ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

保護者寄稿コラム「運動が苦手だった息子がサッカーを始めた!(我が子のサッカーとの関わり方)」

こちらのコラムは少年サッカーのあれこれについて寄稿いただく、あくまで個人の意見を述べた投稿式コラムです。皆さんはどう思われますか?コメント、寄稿お待ちしております!
投稿はこちらから
保護者、チーム関係者の投稿式コラムを始めました!寄稿続々募集中!

運動が苦手な幼少期

我が家の息子がサッカーを始めたのは幼稚園の頃でした。
息子は「走ることが苦手」「争いごと苦手」「どちらかといえば室内で本を読むのが好き」という幼少期を過ごしました。そんな彼がサッカーに出会ったのは、幼稚園の頃。通っている幼稚園にサッカーチームがあったのです。走ることにもボールを蹴ることにも全く興味がなかった息子が幼稚園でサッカーを始めたのは「お友達がたくさんサッカーをやっていたから」この理由に尽きます。幼稚園でのサッカーの練習時間は積極的に練習に加わるわけでもなく、いつも砂遊び…ボールも全く追いかけません!走るのが嫌いだったのでキッズの大会に参加するときは自ら「キーパーしたーい!」と志願する始末。幼稚園時代の彼は果たしてサッカーをやっていて楽しいのだろうか?という疑問がありました。

近所のサッカーチーム

今の家に引っ越しをしたのち、息子は近くにサッカーチームをみつけてきました。小学1年生だった息子は、やはりお友達が通っているという理由で通いたいと言い出し、チームのパンフレットをもらってきて父親(夫)に交渉したのです!「お友達とサッカーやりたい」と…

こうして息子の長いサッカー生活が始まりました。

ジュニアチームに入っても相変わらず息子は走らず、「お前は走れないからゴール前に立っとけ!」監督のそんな言葉から息子はゴールの前の門番と化します。練習中もずっとゴールの前に立たされ、フィールダーとしての走る練習には参加させてもらえません。もちろん親の気持ちとしては正直、フィールダーとして走り回ってほしかったのですが、普段の練習から ずっとキーパーとしてゴールの前に立ってばかりいたので、周りのお友達とのフィールドプレイヤーとしての力の差は歴然でした。そんな時、運命の出会いがあったのです!

新しい出会い

小学5年生の時に お友達の紹介で所属チームとは別にキーパースクールに通い始めました。そこではキーパーだけでなくフィールダーも経験させてもらえました。息子は、その経験の中で初めてサッカーの面白さを知ったのだと思います。キーパースクールに通い始めてからはサッカーにのめり込み、ジュニアユースでは尊敬する指導者に出会い学ぶこともできました。ジュニアユース時代には、新人戦でも優勝することができ沢山のことを経験させてもらえたので、トレセン選考会にも選ばれるほど成長させていただきました。その後も高校進学と同時にサッカーも続け、今では大学でもサッカーを続けています。

何をきっかけに人は変わるのかわかりませんね…息子の成長を通して、人が変わっていく様を身近に感じました。本人の努力はもちろんですが、サッカーをする環境も大切なんだなぁと感じたのも息子のジュニアユース時代でした。息子はサッカーで進学したわけではありませんが、勉強と両立しながら好きなサッカーを続けることは可能だということも、身をもって実証してくれました。そんな息子も高校時代から現在に至るまで怪我に悩まされ続けます。

怪我との闘い

最初に病院にかかったのは高校1年生の春休み。合宿中に突然携帯が鳴り「肩が外れた、今から病院に行くから迎えに来て!」と。
1年生の頃からベンチ入りしていた息子。高校でもキーパーとして頑張ってくれるものと思っていたのですが、あまりにも突然の脱臼…それから高校を卒業するまで右肩も左肩も脱臼を繰り返すことになります。
脱臼は良くなっていくのが目に見えて分かるものではありません。一見、普通の生活をしていても ある日 突然外れる…ちょっと良くなると遅れを取り戻したくて練習に復帰、完全に治った状態ではないので また外れる。高校3年間、何度も病院通いを繰り返し、とうとうベンチのまま新人戦にも総体にも選手権にも出場する機会はありませんでした。本人もサッカーを辞めて大学受験のために勉強一本に絞ったほうがいいのではないだろうかと苦しんだ時期もあったようですが、仲間に支えてもらって最後まで続けることができました。親として もう少し怪我に対する知識があれば…と思い悩んだこともあります。

今は無事、大学進学後もサッカーを続けています。最近では調子もよく、試合に出場していると連絡をもらった矢先、「また肩が外れて病院通いをすることになった」と電話がありました。脱臼はクセになると聞きます…この先も きっと繰り返すのだろうと不憫に思いつつ、これからも怪我と上手に付き合っていくしかないのでしょうね。しかし今回は肩が外れてもなお、「サッカーを辞めようかな」という言葉は出てきませんでした。それどころか「フィールダーに転向しようかな」という言葉が出てくるほど、彼の中でのサッカーの割合は大きいものになっているのだと思います。これからも困難は待ち受けていると思いますが、サッカーを楽しみながら充実した人生を過ごしてくれるものと信じています。

最後に

息子がサッカーを始めたきっかけは、まさに「お友達がサッカーをやっているから」「歩いて行ける距離にサッカーチームがあったから」というありふれたシンプルな理由です。小学5年生くらいまでは、本当にサッカーが好きのだろうか?と疑問を抱いたこともあります。サッカーをするための いい環境に巡り合えたことや尊敬できる指導者との出会えたこと、そして いい仲間に恵まれたおかげで、息子にとってサッカーが かけがえのないものになりました。

私自身も若い頃はサッカーに全く興味がなかったのですが、子どもの力は絶大ですね!息子を通してサッカーとの関わりを持ったことでサッカーが大好きになりました。そしてサッカーは生活の一部となりました。これからもずっと息子を応援しながらサッカーを楽しみたいと思います。
今回、子どもの成長に悩んでいる方や、サッカーを続けようかどうしようか悩んでいる方にヒントになる部分があればいいなと思い書きました。みなさんも子どもたちの明るい未来のために一緒にサッカー少年少女たちを支えていきましょう!

関連記事

サッカーと勉強の両立って本当にできるの?ジュニア選手に必要な努力、保護者にできること
身長や体格で悩まないために!管理栄養士・スポーツ栄養アドバイザー推奨の体づくり法とは
ピッチで相手を置き去りにしたくないか?サッカーで最も重要な動き「方向転換」に注目! PR

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSWriterchoco
こんにちは!chocoです!

私自身もサッカー少年の母です。
もともとジュニアサッカーNEWSを読む一保護者でしたが、ご縁あってライターとして皆さまに情報を提供させて頂くことになりました。

読者の方々の気持ちに寄り添えるような情報を お届け出来るよう頑張っていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More
Return Top