ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

一般投稿コラム募集開始!ご応募お待ちしています。  保護者応募窓口 指導者応募窓口

【ワールドジュニアサッカーNEWS】ドイツ編⑥勉強する子はサッカーも上手くなる!ドイツのジュニア強豪チームが学業に本気で力を入れるワケとは。

世界のジュニアサッカー事情をお伝えする「ワールドジュニアサッカーNEWS」シリーズ第1弾はドイツから!
現地在住のママライターTorさん(ドイツ語でゴールの意)からの報告です!
第6話は「勉強する子はサッカーも上手くなる!ドイツのジュニア強豪チームが学業に本気で力を入れるワケ」

ドイツではサッカーのコーチが選手たちに

「勉強がサッカーよりもいかに人生において、あらゆる選択肢を増やしてくれる存在であるか」

を説く場合もあるのだそう!
成績が悪くなると、サッカーが続けられない場合も!?

第1話 ドイツジュニアサッカー移籍事情はこちら!
第2話 親子の憧れ!トップチームのユースチームはこんなトコロはこちら!
第3話 ヘッドロックも飛び出す?ブンデスリーガトップチームユースの知られざる「闇」(?)はこちら!
第4話 保護者がレッドカードで退場!? ドイツのユースチーム・街クラブチームあるあるはこちら!
第5話 忘れ物はチームに罰金支払い!自立心を養うドイツ式教育法!?はこちら!

 

サッカー選手になるにはまず勉強!?

こんにちは! ドイツ在住6年目。ケルンの現地チームU12に所属している息子の送迎ドライバー兼マネージャーママ「Tor」(ゴールの意味)です。

日本のように義務教育期間中だからと言って順当に学年が進んで行くことが難しいのがドイツです。

私達が住んでいる州では9歳で大学進学を目指すエリートコース、就職コースか専門職コースのいずれかの学校を選択しなければなりません。
もちろん成績不振だと学年が上がれないこともありますし、大学進学を目指すエリート学校に入ったものの、落第し就職コースや専門職コースへ転校もよくある事です。

特にブンデスリーガのトップチームユースは第4話でも記載した通り、補習なども手厚いスポーツエリート学校に通っている子が多いです。(スポーツエリート校とはサッカーだけでなく、水泳、アイスホッケー、ハンドボール、卓球などあらゆるスポーツの一流選手を育てる学校。)

ですがスポーツエリート校ではあっても大学進学を優先している学校なのでサッカー以上に勉強が重視されます。

ブンデスリーガのトップチームユース(つまり強豪チーム)所属であっても、勉強で落第したらサッカーから離れざるをえない状況になるのです

また、ドイツはサッカーに付随する職業が沢山あり、「サッカー=サッカー選手」ではないという事情も関係しています。
息子もそうですが「いずれはコーチになりたい」という子供が多いのです。
ドイツではユースのコーチにもなると資格が必要で、大学に通ったり、実地訓練を何年もしないと取得が出来ません。
その夢を叶える為にも勉強して大学進学を目指しています。

サッカー選手・サッカーに関わる仕事をしたいなら勉強が必須!
まさに文武両道が求められる世界です。

もちろん、ドイツのサッカー少年全ての家庭が同じ価値観というわけではありませんが、チーム側が勉強をきちんとやるように指導してくるところについては驚きました。

ですから、チームの練習があっても「宿題終わっていない」や「明日はテストがあるので」といった理由で欠席の報告が入ることもあります。

息子のチームでは、親とコーチのミーティングの他に、息子も加えた「三者面談」があり、そこで息子の日々の生活の流れを伝えます。
以前息子に1週間のうち1日しかオフ日がなかった時、U10のコーチから

サッカーは最低でも週2回は休ませて。そして勉強や他のスポーツ、楽器などの音楽にもチャレンジしたほうがいい。」
「サッカーだけなんて不憫だ。サッカーを飽きないよう、長く続けれるように他とのバランスを考えて。」

とまで言われた事がありました。
今のチームでは成績が下がったら親がすぐにコーチに報告し、コーチから

「勉強がサッカーよりもいかに人生において、あらゆる選択肢を増やしてくれる存在であるか」

などのレクチャー(説教!)を受けます。
学校の先生ではなく、サッカーのコーチからです。

「子どものころからきちんと勉強をしていないと、将来何にもなれないし選べない」と子どもたちに伝えようとしてくれているような気がします。

ユースチームであっても、勉強面で悪い成績が続いたら容赦なく契約解除もあり得ます。
ある意味日本よりシビアかもしれません。

また「頭より身体が疲れた場合はサッカーが出来ていない証。頭が疲れてこそのサッカーだ。」とコーチはよく言っています。
「勉強で頭を使っている子は、サッカーにおいても頭の使い方を知っている。」と。

息子も練習や試合の行きの車中で宿題に追われていますが、帰りは「頭が疲れた」と速攻寝落ち。。。

やはり文武両道は並大抵の努力では難しいのはどこの国でも一緒かもしれません。

次回はそんな日常の練習をお届けします。

これまでのバックナンバー
第1話 ドイツジュニアサッカー移籍事情はこちら!
第2話 親子の憧れ!トップチームのユースチームはこんなトコロはこちら!
第3話 ヘッドロックも飛び出す?ブンデスリーガトップチームユースの知られざる「闇」(?)はこちら!
第4話 保護者がレッドカードで退場!? ドイツのユースチーム・街クラブチームあるあるはこちら!
第5話 忘れ物はチームに罰金支払い!自立心を養うドイツ式教育法!?はこちら!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS(ドイツ)WriterTor
アメリカを経て只今ドイツ。海外駐在11年目、の割には致命的な語学の弱さ。

日常はひたすら息子のサッカー送迎。走行距離は毎月沖縄から北海道までと同じ2000キロ。。。

家より車の中での生活の方が長く、最近では「なんなら快適!」とまで感じることに、これでいいのかと自問自答を繰り返すアラフィフです。

今年から2018/2019の市代表に選ばれたものの、相変わらず入れ替えの激しいチーム。当の本人は楽しいと言ってるけど、側から見てるものとしては、いつ切られるかとハラハラな毎日です。。。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top