ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

びっくり

はじめまして、OMOです。

今年の夏はほんとに暑かったですが、さすがに秋に入ろうとしている今日この頃ですね。

この春、息子も中1になり成長期とサッカーをする量も格段に増え、膝を痛めて少し前まで違う練習メニューでチームに参加していました笑い泣き

…その昔、ジュニア時代、公式戦の応援に行った時に、(試合中だったのですが) 知らないおじいちゃんとサッカーの話がはずんだ事 (試合もみたいけどアセアセ) がありました。

その方の息子さんは全国高校選手権・決勝まで進んで、市船に負けて準優勝をしたそうです。いろんな興味深い話の中で、子供が怪我をした時の親の心構えを言われた事をふと思いだしました。
そのおじいちゃん曰く、「医者が3日休めと言ったら親は一週間休ませるくらいの`気持ち'でいた方がいい」と… 。
子供の急ぐ気持ちと怪我とレギュラー争いと…いざそうなると子供とのやりとりが難しい。最近はようやく良くなってきたので、ボチボチ加減しながら参加オッケー…この加減しながらもこれまた難しい。なんとか子供とのやりとりを経て、ひとまず痛みも治り、本人もサッカーが出来るようになったのでご機嫌も戻りました照れ

ちなみに、そのおじいちゃんはその日お孫さんの野球の応援で来ていたそうです。(あれ?お孫さんの野球は見なくてよかったのか?) そのおじいちゃんと息子さんの沢山の思い出話などなど、特に選手権の話を聞けて楽しかったですけど…

以前からチチローならぬハハローで適当に足裏マッサージなどしてたのですが、ふと足のツボって?と思って調べてみたら…ものすごい数のツボ  膝のツボはこんなところにあるの?とびっクリびっくり

(参照:AERA.dot)

ジュニアサッカーニュースでも、怪我や成長期の身体、食事の面でのサポートなどなど、保護者お役立コラムが沢山ありますので、是非そちらものぞいてみてくださいね。
キラキラ足にまつわるおススメコラムキラキラ
↓↓↓
足が遅くても「初速」の速さを追求すればスピードを克服できる―岡崎選手に学ぶ鈍足の努力―

この他にも、たくさんのライターさんが書かれたお役立情報も満載。私自身、楽しみに読んでますニコニコ

話はめちゃ飛びますが、さすがに秋の入り口、先週くらいから、栗が店頭に並ぶようになってきたので、栗好きの息子と私は、毎年恒例の?渋皮煮を作ることに 🌰
一番外側の鬼皮を剥く担当が息子です
また、今週もいろんなお店で栗探ししてこようと思っていますキラキラ

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top