ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

堂安律選手・権田修一選手の出身チーム紹介!日本代表【堂安選手が仕掛けてPK奪取!ベトナムを振り切りベスト4!】AFCアジアカップ2019


いよいよベスト8のチームが出揃って佳境に入ってきたAFCアジアカップ2019。
ここまで勝ち残ってきただけに、楽に勝てるチームなどもちろん存在しません。
タイトな日程が続く日本代表がベスト4をかけて対戦するチームは、今アジアで最も勢いに乗っているであろうベトナム代表です。

ベトナム代表は2018年12月20日に発表された最新のFIFAランキングでは100位にランクインしています。(日本代表は50位)
日本代表はベトナム代表と過去3回対戦し、3勝0分0敗で9得点し1失点です。
前回対戦したのは2011年10月キリンチャレンジカップ、試合は1-0で日本代表が勝利しています。
FIFAランキング、過去の対戦成績から見てもさほど難しい相手では無い様に見えますが、近年積極的に若手の育成に力を注ぎ2017年にU-20ワールドカップ初出場を果たすと、翌年にはAFC U-23選手権で準優勝。2018年のアジア大会では、森保監督率いるU-21日本代表がグループリーグでベトナムに0-1で敗れています。
2018年末の東南アジアサッカー選手権では10年ぶりに東南アジア王者に返り咲くなど、成長著しいチームです。
しかし、優勝を目指す日本代表にとってどのチームでも負けられないのは同じです。
連戦の疲れもありますが、自分たちの力を信じて勝利を掴み取ってください!

頑張れ!日本代表!

(FIFAランキング他参照:FIFAランキング.netwikipedia

スターティングメンバー

GK 権田
DF 長友、冨安、吉田、酒井
MF 遠藤、柴崎、原口、南野、堂安
FW 北川

試合詳細

前半23分、左CKを柴崎選手が蹴り、ゴール前の吉田選手がゴールにねじ込む!
先制ゴールかと思われたがVAR判定で吉田選手のハンドを取られノーゴール。
前半28分、再びCKのチャンスにショートコーナーを選択、柴崎選手→堂安選手→柴崎選手と繋ぎゴール前に上げたボールに冨安選手が頭で合わせるも、GKがファインセーブ。
前半35分、ベトナム代表がカウンターからパスを繋ぎ最後にシュートを打たれるもGK権田選手がキャッチ。
前半37分、GK権田選手からのパスを受けた吉田選手のトラップが大きく、ベトナム選手に狙われシュートを打たれるが権田選手が体を張ってブロック。
前半44分、柴崎選手から右サイドの堂安選手へパス。追い越した南野選手がパスを受けダイレクトでシュートもベトナムGKが左手一本で弾き出す。ゴールならず。
日本代表優勢で試合を進めるもここで前半終了。0-0。

メンバーチェンジ無しで後半開始。
後半9分、PA内に侵入した堂安選手が倒されるがプレー続行。。。かと思われたが主審はVAR判定を要求。
相手DFの足が掛かっていたとしてPKに。
これを堂安選手が右隅に力強く冷静に決める。1-0。日本代表が先制。
後半22分、大きく左にサイドチェンジしたボールを受けた原口選手がカットイン、右足でシュートを放つがGK正面。
後半27分、北川選手OUT→大迫選手IN
後半32分、原口選手OUT→乾選手IN
後半37分、中盤からドリブルで持ち込む乾選手がスルーパス、堂安選手が反応するがシュートには至らず。
後半44分、南野選手OUT→塩谷選手IN
最後は落ち着いてボールをキープしつつ時間を進め、試合終了。

堂安選手が仕掛けて奪ったPKの1点を攻めの姿勢を貫いて守り切り、見事ベスト4に進出しました!

本日の活躍選手、出身チーム紹介!

積極的な突破で得たPKを自ら決めた!堂安律選手の出身チーム!

チーム名のリンクからチーム紹介記事をご覧いただけます。

もどかしい展開が続く中積極的な仕掛けでPK奪取、自ら決めて先制点を奪った堂安律選手は兵庫県尼崎市出身です。
小学時代は西宮SSに所属しています。
中学進学時にガンバ大阪ジュニアユースへと進みます。ガンバ大阪ジュニアユース時代にはU-15年代のクラブチームが出場する全国大会で3冠達成(高円宮杯全日本ユース選手権(U-15)全日本U-15選手権日本クラブユースサッカー選手権(U15)大会)に貢献。
高校生からはガンバ大阪ユース所属。
高校2年時にトップチームに2種登録され、16歳344日の若さで公式戦デビューを飾りました。(クラブ史上2番目)

日本のゴールマウスを死守!権田修一選手の出身チーム!

チーム名のリンクからチーム紹介記事をご覧いただけます。

凄まじいサッカー人生、何度もくじけそうになりながらも不屈の精神で再び日本代表の守護神の座を掴んだ権田選手は、東京都世田谷区出身です。
小学生時代は神奈川県川崎市のさぎぬまSCに所属して、GKとして川崎市選抜・神奈川県選抜に選ばれています。
中学進学時にFC東京U-15に入団、2003年のクラブユース選手権で優勝し日本一を経験しました。
高校進学後、FC東京U-18に昇格。2005年に2種登録選手としてトップチームの練習に参加、2007年からは高校に在学しながらトップチームに正式に昇格しました。その年のシーズン終盤にはサブとして公式戦のベンチ入りを果たしています。

(参照:Wikipedia他)

◆バックナンバー
・冨安健洋選手・遠藤航選手の出身チーム紹介!
・乾貴士選手・室屋成選手の出身チーム紹介!
・長友佑都選手・武藤嘉紀選手の出身チーム紹介!
・吉田麻也選手・柴崎岳選手の出身チーム紹介!
・山中選手・原口選手・中島選手の出身チーム紹介
・酒井宏樹選手・冨安健洋選手の出身チーム紹介!
・堂安律・大迫勇也・南野拓実選手の出身チーム紹介!
・南野・伊東・川又選手の小~高時代出身チーム紹介!

関連記事

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS応援団副編集長・福岡伊海 智裕
伊海 智裕です。
山口県出身、福岡県在住。家族とサッカーと猫’Sに囲まれて暮らしています。

長男は大学進学と共にサッカーを離れ、次男はもう高校生。。。
大変大変!と言っていたサッカー小僧の保護者生活もあと何年続けられる事やら。。。
そう考えると大変だったけど幸せだったなあ、と思う今日この頃です。

保護者の皆様、今の大変さをどうか幸せに感じてくださいね。
週末に朝から晩まであちこち飛び回って応援できる日々があるのは、とても幸せな事だと今になって思います。

次男よ、選手でも審判でもずーっと続けていいんだよ~

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top