ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2019年度 Iリーグ(インディペンデンスリーグ)東海 Bリーグ1st優勝は愛知学院大学U20!Aリーグ情報お待ちしています!

7月21日(日)に開催されました「 Independence League/インディペンデンスリーグ2019 TOKAI」Bリーグの結果が分かりましたのでお知らせします。
Bリーグは1st(前期)終了!愛知学院大学U20が前期リーグ優勝となりました。
Aリーグの残り試合結果をご存知の方がいらっしゃいましたら、情報提供お願いいたします!

2019年度 大会結果詳細

情報提供・閲覧はこちらから
◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

リーグ戦表
Aリーグ   7/21情報お待ちしています!

東海学園大学B、東海学園大学U22、静岡産業大学U22、中京大学U22B、名古屋商科大学B、愛知学院大学U22、四日市大学U20、岐阜協立大学U22、常葉大学、名古屋学院大学、愛知淑徳大学、名古屋大学、東邦大学

リーグ戦績表 ◀クリックしてみてね

参照:東海学生サッカー連盟HP

Bリーグ 1st最終結果

東海学園大学A、静岡産業大学U20、中京大学U20、中京大学U22A、名古屋商科大学A、名古屋経済大学U22、愛知学院大学U20、四日市大学U22、岐阜協立大学U20、中部大学、名古屋産業大学、日本福祉大学

リーグ戦績表 ◀クリックしてみてね

関連記事

I(インディペンデンス)リーグ2019
北海道地区 東北地区 北信越地 関東地区 東海地区
関西地区 中国地区 四国地区 九州地区

I(インディペンデンス)リーグ2019 全国大会
第17回インディペンデンスリーグ全日本大学サッカーフェスティバル

大学生情報
2019年度 第58回東海学生サッカーリーグ戦
2018-2019 第36回 学生サッカー選手権大会 天皇杯愛知・大学予選
【大学サッカー、もう一つの全国大会】福岡大学の名将・乾監督に聞くIリーグ(インディペンデンスリーグ)の魅力とは?
インタビュー動画公開!Jリーガーの6割は大卒の時代!?【強豪福岡大学サッカー部】乾監督に聞いた「中高生がやっておくべきこと」と「福大サッカー部の取り組み」
【九州の雄・福大強さの秘訣】部署制度導入で切り開く「新時代大学サッカー部のカタチ」
【Jリーグ出身校別選手輩出数ランキング】高校、ユース、大学の3部門のトップ10

Independence League/インディペンデンスリーグ2019 TOKAI

日程

2019年4月28日(日)~11月10日(日)

会場

東海学園大学グランド、静岡産業大学グランド、中京大学グランド、名古屋商科大学グランド、名古屋経済大学グランド、愛知学院大学グランド、岐阜協立大学グランド、中部大学グランド、名古屋産業大学グランド、日本福祉大学グランド、常葉大学有玉グランド

大会概要

主催
全日本大学サッカー連盟  東海サッカー協会  東海学生サッカー連盟

リーグ構成
・1stステージとFinalステージの二期制。東海学生リーグと原則別日に行う。Finalステージ上位リーグで全国大会出場チームを決定する。
・リーグの試合時間は、前後半45分ずつの計90分とする。

大会概要抜粋(参照:東海学生サッカー連盟HP)

参加チーム

<グループ名 13チーム>
東海学園大学B、東海学園大学U22、静岡産業大学U22、中京大学U22B、名古屋商科大学B、愛知学院大学U22、四日市大学U20、岐阜協立大学U22、常葉大学、名古屋学院大学、愛知淑徳大学、名古屋大学、東邦大学

<グループ名 12チーム>
東海学園大学A、静岡産業大学U20、中京大学U20、中京大学U22A、名古屋商科大学A、名古屋経済大学U22、愛知学院大学U20、四日市大学U22、岐阜協立大学U20、中部大学、名古屋産業大学、日本福祉大学、東邦大学

東海地域の最新情報はこちら

愛知少年サッカー応援団
静岡少年サッカー応援団
岐阜少年サッカー応援団
三重少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2018年度>
優勝 :静岡産業大学U22
準優勝:東海学園大学U20
第3位:静岡産業大学U20
結果詳細はこちら(参照:東海学生サッカー連盟HP)

<2017年度>
情報お待ちしています

<2016年度>
情報お待ちしています

最後に

情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top