ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

酒井宏樹選手・冨安健洋選手の出身チーム紹介!日本代表【酒井選手代表初ゴール!冨安選手神クリア!惜しくも4連勝はならず・・・】キリンチャレンジカップ2018


2018年11月16日(金)キリンチャレンジカップ2018は19:30キックオフで日本代表vsベネズエラ代表が対戦しました。
会場は大分県の大分スポーツ公園総合競技場。
ベネズエラ代表は2018年10月25日に発表された最新のFIFAランキングでは29位にランクインしています。(日本代表は50位)
強豪ひしめく南米予選を突破できずにワールドカップ出場経験はありませんが、ランキングでは日本を上回っています。
日本代表はベネズエラ代表と過去3回対戦し、1勝2分0敗で4得点し1失点。2014年9月のキリンカップ以来の対戦になります。

A代表としてはまだ負けが無いベネズエラですが、今回も召集され活躍に期待がかかるMF堂安律選手とDF冨安健洋選手は、昨年行われたU-20ワールドカップのラウンド16でベネズエラと対戦。両選手共にスタメン出場しましたが0-1で惨敗、ベスト8入りを阻まれた苦い思い出がある相手です。今回のベネズエラ代表にも当時のメンバー5名が選出されています。(ベネズエラは同大会準優勝)
このキリンチャレンジカップベネズエラ戦はその悔しさを晴らす絶好のチャンスです。両選手の活躍にも注目です!

(FIFAランキング他参照:FIFAランキング.netwikipedia

スターティングメンバー

GK シュミット・ダニエル
DF 佐々木、冨安、吉田、酒井
MF 遠藤、中島、南野、堂安、柴崎
FW 大迫

試合詳細

前半11分、ベネズエラの攻撃。ペナルティーエリアの中で決定的なシュートを放たれるも冨安選手が間一髪でクリア!
前半29分、DFラインから吉田選手がドリブルで駆け上がりながら右アウトサイドで芸術的なスルーパス。左から走り込んだ南野選手が中央の大迫選手にパスするも相手DFに阻まれる。
前半39分、相手陣内でFKを獲得。ゴールから遠い右奥から中島選手がファーへ。走り込んだ酒井選手がダイレクトで右足に合わせゴール!!
酒井選手の代表初ゴールで前半を1-0で折り返す。

後半も日本代表は鋭い攻めで相手ゴールを何度も脅かすがゴールまでは至らず。
後半36分、日本陣内ペナルティーエリアで酒井選手が相手選手を倒してしまいPK。決められ1-1。
後半46分、右からのクロスを吉田選手が頭で合わせゴールかと思われたが惜しくもオフサイド。

このまま試合は1-1で終了。
惜しくも森保監督就任後4連勝はなりませんでした。次のキルギス戦に期待しましょう!

本日の活躍選手、出身チーム紹介!

嬉しい代表初ゴール!先制点の酒井宏樹選手の出身チーム!

チーム名のリンクからチーム紹介記事をご覧いただけます。

先制点のボレーシュートを叩き込んだ酒井選手は、長野県中野市生まれ、千葉県柏市で育ちました。
小学校時代は柏マイティーFCに所属し、中学入学と同時に柏レイソルU-15へ入団しました。
高校年代はそのまま柏レイソルU-18へ昇格。高校入学の年にU-16日本代表にも選出されています。
高校3年生の時には、トップチームの2種登録選手となりましたが公式戦の出場はしていません。

誰もが驚いた神クリア!冨安健洋選手の出身チーム!

チーム名のリンクからチーム紹介記事をご覧いただけます。

相手の先制点になりかけたシュートを見事クリアした冨安選手は、福岡県福岡市出身。
小学時代は三筑キッカーズに所属。日本で最初に福岡に開校したバルセロナスクール福岡校にも在籍していました。
中学進学時にアビスパ福岡U-15へ入団。アビスパ福岡U-15時代にはU-13からU-15まで各年代でキャプテンに選ばれています。
中学3年生の時にはアビスパ福岡のトップチームへ練習参加も!
高校生ではアビスパ福岡U-18へ昇格。
高校2年時にトップチームに2種登録され、その年の天皇杯で公式戦デビューを果たしました。

(参照:Wikipedia他)

◆バックナンバー
・堂安律・大迫勇也・南野拓実選手の出身チーム紹介!
・南野・伊東・川又選手の小~高時代出身チーム紹介!

関連記事

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS応援団副編集長・福岡伊海 智裕
伊海 智裕です。
山口県出身、福岡県在住。家族とサッカーと猫’Sに囲まれて暮らしています。

長男は大学進学と共にサッカーを離れ、次男はもう高校生。。。
大変大変!と言っていたサッカー小僧の保護者生活もあと何年続けられる事やら。。。
そう考えると大変だったけど幸せだったなあ、と思う今日この頃です。

保護者の皆様、今の大変さをどうか幸せに感じてくださいね。
週末に朝から晩まであちこち飛び回って応援できる日々があるのは、とても幸せな事だと今になって思います。

次男よ、選手でも審判でもずーっと続けていいんだよ~

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top