ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

                    2019年度進路情報はこちら

息子が移籍しました。なんで移籍ってこんなに難しいの?

こちらのコラムは少年サッカーのあれこれについて寄稿いただく、あくまで個人の意見を述べた投稿式コラムです。皆さんはどう思われますか?コメント、寄稿お待ちしております!
投稿はこちらから
保護者、チーム関係者の投稿式コラムを始めました!寄稿続々募集中!

この秋に息子が移籍しました。

年中から4年間お世話になったチームから、親も子も新しい環境でのスタートです。

今回、我が家は学校の友達のいる近所のチームへの移籍でしたが、4年の間に学年ごとにさまざまな事情の移籍を見てきました。
残念なことにサッカーを辞めてしまった子も何人かいました。

「移籍を検討している」「移籍をした」「サッカーを辞めた」など、いろいろな保護者の方から話を聞く機会があり、一人一人の子供が楽しくサッカーのできる環境とは一つではないのだな、また、もっとスムーズに移籍できたらいいなと考えるようになりました。

チームにはそれぞれ理念があり複雑な人間関係もあり、提案する方法は現実には難しいとは思います。あくまで私見ですのでこんな考え方もあるのか、という程度で読んでいただければ幸いです。

通える範囲で移籍をする難しさ

ジュニアの育成は全国的に「勝ち負けよりも楽しさを 勝てなくても全員出場させよう」という流れになっています。
岐阜というサッカー熱の高いとは言えない地域でも、その流れを感じる指導を受けることができています。素晴らしいことですね。

そうはいうものの、始めた頃はみんなで楽しくボールを蹴っていた子供達も、学年が上がるにつれサッカーへの熱量に顕著に差が出てきます。
サッカーへの熱量がいつ上がるのかは個人によって差があると思いますが、サッカーの熱量と取り組み方の姿勢は比例するものがあり、目指すものにも差が出てきます。

海外では上手な子どもが3部リーグくらいでプレイしていると、次のシーズンは2部や1部のチームでプレイしているということが起こると言います。

移籍に対しネガティブなイメージのある日本では、近所だから、運動のためと軽い気持ちで入団したチームでも簡単には移籍しません。
そもそも岐阜の場合、ジュニアチームに1部、2部というカテゴリはありません。

近年、情熱を持った指導者のおかげで岐阜県内のどのチームも県大会・全国大会を目指して頑張っており、実力の拮抗したチームが増えました。
2018年度をみても、バーモント、フジパン、全日と、大会ごとに違うチームが岐阜県代表になっています。

2018年度 バーモントカップ第28回全日本Jrフットサル岐阜県大会:翼SCレインボー垂井
フジパンカップJrサッカー大会 東海代表決定戦:西可児FC・西濃シティFC
JFA 第42回 全日本U-12サッカー大会 岐阜県大会:メジェール岐阜瑞穂F.C.

チームで頭一つ抜きん出ており、さらにレベルの高い環境でサッカーがしたくてもU-9まではトレセン活動はなく(地域によります)、実力の拮抗したチームが多いため移籍によって環境を変えることは難しい状況です。

また、移籍するときに裏切りや逃げたなどよくない雰囲気になるため、今後も地区大会などで顔を合わせるチームに移籍することはとても大変です。

公園でサッカーやろうぜ!とはいかない現実

熱心な指導者のおかげで選手活動をしている子供のレベルが上がる一方、サッカー選手になりたいわけじゃないけれど、W杯やアニメ(キャプテン翼やイナズマイレブン)を真似てちょっとサッカーやってみたいな、という子供達の行き場がなくなっているように感じます。

防犯の観点から公園に行く子供は減り、ボールを使ってはいけない公園が増え、ゲームが普及し、学校から帰ったらとりあえず公園に行こう!という小学生は少なくなりました。

その結果、サッカーやりたい!と思っても、公園で自然に行われていた自由なサッカーではなく、サッカーチームに入団するしか選択肢がない状態です。入団しても全国を目指して頑張る子供との気持ちの温度差から辞めてしまうことも。

サッカーが好きなのにとても悲しいことです。

子供の気持ちに寄り添ったチーム選びの為に

子供が幼少期にサッカーを始める場合、チームについて知識のない保護者が子供のチームを選ぶ基準は「近いから、友達がいるから」という理由が多いと思います。

今までは自然とカテゴライズされていたチームのカテゴリを明確にすることで、子供がサッカーを楽しめるチームを選ぶ手助けになると思います。

また、カテゴライズによって移籍をスムーズに行えるようになれば、上を目指す移籍ばかりではなく、楽しくサッカーをやりたいという子供の気持ちに寄り添った移籍もできるようになります。

【カテゴライズ例】
S J下部などセレクションのあるチーム
A 全国大会を目指して頑張りたいチーム
B 友達とサッカーを楽しみたいチーム(高学年グラスルーツ)
C 楽しくサッカーしたいチーム(低学年グラスルーツ)

<KIDS 幼稚園児から2年生まで>
KIDS1 楽しく運動をしたいチーム (グラスルーツ)
KIDS2 サッカーの個人技を磨きたいチーム

充実したジュニア年代がもたらすもの

それぞれの地域でそれぞれの年代・子供にあった指導を受け、充実したジュニア年代を過ごすことができれば、プロを目指すサッカーだけでなく、豊かな人生のためにサッカーを楽しめると言われています。

充実したジュニア年代を過ごした人が増えれば、大人も子供も人が集まると自然とボールを蹴り始めたり、地域で育った選手を応援したり、日本代表だけでなく、Jリーグ・海外サッカーを観戦するなど、プレイするだけではない「サッカーを楽しむ文化」が育っていくのではないでしょうか。

まだまだ移籍にはネガティブなイメージがあります。
それでも我が子がどんな風にサッカーをしたいのか、今のチームでは物足りなさそうだなと感じたり、逆に辛そうだなと感じることがあれば、それぞれ最適なチームへの移籍はした方が良いと思います。
大好きなサッカーを嫌いにならない為にも、環境を選ぶことはとても大切なことだと思います。

参照:JFA:グラスルーツ宣言
参照:移籍についてJFAの元技術委員長はこう考える(ジュニアサッカーNEWS)
参照:【心機一転!?】小学生年代でサッカーチームを移籍させるメリットとデメリット(ジュニアサッカーNEWS)

最後に

この間、息子が近所の公園でサッカー経験者もそうでない子も下の学年の子も一緒にハンデをつけたり文句を言ったりしながらも楽しくサッカーをしている姿を見ました。
4年間サッカー漬けで上を目指すことばかり考えていましたが、息子にとってチーム練習も公園でのサッカーも同じサッカーであり、どちらも楽しく大切なのだと気付きとても反省しました。

好きで始めたサッカーをできれば一生好きでいてほしい、その為にも純粋にサッカーを楽しんでいる公園での時間を、これからも大切にしていきたいと思いました。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterNiki
いつもジュニアサッカーNEWSをご覧いただきありがとうございます。

1979年生まれ。愛知県知多市出身、岐阜県在住。ウェブ制作やデザイン、企業の広報を経て、出産を機にフリーのデザイナーに。2017年4月からジュニアサッカーNEWSでのお仕事を始めました。

ブラジルワールドカップからサッカーを始めた息子ももう3年生。
泣き虫で小柄な息子でしたが、心も身体も随分たくましくなりました。

家族旅行はスタジアムの我が家、今年もワールドカップ・Jリーグ・息子のチームと大忙しです!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top