ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【ワールドジュニアサッカーNEWS】ドイツ編①ジュニア年代の移籍競争は過酷!?ドイツ少年サッカー移籍事情

世界のジュニアサッカー事情をお伝えする「ワールドジュニアサッカーNEWS」シリーズ第1弾はドイツから!
現地在住のママライターTorさん(ドイツ語でゴールの意)からの報告です!
第1話は「ドイツのジュニアサッカー移籍事情」
日本はジュニア年代での移籍はそれほど積極的に行われているわけではありません。
しかし、ドイツではプロ顔負けの競争が既に始まっているようで・・・

第1話 ドイツジュニアサッカー移籍事情

ドイツ在住6年目。息子がケルンの現地チームU12に所属している息子の送迎ドライバー兼マネージャーママのTorです。

私たちはドイツのサッカー激戦区、 ブンデスリーガの約3/1が集まる地区に住んでいます。

ドイツは子供たちが所属するすべてのチームは、ブンデスリーガと同じDFB(Deutsche Fußball Bundesliga ドイツサッカー連盟 )によって運営されています。よって、ブンデスリーガと同じようにリーグ戦が発表され、一年を通して試合が行われます。

DFBの傘下だけあって、まだ幼い子供たちですら、ブンデスリーガ顔負けの白熱した試合が開催されます。また、スケジュールもDFBのサイトで一般公開されるので、例えばユースのシャルケとボルシアドルトムントのダービーマッチとなると、観客が100人を超えることもあります。

ドイツのサッカー少年移籍事情

息子は今シーズンから4部レギオナルリーガのユースに移籍しました。移籍を繰り返しこのチームで4チーム目です。
ドイツでは子供でも移籍が一般的で、そのせいかリーグ戦には観客の中に混じってスカウトがいます。
ゆくゆくはドイツ代表の道に続くDFBのスカウトを始め、シャルケやドルトムントのようなブンデスリーガのユースチームから、ローカルチームのスカウトまで様々です。
スカウトはリーグ戦の他、サッカースクールにも視察に来ているようです。
本当にどこで誰に見られているかわからない緊張感があります。

実は去年、息子はチャンピオンズリーグ常連のユースチームへの移籍を希望していました。トップチームになると、トライアウトを一般募集をせず、非公開で行うチームが一般的です。どんなに自信があっても、スカウトやチームからの紹介がないとトライアウトは受けつけてはくれないのです。

そんな中、たまたま運良ブンデス1部と2部の2チームからトライアウトのインビテーションが届きました。一つはコーチ経由、もう一つはFacebookのメッセンジャーを通して!
ですがトライアルの1回目で落選。。。

悔しくて一般募集で受けたブンデスリーガ2部のチームでは、トライアウトが順調に進み結果7ヶ月間通うことになりました。
最終で6人が残り、コーチとも仲良くなって、「海外遠征も多いし、これから忙しくなるねー」なんて話をしていた矢先に、「また今度。」と落選通知が。
私の心はすでにそのチームの一員。。。
チームのマフラーや試合にも足繁く通っていただけに、20数年ぶりの大失恋の気分です。
当の息子は、まったくもってけろっとしていましたが。

最終的に誰が採用されたのか調べてみると、一緒にトライアウトを頑張ったメンバーからは誰一人受かっていませんでした。結果的にそのチームが独自でスカウトしていた子供たちに決まったようです。。。やはり一般応募は弱い!と確信した出来事でもありました。

また移籍シーズンはUEFAと同じで、夏と冬。それ以外の移籍となると、年齢にもよりますが3か月出場停止などのペナルティが発生し、チームも嫌がります。

息子(いえ私が!)は大失恋したチームに行けると思っていたので、落選が決まった瞬間から「ヤバい!来季からのチームがない!」と大慌てになりました!
以前声を掛けてもらったチームに頼み込んでも、「こんなギリギリではムリ。すでにメンバーが決まった。」とあっさり却下です。

最後は息子が4年間通っているサッカースクールのコーチに泣きついて紹介してもらった先が、なんと以前から熱望していたレギオナルリーガのユースチーム!
結果的に無事に移籍することが出来たのでした。

次回は今のユースチームについての深い闇(?)をお届けします。
第2話 ドイツ編②ドイツサッカー少年の憧れ!ブンデスリーガトップチームのユースはこんなところ!
第3話 ドイツ編③ヘッドロックも飛び出す?ブンデスリーガトップチームユースの知られざる「闇」(?)

(画像は全てイメージです。本文とは関係ありません。)

★★ジュニアサッカーNEWSでは、海外から現地のジュニアサッカー事情について記事作成してくださる現地ライターさんを募集中!興味のある方は、下記より「ワールドジュニアサッカーNEWSライター希望」「どちらの国について記事作成可能か」をお書き添えの上、ご連絡ください。(※お住まいの都道府県は日本在住時の都道府県をご選択ください。)★★

お住まいの都道府県 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

メッセージ本文・備考欄

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS(ドイツ)WriterTor
アメリカを経て只今ドイツ。海外駐在11年目、の割には致命的な語学の弱さ。

日常はひたすら息子のサッカー送迎。走行距離は毎月沖縄から北海道までと同じ2000キロ。。。

家より車の中での生活の方が長く、最近では「なんなら快適!」とまで感じることに、これでいいのかと自問自答を繰り返すアラフィフです。

今年から2018/2019の市代表に選ばれたものの、相変わらず入れ替えの激しいチーム。当の本人は楽しいと言ってるけど、側から見てるものとしては、いつ切られるかとハラハラな毎日です。。。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top