ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

アーリークロス【サッカー用語解説集】

アーリークロス

目次
1、概要
2、関連用語
3、関連記事

概要

ゲーム用語

主にサイドポジション(サイドDF)が使う攻撃向けのパスの名称の1つ。
アーリークロスの意味は「早めの攻撃」と理解すれば良い。
「アーリー」とは初期の、早い と言う意味。

大半が相手チームコートに入ったエリア(主に右、左サイド)より、ペナルティーエリアの手前までの、浮き球、ややカーブのかかった斜めのロングキックによるゴール前へ向けたハイボールのこと。

よってコートが小さい、ジュニア8人制/フットサル5人制の試合ではあまり見ないかもしれないパス。キック距離が短いキッズの試合でもあまり見られることはない。

必要なスキル

キック精度と飛距離を出せるパワーが必要。小学生もチャレンジして欲しい。

※似ているプレーでセンタリングがあるが、対象のエリアとボールの方向性が異なる。

監修:シャーク大阪 角川監督

関連用語

センタリング

関連記事

いまさら聞けない!少年サッカー界の基礎知識「8人制と11人制の違い」

サッカー用語辞典

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード広報栗原
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。元エステティシャン。2014年4月株式会社グリーンカード入社。広報担当。

2015年にこのサイトをオープンしてから3年。
今では50人の組織となり月間150万人の保護者様が訪問してくださるサイトとなりました。

ふと振り返ってみると開設当初は5人程度のチームで
アマチュアスポーツ界を変えたいという野望はあるけどノウハウもマニュアルも当然ほとんどなくて思いついたこと全部やって、100やって99失敗みたいな日々を経てきました。

今でも何が正解かわからない部分がたくさんあって、でもそこが面白くて続けています。

というドM気質を発揮しながら今日もユーザーの皆様に喜んでいただけるようなサイトを運営していこうとおもいます!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top