ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【トレセン分析】2018年度ナショナルトレセン後期(U-14)四国

2018年度ナショナルトレセン(U-14)後期交流戦が11月23日~25日に行われました。この大会はJFAに発表された参加メンバーのデータをもとに分析をしています。

従来のトレセン情報ですと、複数の保護者の方から、すでに「このメンバー表の身長が前期のまま、本人は伸びているのに身長が書き換えられていません」「所属チーム名が間違っています」「申請した身長体重と数値がちがいます」などの情報を数件いただくことがありました(今年度はまだありません)。

公式データを基にしていますが、実際と誤差がある可能性もあるということをご了承のうえ、参考程度にお読みくださればと思います。なお、表は弊社作成によるものですので、公式のものではありません。無断掲載・転用をお控えください。

全国平均身長・平均体重のデータは、厚生労働省 厚生統計要覧(平成28年度)第2編 保健衛生 第1章 保健 第2-6表 身長・体重の平均値,性・年次×年齢別を参照しています。

2018年度ナショナルトレセンU-14後期の日程・メンバーはこちらから
2018年度ナショナルトレセンU-14前期の日程・メンバーはこちらから

全国 のデータはこちら
北海道エリア のデータはこちら
東北エリア  のデータはこちら
北信越エリア のデータはこちら
関東エリア  のデータはこちら
東海エリア  のデータはこちら
関西エリア  のデータはこちら
中国エリア  のデータはこちら
九州エリア  のデータはこちら
アカデミー  のデータはこちら

2018年度ナショナルトレセン(U-14)後期

四国

身長

U-14GK平均 174.0㎝ (全国平均176.4㎝)
U-14FP平均 161.1㎝ (全国平均165.0㎝)
U-14平均 162.9㎝  (全国平均166.6㎝)
※小数点第2位以下を四捨五入しています

四国エリアで選ばれた選手は、FPの全国平均身長より4㎝弱下回る結果となりました。
この結果から、四国エリアは身長で選抜するのではなく、他の観点から選抜しているのが推測できます。

【補足】
GKの平均身長についてですが、小学生までのゴールとは異なり、ゴールの大きさは
・ゴールポストの感覚(内側から内側まで)が7m32cm
・クロスバーの高さが地面から2m44㎝
となります。

身長183㎝(6フィート)のとき、手をあげた高さは226㎝になるとフランスの建築家、ル・コルビュジェは規定しています(モデュロールという寸法体系です)。

人間の腕を横に広げた大きさはその人の身長とほぼ等しいといわれていますので、この比率を基に計算すると192㎝の人は背伸びをせずに高さ244㎝のゴールポストに触れることができると仮定できます。

体重

U-14GK平均 61.3㎏  (全国平均63.2㎏)
U-14FP平均 49.4㎏  (全国平均53.2㎏)
U-14平均 51.0㎏  (全国平均54.6㎏)
※小数点第2位以下を四捨五入しています

体重においても、FP全国平均体重より、四国エリアは4㎏弱軽くなっています。
ただU-14はこれから成長期が来る年代であり、これからどんどん大きく強くなる楽しみな年代ですね。

誕生月

2005年6月生まれが5人と多く選ばれているますが、他は分散しています。これは、他の地域とは少し異なっています。四国エリアは昨年度も誕生月は分散している傾向でした。

チーム

徳島ヴォルティスから10名と多く選出されていますが、他は色々なチームからの選出となっています。

関連記事

トレセンを受ける人・受かった人に読まれている記事はこちら
※人気ランキングになっています。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住ですが、2018年8月より大阪担当をしています。
コロナコロナで、趣味のライブ、サッカー観戦も出来ない今の状態…

ストレス溜まります( ノД`)エーン
でも、いつまでもこの状態が続くわけではない!!!
今だからこそ出来ることをやっていきたいと思います。

前向きに前向きに・・・
Return Top