ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

                    2019年度進路情報はこちら

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

2016年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)宮城県代表選手決定!

2016年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)に宮城県より参加するメンバーが発表されました。

選ばれた選手の皆さんは8月3日(水)~7日(日) に静岡県御殿場市で開催されるFFPに参加します。

LINEで情報提供いただきました。ありがとうございます!

2016年度 FFP宮城県代表メンバー

岩手 大成 ベガルタ仙台
針生 奏汰 FCセレスタ
小野寺 環 ベガルタ仙台
小野 喬 アバンツァーレ仙台SC
高橋 竜馬 アバンツァーレ仙台SC
渡邉 幸汰 コバルトーレ女川・石巻ジュニア
渡邊 吏玖 アバンツァーレ仙台SC
佐藤 翔太 コバルトーレ女川・石巻ジュニア
大友 豪士 ベガルタ仙台
保原 ひな コバルトーレ女川・石巻ジュニア
鈴木 来夢 コバルトーレ女川・石巻ジュニア
早坂 優空 塩釜FC
及川 空 アバンツァーレ仙台SC
小林 亮太 ベガルタ仙台
野木 夢翔 S・K FC
菅井 一那 四郎丸サッカースポーツ少年団

2016年度 JFAフットボールフューチャープログラム(FFP)

【日程】

2016年8月3日(水)~7日(日)

【場所】

御殿場高原時之栖
時之栖スポーツセンター

【概要】

2015年度より導入された新しいトレセン制度です。
全日本少年サッカー大会が冬開催へと変更になったことで夏のジュニアの予定が大幅に空いたということも受け開催されることとなりました。
これは47都道府県から選ばれたトレセンチーム、計48チーム(東京2チーム)が参加し、計768名の選手が集まるため今までにない大きな規模のトレセンとなります。
今までは全国の選手を一斉に集める形でのトレセンU-12を廃止し、9つに分けた地域ごとで開催していましたが、特に地方の選手にとっては刺激が弱くなるなどマイナス面も指摘されていたということも再度開催が決定した大きな要因と言えます。
U-12世代にとってのスキルアップの場だったり目標が一つ増えた形となります。

2016年度 JFA公認指導者研修 JFAフットボールフューチャープログラム /トレセン研修会U-12

【日程】

2016年8月6日(土)~7日(日)

【場所】

時之栖スポーツセンター 裾野グラウンド

【目的】

・47FA都道府県で活動しているU-12トレセン参加選手・指導者の活動を視察し、U-12年代の現状を把握・理解する。
・U-12年代の指導に関するレクチャーやディスカッションなどを通じて指導者としてのレベルアップを図る。

<JFAフットボールフューチャープログラム トレセン研修会U-12>
・47FA都道府県で活動しているU-12トレセン参加選手・指導者が一堂に会した研修会を開催。
・U-12年代の「チーム活動」と「個の活動」を両立させ、選手の日常的な活動を充実させることで、日本サッカーのレベル向上と、将来日本代表を目指す選手を育成することを目的とする。

参照:日本サッカー協会

関連記事

最後に

参加選手の皆様は頑張ってください!きっと今後に繋がる何かを得られると思います。チームに持ち帰ってシェアしてくださいね。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード広報栗原
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。元エステティシャン。2014年4月株式会社グリーンカード入社。広報担当。

2015年にこのサイトをオープンしてから3年。
今では50人の組織となり月間150万人の保護者様が訪問してくださるサイトとなりました。

ふと振り返ってみると開設当初は5人程度のチームで
アマチュアスポーツ界を変えたいという野望はあるけどノウハウもマニュアルも当然ほとんどなくて思いついたこと全部やって、100やって99失敗みたいな日々を経てきました。

今でも何が正解かわからない部分がたくさんあって、でもそこが面白くて続けています。

というドM気質を発揮しながら今日もユーザーの皆様に喜んでいただけるようなサイトを運営していこうとおもいます!

コメント欄

*

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top