2チーム)が参加し、計768名の選手が集まるため今までにない大きな規模のトレセンです。

全日本少年サッカー大会が冬開催へと変更になったことで夏のジュニアの予定が大幅に空いたということも受け開催されることとなりました。

今までは全国の選手を一斉に集める形でのトレセンU-12を廃止し、9つに分けた地域ごとで開催していましたが、特に地方の選手にとっては刺激が弱くなるなどマイナス面も指摘されていたということも再度開催が決定した大きな要因と言えます。

U-12世代にとってのスキルアップの場だったり目標が一つ増えた形となりました。

参加選手について

【参加資格】

日本サッカー協会加盟登録選手
(外国籍選手でもその選手の参加が他の選手にプラスと考えられる場合、参加を承認する)

年齢2003(平成15)年4月2日以降出生の者

日常的にトレセンで活動している者

【選手選考の基準】

選手の潜在的な能力、将来性、個性等を重視し、後の日本代表へとつながる選手を選出する。選考は各地域担当のナショナルトレセンコーチがサポートするが、最終的には地域の責任者に委ねられる。従って、地域の責任者は一回の選考会の出来・不出来のみならず、継続的な活動の中から地域としてのベストメンバーを選出すること。
また、選考にあたっては同一チームに偏ることのないよう配慮する。
なお、本研修会は大会ではないため、研修会のための過度のチーム強化は行わないこと。

【参加チーム・人数】

48チーム(東京都×2チーム、道府県×1チーム)参加。
1チーム選手16名:下の年齢が多くなるのは構わない。また、ポジションにはこだわらないが、GKは原則として2名以上を選出すること。
1チームスタッフ3名:日本サッカー協会公認指導者資格の有資格者を含むこと。

参加選手一覧

各都道府県をクリックでそれぞれの参加メンバー一覧ページに移ります。

[北海道]
[東北] 青森 秋田 山形 岩手 宮城 福島
[関東] 東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城 山梨
[北信越] 新潟 石川 福井 富山 長野
[東海] 愛知 三重 岐阜 静岡
[関西] 大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
[中国] 広島 岡山 山口 島根 鳥取
[四国] 徳島 香川 愛媛 高知
[九州] 福岡 熊本 佐賀 大分 宮崎 長崎 宮崎 鹿児島 沖縄

47都道府県参加メンバー一覧はこちら

最終結果

1次リーグと順位決定リーグ共に全勝したのは大阪チーム、群馬チームでした!

・1次リーグ全勝チーム:大阪、新潟、群馬、岩手、三重、兵庫、茨城、愛知
・順位決定リーグ全勝チーム:大阪、群馬、岡山、鳥取、秋田

FFPは試合で順位を決めるのが本来の目的ではありませんが参考程度に掲載しております。

【表彰一覧】

MIT
山梨県トレセン

ゴールデングローブ&ブーツ賞
山形慈恩/アイリス住吉(大阪)

ゴールデンブーツ賞
岸本怜緒/智頭FC(鳥取)

順位決定リーグ試合結果

LINE速報グループで情報提供いただきました!ありがとうございました!

成績上位チーム
A組大阪 勝ち点9
C組群馬 勝ち点9
J組岡山 勝ち点9
K組鳥取 勝ち点9
I組秋田 勝ち点9

IMG_7869 IMG_7870 IMG_7871 IMG_7872

クワトロゲーム結果

1.宮下菖悟/ARTE八王子(東京2)
2.淀川誠珠/COPAMUNDIAL FC SENDAI(宮城)
3.根木賢聖/SSクリエイト(大阪)
4.木脇蓮苑/木之川内SSS(宮崎)
5.松原輝空/徳島FCリベルモ(徳島)
6.佐々木穂乃花/福田SSS(青森)

1次リーグ試合結果速報

LINE速報グループで情報提供いただきました!ありがとうございました!

大阪と新潟がそれぞれ勝点470を獲得し暫定1位となっています。順位決定リーグは8月1日(土)、 2(日)に行われます。

1S__8847418 2S__8847417 3S__8847416 4S__8847419

スケジュール・組み合わせ

■7月30日(木):1次ラウンド

組合せ組合せ2

■7月31日(金):クアトロゲーム

クアトロゲームとは
4対4(GKなし)の少人数ゲームです。
複数回ゲームを行いゲームごとにチームの仲間や相手が変わり、勝点や得点の合計を競います。

クアトロゲーム日程表はこちら

■8月1日(土)〜8月2日(日):順位決定リーグ戦

順位決定リーグ戦日程表はこちら

参照:JFAフットボールフューチャープログラムトレセン研修会U-12公式サイト

最後に

今年度から新たに導入されたFFPに注目が集まっています。参加する選手や指導者の皆様だけでなく、他の選手や他の関係者の皆様にもいい刺激となっていることと思います。これがジュニア世代の発展に繋がることを期待します。

2016年1月に日本サッカー協会にインタビューした記事はこちら!トレセンについてもお伺いしています。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top